【吉祥寺 武蔵野市 三鷹市税理士 焼肉店開業無料相談 おすすめ 口コミ評判】起業時マーケティング | 三鷹市 税理士 起業・会社設立・相続・確定申告◆将軍への坂道◆ 吉祥寺・三鷹・武蔵境の税理士事務所で頑張る野良うさぎの青雲ブログ

三鷹市 税理士 起業・会社設立・相続・確定申告◆将軍への坂道◆ 吉祥寺・三鷹・武蔵境の税理士事務所で頑張る野良うさぎの青雲ブログ

三鷹市下連雀にある税理士&行政書士事務所で頑張る足軽ブログ。三鷹税理士事務所での侍大将、将軍を目指す山あり谷あり人生を描きます。また、武蔵野市(吉祥寺、武蔵境)、三鷹市(三鷹)、小金井市(武蔵小金井、東小金井)の地元情報他も書きます。

おはよ。東京都三鷹市(三鷹、井の頭公園、三鷹台)、武蔵野市

 

(吉祥寺、三鷹、武蔵境)、小金井市(武蔵小金井、東小金井

 

新小金井)、練馬区(上石神井、武蔵関)、調布市(調布、西調布

 

深大寺、布田、国領、飛田給、つつじが丘)、西東京市(田無、東伏見

 

西武柳沢、田無)、多磨、白糸台、武蔵野台、多磨霊園(府中市)密着 

 

年中無休  税理士&行政書士&認定経営革新等支援機関

 

三鷹駅徒歩1分 ●起業●相続●フリーランスの確定申告に強い

 

三鷹中央通り、三鷹市下連雀の水原会計事務所「相続・顧問税理士・

 

節税駆け込み寺」(税金駆け込み寺)で頑張る野良うさぎです。(^-^)/

 

 

今日は快晴の週明け。がんばろ。晴れ

 

 

昨日、東京都武蔵野市吉祥寺南町在住で、会社設立と、

 

吉祥寺か三鷹で焼き肉店の起業(開業)と店舗を探している

 

お客さんに、

 

地域密着・年中無休の起業・開業(店)会社設立(法人なり)・

 

創業融資・顧問税理士・相続税申告・遺言者作成無料相談

 

のとき【相続・顧問税理士・節税駆け込み寺】(税金駆け込み寺)、

 

いろいろ聞かれたんだな。

 

「今、吉祥寺、だめなら三鷹あたりで、会社設立をして焼肉店

 

の起業(開店)を考えています。起業・開業(開店)時に、

 

販売促進して顧客を少しでも早急にに増やすにはには、

 

マーケティングの知識が必須という同業者がいるのですが、

 

やはり詳しく勉強した方がいいのでしょうかはてなマーク

 

よく聞くマーケティングミックス(4つのPないし4P)とは、

 

いったい何のことでしょうかはてなマーク」なんだな。耳

 


 

起業・法人成りして顧客を早く獲得ないし

 

自社製品をじゃんじゃん早めに売ろうとする場合、

 

よくマーケティングという言葉を

 

気にする経営者の方が多いんだな。目


 

マーケティング戦略において、

 

希望す見込み客からのアクションを市場(お客)から

 

引き出すために、

 

ツールをうまく組み合わせることを「マーケティング・ミックス

 

(marketing mix)」と言うんだな。

 

ふつうはジェローム・マッカーシーが1960年に提唱した有名な

 

分類「4P」を用いる場合が多いんだけど、

 

いろんな説を唱える人も多いことから、意外と混乱したり、

 

悩む人も多いみたいなんだな。ドクロ


 

ちなみにマッカーシーによると、4つのP(4P)とは

 

1.Product(製品=商品政策)


2.Price(価格=価格政策)


3.Promotion(販売促進=プロモーション政策)


4.Place(販売ルート=流通政策)

 

を指すんだな。

 


これらの頭文字をとって「マーケティングの4P」と

 

いわれているんだな。

 

通常、「マーケティング戦略」という場合、この4Pを指している

 

ことが多いんだな。ニコニコ


 

製品・サービスの売り主サイドである企業が起業ないし開業を

 

決定する場合、これら4つのPを事前に適切に決定することが

 

必要で、重要になるということなんだな。ニコニコ


また、その場合、個別のPの決定だけでなく、

 

4つのPの整合性をうまく維持すること

 

も同じくらい同時に重要なんだな。得意げ

 

もと(時代背景)をたどれば、4Pは単一の製品を対象とした

 

メーカーによる製品戦略を想定したマーケティング概念なので、

 

業種、業態が多様化した最近では、従来の4Pに人材(People)など

 

のマーケティング要素を追加し、5Pと呼ぶことも多いいんだな。

 

また、サービス業の場合は、Place(販売ルート=流通政策) を

 

使わず、Process(業務)を使うことも多いんだな。

 

いろんな使い方があるんだな。

 

小さいことは気にしなくていいなんだな。ウインク


 

要はあまり形式にとらわれず、本来の目的を考え、

 

自社に都合のいいように適切に使うことを

 

お勧めするんだな。にひひ


 

なお、上記の4Pないし5Pが企業の立場からの

 

マーケティング戦略なんだけど、

 

むしろ最近では消費者(購入者)の立場から

 

とらえ、4Cないし5Cを好んで使う場合も

 

多いんだな。べーっだ!

 

例えば5分類ならこんな分類になるんだな。目

 

5P:企業からの視点     →  5C :消費者からの視点
Product(製品政策)   → Customer Value(顧客の価値)
Price(価格政策)    →Cost to the Customer(顧客の負担)
Promotion(販売促進) → Communication(コミュニケーション)
Place(販売ルート)   → Convenience(入手の容易性)
People(人材)      → Community(地域社会)

 

興味がある人は、今回の無料相談に来られた

 

焼肉屋さんも含めて、ぜひ検討して

 

売上を伸ばしてほしいものなんだな。グー


 

では、今日はこのへんでー。パー