どうもミゾタです。Bwomanで大谷が引けずモヤモヤしていたからって訳では

無いのですが、MLB主催のオークションサイトがありまして、そちらで

大谷翔平がオープン戦で使ったバット(折れてしまっている)のオークションが有りました。

 

ユニフォームが100万円超えました!とかTVでも取り上げられていたオークションと

同時出品されていた物です。

 

その中でスプリングトレーニングで使われたネームプレートが出てまして

ネームプレートならもしかしたら買えるかな?なんて甘い気持ちでちょこちょこと

ビットをしていました。

 

 

ついでに今年中に確実に3000安打を達成する

ALBERT PUJOLSのロッカータグもビット。

 

前日夜までに大谷のネームプレートが1200ドル程度、

プホルスのネームプレートが160ドルくらいで止まっていたので、

これくらいなら、良いかなと軽い感じでいました。

 

オークションの終了時間が日本時間の朝9時頃であったので

8時50分くらいに目覚ましを掛けて眠りました、、、。

 

で、朝起きるとそれぞれアウトビットに、、、。

 

みるみる値段も上がっていきます(汗)

 

大谷翔平のとは言え、触ってもいないロッカータグに1500ドル近くは

流石に厳しいかなと、、、他のオークションを見ると、ユニフォームが

既に1万6000ドルくらい(178万円くらい)。

 

オープン戦で折れたバットが3000ドルくらい。

 

ん?実使用バットで3000ドルで、ロッカータグがその半値なのか~。

 

と、ここで狙いを変更。

 

ロッカータグをやめて、ブロークンバットに狙いを定めました。

 

ちなみに最終1557ドルで終わってたので、もう1回ビットしてたら

自分が買えてた説、、、。

 

 

このオークションですが、もしかしたら設定でいくらまでとか設定できたのかも

なんですが、基本的に15ドルづつしか上げられない感じでした。

 

ただ、何回ビットしてもすぐに更新されるのか、弾かれてしまいます。

 

 

ビットを繰り返す事、数十回、、、。3800ドルを超えたあたりで

やっとトップビッターになりました。

 

その後、何回か抜きつ、抜かれつを繰り返し、9時少し回った所で、

残り7秒!!マジか!!入札しないと!!

 

ん???

 

入札できない!!!!(汗)

 

あちゃ~、、、逃がしてしまったか、、、。

 

仕方ない、プホルスのネームタグだけでも買うか、

こちらも最後の最後で競り合いになり、200ドル台を超え

最終的には350ドルになってしまいました。

 

ただ、こちらは無事にゲット!!

 

 

大谷は残念だったけど、プホルス買えたしよしとしますかと

メールBOXを確認すると、、、。

 

4000ドル払ってくれのメールが、、、。

 

 

へ???4097ドル???

 

 

ええと、、、大谷翔平の実使用折れたバット買えてました!!

自分がトップビッターだったので入札できなかったのか、、、(汗)

 

という訳で、大谷翔平の折れたバットを買ってしまいました!

 

 

 

 

ちなみに2018年3月26日の対ドジャースとのオープン戦で

6回ペドロ・バエズとの対戦時に折れたバットとの事。

 

調べたところ、写真も残っていることが判明しました。

 

 

記事になっていて、2018年4月26日の6回に折れたとの記述があります。

 

しかも傷の場所がまるっきり一緒なので、このものズバリという事が解ります。

 

 

という訳で、思いがけず(?)大谷翔平の実使用バットをゲットすることが

出来ました!!!高いけど、嬉しいが勝りますね。

 

ちなみにYAHOO!ニュースにもこのオークションの事が出ていました。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180430-00010008-baseballc-base

 

この中のバット、プホルスネームタグ両方ゲットしているとは我ながらアホですねw

 

でも、良いお宝が手に入りました。

 

ちなみに2018年5月1日現在、大谷翔平がアウトをとったボールがオークションに

出品中みたいです。ご興味ある方はオークションサイトでOhtaniと検索を!!

 

https://auctions.mlb.com/

 

 

購入の際は送料に100ドルかかるので、ご注意を!!

 

でわでわ。