どうもミゾタです。ついに式まで後32日、、、。約1か月になりました。

体重は最近、食べ過ぎているので増加気味、、、。

 

毎日のように怒られてます。とりあえず夕飯を1か月間は

プロテインだけにするなど、強制的に減らしにかかります、、、。

 

そんな式へ向けての準備の中でウェルカムボードの話になりました。

 

写真は先日、京都で和装を撮影してきたので、それを使って

大きなボードにしようかなんて話してるんですが、面白いのも欲しいよねとw

3Dフィギュア作成して飾るなんて話も出てます。

 

そんな中、コレクターらしいのも良いなぁと考えていたところ

そういえば、TOPPSのホームページでカードを作成できたよなと。

 

自分たちの写真で自分たちの好きな文でカードが作成できるサービスです。

 

なかなか面白いかもと妻に内緒で注文してみました。

 

そのことをTwitterに書いたところ、どう作るの?という話が出たので

今回はカスタムカードを注文してみようというネタです。

 

カスタムカードですが、TOPPSのホームページで簡単に作成できます。

 

https://www.topps.com/collectibles/trading-cards/topps-custom-cards.html

 

こちらにアクセスすると下のようなカードデザイン一覧が表示されます。

 

BOWMANやTOPPS CHROMEの最新含む往年のデザインです。

 

 

 

好きなデザインをクリックしましょう。次のステップに進みます。

 

今回は2018年版のSERIES1のデザインで進めます。

 

 

こちらのデザインで良ければ「CREATE YOUR CARD」をクリック。

基本的に緑色のアイコンで次へ次へ進む感じです。

 

 

商標権などに抵触する写真では無いですか?

選手の写真なんかはNGですよ。TOPPSが見つけた場合は

作成できませんよ等の注意事項が表示されるので。

 

灰色の了承ボタンを押します。

 

続いて作成画面です。

 

 

自分のフォルダからカードにしたい写真を選択します。

今回は商標フリーの写真素材を仮にはめ込んでいます。

 

写真のサイズを大きくしたり、場所を移動させて

カードのサイズに合うようにしましょう。

 

 

続いてカードのロゴを選ぶ又は作成します。

 

上ではヤンキースのロゴにRCマークを足しています。

各球団のロゴが使えますので、好きなチームを選びましょう。(MLBのみ)

 

自分オリジナルのロゴも使えます。その場合は

 

 

ロゴの写真をアップロードします。

この際、GIFなどで背景が透化している画像を使いましょう。

普通のJPEGなどですと

 

 

このように背景の白色が残り、かっこ悪い形になってしまいます。

 

ロゴの透明化などは無料配布ソフトのGIMP2などで簡単にできます。

ちなみに今回は家紋をロゴとしてみましたw

 

チーム名も自分で入力します。(既存チームのロゴを選択した場合は

既存チームの名前が出ます)

 

 

続いてポジションを選択します。P(ピッチャー)や

1B(1塁種)などを選らびます。

 

こちらもカスタムが可能です。

 

 

例えば(^-^)マークw

そんなポジションありませんが、好きな文字が使えます。

 

ちなみに式用のカードはNEXT YOU(君の隣)としました。

 

ポジションを選択したら、緑ボタンで次に進みます。

 

※カードデザインによっては、ロゴが不必要な場合があります。

※ポジション選択が次のページの場合があります。

 

 

裏面のデザインは全カード統一です。

本拠地とカードの内容説明を書きます。

 

文字数制限などもありますので、注意してください。

また文章が反映されない場合は最後にスペースをいれると

反映されやすいです。

 

これでカスタムカードが完成しました。

 

緑のボタンを押して、表裏のデザインの最終確認をします。

 

多分パックに書かれるであろう名前を記載します。

ここでは「MIZOTA01」としました。

 

同じ名前で数種類作成すると届いたときに区別できないから?と

睨んでますが今回作成分がまだ届いていないので何とも言えません。

 

またパック数を選択します。

 

上に8枚1パックの文字があるので、1パック8枚入りです。

 

1パック(8枚) 9.99ドル(1枚約1.25ドル)

3パック(24枚) 19.99ドル(1枚約0.85ドル)

6パック(48枚) 29.99ドル(1枚約0.6ドル)

12パック(96枚) 49.99ドル(1枚0.5ドル)

 

思ったより高くないですね。

 

最後に住所や、名前の入力です。

送料ですが、自分はFEDEXのメール便でお願いしました。

10ドルと安価ですしね。

 

 

47ドル、61ドルは流石に、、、。

 

あとは清算して終了です。あとはカードが届くのを待つだけです。

 

カードですが、1パック8枚はデザイン変えられませんが

複数デザインを1会計で処理できるので、

送料10ドルで複数デザインの注文ができます。

 

まだ注文分が届いてないので、状態などは分かりませんが

お子さんや結婚式、お友達への記念品なんかに使えそうです。

 

ゴルフの優勝者へのプレゼントとかにも良いかもw

 

なかなか面白いので、オススメです。

 

Paniniもこうゆうのやらないかな。あとメモラとかも入れられたら

面白いんですけどね。

 

でわでわ。