本試験まであと57日。今日は、幕の内弁当スタイルで。 | 横溝慎一郎行政書士合格ブログ  
新型コロナウイルスに関する情報について

本試験まであと57日。今日は、幕の内弁当スタイルで。

お知らせ<新着>9月中の講義について



詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 


 


感染状況の確認

第5波は新規感染者の発生については、山を越えたのでしょう。


この三連休も台風がきたおかげで、うっかり出かける人もかなり減るでしょうし、このまま減らしきって、冬に来ると言われている第6波に備えるのがベストですね。


ワクチン接種しても感染します。

ワクチン接種したからマスクしないというのは、間違った行動選択です。

感染したら後遺症が残るおそれは大いにあります。

くれぐれも自分の命を大切に。


9月17日時点


★全国の感染状況


新規感染者数 5091


重症者数 1615人↓


死者 64人↑


★東京の感染状況


新規感染者数 782


重症者数  179人↓


入院者数 2684人↓


自宅療養者数 5625人↓


調整中 1333人↓


陽性率 7.3%


 TODAY'S
 
本試験まであと57日

9月20日までの「チャレンジ92」は残り2日です。




台風14号は今日から明日にかけて、列島横断するんだそうです。

いまのところ20日は晴れるところが多いようですね。

「あと50日の過ごし方」はYou Tubeライブ配信なので、天気は関係ないですが、気分的には晴れていたほうがいいですよね(笑)。

レジュメのダウンロードやYou Tubeライブ配信の詳細はこちらのサイトをご覧ください。

 


そして昨日ですべての収録が終わった「合計56点アップ道場」。
昨日から行政法の配信も始まっています。

詳細とお申し込みはこちらのサイトからどうぞ。


今回は2つの話をまとめて書いてみました

一般知識を解くタイミング


一般知識は、問題47〜60の枠で出されます。

あなたはどのタイミングで解きますか?

これは人それぞれですから、正解なんてありません。

ただ、これは踏まえておくべきかなということはいくつかあります。

・個人情報保護情報通信と文章理解は先に解く

・文章理解は15時以降に解くのは避ける

・政治経済社会は時間をかけすぎない


15時以降をさけるというの、最後の1時間のすぎる速さはやはりものすごくエグい。


ですから、じっくり考えるような文章理解や記述を15時以降に解くと、焦ってしまうおそれは大きい。


それは避けたほうが賢明かなと言うことです。


俯瞰することが大事


憲法基礎法学択一、民法択一、多肢選択あたりは、俯瞰の視点を持つことが特に求められます。



憲法基礎法学は4/7

民法択一は5/9

多肢選択は9/12(空欄数)

が、目標です。



ですから、例えば多肢選択において、問題41が1/4しか空欄を埋められなくても、問題42や43でそれぞれ4/4埋めることができれば、9つ埋まることになる。


つまり、ひとつの問題を完璧にしようとすることにとらわれず、3問全体で9つ埋めることを優先する。これが俯瞰の視点です。


民法択一もそうです。

9問を順番通り解くのではなく、テーマ的に得意なものがあればそこから手を付ける。

または、組み合わせ問題からとりあえずやってみる。

9問のなかには、難問奇問も含まれています。

それだけに、そのような問題にとらわれることなく、解くべき問題をしっかりとる。

ここがポイントです。



横溝慎一郎のmy Pick



おまけ


日本の発展に「美しい」という形容詞をつけることに違和感を感じない(むしろ嬉々としてつけている)ような人物に総理総裁の座を渡すとろくなことがないことは、前々総理で懲りているはずです。


と思ったら、自民党総裁選の候補者に「美しく成長する日本なんたら」とか言ってる人物がいましたね。




「美しい」かどうかは、各人が判断することであり、一国のリーダーとはいえども押し付けてくるのはゴメンだね、ということですね。




講義の収録はいつもファーストテイクです。

独特の緊張感をいつも感じながら話しています。


オリジナルはこちら。とてもよい歌です。