いつまでに何をやるのかは具体的に考えることが大切 | 横溝慎一郎行政書士合格ブログ  

いつまでに何をやるのかは具体的に考えることが大切

=改正民法対策セミナー&講座=

 通信クラス(2月14日配信スタート)

 9時間でわかる!改正民法マスター道場

 ※通学クラスは全日程終了しました


=合格発表後のイベント&開講=


2月7日 合格祝賀会(中野サンプラザ)


2月11日 行政書士EXPO&奨学生試験&個別相談会


2月15日 合格者交流会(渋谷駅前本校)


2月22日10時〜 横溝プレミアム合格塾開講


2月24日19時15分〜 合格講座民法開講


2月29日 開業ダッシュセミナー&事務所説明会(渋谷駅前本校)


===============



多くの方にご参加いただきました

昨日のEXPOでは、「長期計画」のイメージをお話しました。

どの時期までに何をやるか?

これはある程度具体的に考えておかないといけません。

LECで受講している方は、そのカリキュラムに沿って勉強していけばよいといえば、それまでなのですが、それでも具体的に考えているかどうかで、学習を進めていくなかでしんどい思いをするときに差が出ます。

予備校を利用している場合、よほどそのカリキュラムや講師に不満がない限りは、そこで提供される教材を消化することが最優先事項です。

一番良くないのは、あっちにふらふら、こっちにフラフラと、糸の切れた凧みたいにいろんな教材に手を出すこと。

そして、過去の自分の成功体験に囚われすぎて、同じようにやらなければと考えるあまり、「素直に実践する」という一番大事なことを忘れてしまうことです。

SNSが発達し、情報を取り入れやすくなるからこそ、悩みや不安もかつてに比べて増えたと思います。

だからこそ、具体的な学習戦略をきちんと立てておくことが重要なのです。


EXPO内で紹介した書籍。初学者におすすめです。合格講座を受講中の方もぜひ!


まずは、3月下旬までに、①初学者のかたは、憲法民法行政法どれかひとつ、②受験経験者は、民法をひと通り学習することを目標にやっていきましょう。

進捗状況は、3月22日のセルフチェックテストで確認しつつ、6月下旬までに憲法民法行政法の主要3科目に目処をつけることが、当面の目標です。



合格者の方からいただいた萌えシャン(笑)

昨日の模様は、You Tubeにアップされる予定です。

昨日参加できなかった方や、もう一度聞きたい方は、後日アップされる動画をご覧ください。

最後に野村克也さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

この本は何度か読み返しました。

受験生にアドバイスすることのベースは、野村克也さんの本にヒントをもらっていることがあります。

向こうで奥様と仲良く二人三脚で過ごしてもらえたらなと願うばかりです。