本試験まであと33日。毎年恒例。行政法総論論点チェック | 横溝慎一郎行政書士合格ブログ  

本試験まであと33日。毎年恒例。行政法総論論点チェック

=開講情報=

☆一般知識の最終チェックはこれで決まり!

10月8日19時 一般知識8点アップ道場第1回

10月10日19時 一般知識8点アップ道場第2回

 

☆LEC模試の効率的な復習に!

10月12日16時30分 模試ベストセレクション講座

 

☆憲法条文知識の整理に!

10月13日16時30分 憲法8点アップ道場条文編

 

 

=2020年度行政書士試験向け説明会=

毎週開催!

10月6日19日26日16時30分~ 20年度向け合格講座説明会

※詳しくはLEC渋谷駅前本校(0334645001)までお問い合わせください

 

================

 本試験まであと33日。

 

「あと50日の過ごし方」は再生回数が5500回を突破しました。

 

 

 

 

あとこちらの動画はもうご覧になりましたか?

 

 

 

2018年度試験の合格者の方が、渋谷駅前本校の支店長ウエキと対談してくれました。

 

この中で紹介している講座が「44点アップ道場」です。

 

44点アップ道場」もたくさんお申し込みいただいています。ありがとうございます。席はかなり埋まってしましたので、希望される方はお早めにお手続きをお願いします。通信クラスの申し込みもできますので、あわせてご検討ください。

 

さて今回は「行政法16点アップ道場」第1回(行政法総論)よりはかなり簡略化していますが、総論での主要論点をまとめたものを示しておきます(2019年度向けに改訂しました)。

1-1 法律による行政の原理

・法律による行政の原理とは?

・法律の留保の内容を述べよ

1-2 一般原則

・信義則に関する判例を確認しておく

・平等原則、権限濫用の禁止、比例原則をそれぞれ説明せよ

1-3 適用範囲

・双方代理の禁止は地方公共団体と外部団体との契約にも当てはまるか?

・その他の判例もしっかり確認しておくこと


2-1 行政主体と行政機関

・行政主体とは?具体例は?

・行政機関とは?

・行政機関の種類とその内容、具体例は?

・国家行政組織法(1条・5条・6条・7条・8条・9条・12条・13条・14条・16条1項・17条1項・18条1項・19条1項)

・ 国家公務員法(分限処分・懲戒処分中心)


2-2 権限の代行

・ 権限の代理の種類・特徴は?

・ 権限の委任の特徴は?

・ 専決・代決とは?


2-3 権限の監督

・ 種類・内容

2-4 公物

・ 普通財産と行政財産の違いは?

・ 公用物とは?

・ 公共用物とは?その種類は?

・ 私有公物とは?

・ 公用開始行為とは?公用廃止行為とは?

・ 公物の時効取得は可能か?


3-1 行政立法

・ 行政立法が認められる理由は?

・ 類型を図示せよ?

・ 法規命令とは?具体例は?

・ 委任命令とは?その特徴は?

・ 委任の趣旨に反するかどうかが問題となった判例を確認しておく

・ 執行命令とは?

・ 行政規則とは?その具体例は?その特徴は?

・ 告示とは?法規としての拘束力がある告示の例は?


3-2 行政行為

・ 行政行為の特色をあげよ

・ 侵害的行政行為と授益的行政行為の違いを説明せよ

・ 許可、特許、確認、認可、下命、公証の内容と具体例を説明せよ

・ 無許可の場合と無認可の場合の私法上の効力を説明せよ

・ 「許可」「特許」「確認」の違いを説明せよ

・ 公証の処分性について、住民票への氏名の登録と続柄の登録に分けて説明せよ

・ 行政行為の効力の種類とその内容を説明せよ

・ 行政事件訴訟法30条で行政裁量が違法とされる場合を説明せよ

・ 要件裁量と効果裁量について説明せよ

・ 裁量が違法をなるかどうかの主な判断基準は?

・ 行政裁量の主な判例を確認しておくこと 

・ 行政行為が無効になるのはどんな場合か?

・ 明白性を認定することなく行政行為を無効とした判例について説明せよ

・ 群馬中央バス事件・個人タクシー事件を説明せよ


・ 不利益処分で理由を同時に示す趣旨は?

・ 違法性の承継について最高裁の判例を使って説明せよ?

・ 違法行為の転換とは?


・ 行政行為の職権取消と撤回の相違点を説明せよ
※職権取消の効果が遡及しない場合と、撤回の効果に遡及効を認めた判例があることにも注意

・ 職権取消が制限される場合は?

・ 撤回と補償に関する最高裁の判例を説明せよ(最判昭和49年2月5日)

・ 付款の種類をあげよ

・ 瑕疵ある付款の取り扱いは?

3-3 行政上の強制手段

・ 全体構造を図示せよ

・ 行政強制とは?

・ 行政上の強制執行とは?その根拠は?

・ 行政指導に従わない場合の氏名の公表は行政上の強制執行にあたるか?

・ 代執行の要件をあげよ

・ 代執行の手続きの流れを説明せよ

・ 執行罰とは?

・ 直接強制とは?

・ 行政上の強制徴収とは?

・ 行政上の強制徴収が認められている場合に民事上の強制執行を用いることはできるか?

・ 即時強制とは?その具体例は?根拠は?

・ 行政罰とは?

・ 行政刑罰と秩序罰の比較をせよ(罰の内容・刑法総則の適用の有無・手続)

・ 両罰規定とは?

・ 通告処分とは?

・ 併科の可否(懲戒罰と行政罰・執行罰と行政罰・秩序罰と刑罰)

3-4 行政調査

・ 行政調査とは?その種類は?

・ 行政手続法に調査の一般ルールが置かれているか?

・ 国税犯則取締法における調査と所得税法・法人税法における調査に関する判例を確認

3-5 行政計画

・ 法律の根拠が必要な場合をなんというか?

・ 計画の変更に関する判例を説明せよ

・ 行政計画に関するルールは行政手続法に規定されているか?

・ 行政計画について行政事件訴訟法に特別の訴訟類型が置かれているか?

・林試の森事件、小田急高架訴訟(本案訴訟)を説明せよ

3-6 行政契約

・ 民法上の契約との違いは?

・ 上水道料金の不払いへの対応は?下水道料金の不払いへの対応は?

・ 水道の供給契約締結拒否が許されるとした判例を確認 

・ 随意契約を締結したことが地方自治法違反である場合、契約の私法上の効力は?

・ 一般競争入札の原則とは?


3-7 行政指導

・ その特色は?種類をあげよ

・ 処分性はあるか?国家賠償請求の対象か?

・ 武蔵野市マンション給水拒否事件を説明せよ(国賠バージョンと刑事事件バージョン)

以上参考になれば幸いです。