頑張っている人には「頑張って」とは言いません | 横溝慎一郎行政書士合格ブログ  
2018年09月21日(金) 22時08分00秒

頑張っている人には「頑張って」とは言いません

テーマ:行政書士試験戦略的学習法
☆2019年度試験向け説明会
9月23日16時30分~ 渋谷駅前本校にて実施
※参加無料

☆2018年度試験向け情報

「行政法16点アップ道場」第4回は9月24日16時30分から渋谷駅前本校にて行われます。次回のテーマは「行政不服審査法・行政事件訴訟法」です。

また「一般知識8点アップ道場」は10月4日から始まります。第1回は「個人情報保護法」が中心です。
 
なお「44点アップ道場通学クラス)」はたくさんお申し込みいただいています。ありがとうございます。席はかなり埋まってしまいましたので、希望される方はお早めにお手続きをお願いします。通信クラスの申し込みもできますので、あわせてご検討ください。
 
 
「見るだけ過去問シリーズ」は好評発売中です。
 
特に憲法と行政法は、過去問の勉強の仕方がわからない方、独学の方、司法書士試験受験生の方など一人でも多くの方に手にとってもらえたら嬉しいです。

==================

本試験まであと51日。

そして「あと50日の過ごし方」は今度の月曜日14時スタートです。



当日使うレジュメは、例によって「空欄補充型」です。

参加して必要な情報は集中して書き取る。

合格するためにそのくらいのハードルはさして高くありません。

せいぜい高尾山に登る程度のハードルです。

あ、高尾山というのは東京の西の端にある山です。標高は599メートル。しかもほとんどケーブルカーで行けます。小学生が遠足で行く山。
そんな感じです。



本試験を50日前に控えているあなたが、今思い出すべきなのは、あなたが勉強を始めた時に感じた(はずの)ワクワクした気持ちです。

2018年度試験で合格するぞと決意したあのときの輝いていた自分。

いまのあなたは胸を張って「がんばってるよ」とあのときの自分に言えますか?

押さえるべきテーマは、24日の「あと50日の過ごし方」の中でお話しします。

あとは、残り50日「最高の準備」をやり続けることが出来るか?

ここがポイントです。

やり続けるためには、一度あなたの中で気持ちをリセットする必要がある。

リセットして、勉強を始めた時のあの新鮮な気持ちを持って再スタートを切って欲しい。

今まで出来ていないことなんて、忘れましょう。

ここから、やるべきことをきちんとやっていけば、それでよいのです。

今日から本試験まで、私はあなたに「頑張れ!」というのを止めます。

ただし、がんばってるなと感じた人限定です。

つまり私から「頑張れ!」と言われた人は、私が見てがんばってるようには感じなかったということだと思ってください。



ナイフを入れた瞬間に、肉汁がじゅわっと出てくるハンバーグ師匠は間違いなく美味しいです。

「ハンバーグ!!」

肉汁の勢いとハンバーグ師匠の美味しさは比例していると固く信じています(笑)。

「ハンバーグ!!!」

先日帝国ホテルの中にある「パークサイドダイナー」というレストランで頂いたハンバーグ師匠の肉汁の勢いは、これまで食べた中でも、1,2を争うレベルでした。




それにしても新潮社はどうしちゃったのでしょう?

「新潮45」という雑誌が、例の杉田水脈氏のLGBTをめぐる発言を擁護する特集を組みました。そこには「安倍寄り」のジャーナリストや学者の皆さんの寄稿が目白押しです。

売れるから、話題になるからいいじゃないか、ということなのかもしれませんが、こんな偏見に満ちた雑誌が自社にあることを容認すること自体、新潮社の良心を疑います。

これでは、売れるからと「ヘイト本」を出す出版社と同じになってしまう。

新潮文庫で育ってきたという自覚があるだけに、こういった動きは本当に残念です。

横溝慎一郎さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス