2017年度合格体験記16 TIさん(受験1回・284点) | 横溝慎一郎行政書士合格ブログ  
2018年02月13日(火) 21時36分02秒

2017年度合格体験記16 TIさん(受験1回・284点)

テーマ:2017本試験関連

自治体職員の方で受験する方が徐々に増えてきています。


それにしても284点はすごいですね。


1 氏名 TIさん(男性)
 LEC講座は、模試のみ。

*先生の「あと140日の過ごし方」を受講させていただきました。


2 受験回数 1回

3 得点284点(法令択一144点・多肢選択24点・記述60点・一般知識56点)
行政権の主体として行政上の義務履行確保を求める訴訟は法律上の争訟にあたらず、却下される。 
・Bは、Cが譲渡禁止特約について善意無重過失であれば、請求に応じなければならない。
不法行為の発生時から20年または加害者の名前および住所を知った時から3年行使しないとき。


4 合格の要因

 自治体職員ですが、法律を勉強していなかったため、自己啓発として昨年の1月から独学をはじめて合格しました。また、自治体法務検定でもプラチナクラスを取ることができました。

 公務員は法律に基づき仕事をするのに、自分には法律の知識がないことに気づきました。合格の要因ですが、勉強するのは得意なのでそれをキャリアプランに活かそうと考えたことです。育児がある中、両立することは大変でしたが、1年間は本気を出すという執念で乗り切りました。


5 今後の予定
 行政書士の試験が終わってからは、法律に強い自治体職員を目指して司法書士の勉強をしています。


6 私横溝や当ブログへのメッセージ 

 試験勉強の間、息抜きに先生のブログを見ていました。ありがとうございました。


☆TIさん合格おめでとうございました!

引き続き合格者のみなさんには合格体験記への協力をお願いしています。

2018年度試験を受ける方の羅針盤というかカーナビというか、そういった存在になるよう力を貸していただけたら幸いです。

詳しくはこちらをご覧ください

横溝慎一郎さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス