ネクストステップ60:郡山ライブペインティング終了! | mizdeskDesigns
2011-06-13 00:07:25

ネクストステップ60:郡山ライブペインティング終了!

テーマ:LivePainting/ライブペイント
と、そんなで今日は、郡山市でのライブペインティング。クラシックギターデュオ いちむじんさん(http://www.ichimujin.com )の避難所での演奏と共に、ライブペインティングを行わせていただきました。
午前中に「福島県農業総合センター」午後からは「ビッグパレット福島」の強行ツアー。それぞれ1時間の演奏時間で、自身のライブペイントとしては 最短での作品フィニッシュな感じでした。作品を描きながら、お二人の演奏に耳をすましつつ、当初、ある程度の構成は考えていたのですが、その選曲に合わせ てかなり即興的なペインティングとなりました(そもそもライブペイントってそう言うモノだとは思うのですが(汗))。

事前にCDで拝聴していた音よりもその生音(今回特にマイクを通さずホンマのギター生音での演奏でした)は、とても繊細に そして時に力強く。その緩急の具合が、私が今まで体験したどのライブペイントとも異なる、気持ちのいい筆運びをさせてくれたのかなぁと思っています。特に 生で聴く「夜更来変奏曲」は最高気持ちよかった。
もちろん、ワシ自身の反省点は多々あって、ちとまぁ、次に向けての課題だなぁと思いつつ、うん、もっと色々 楽しみながら出来そうな予感がしています。
あ!強いて言えば、作品仕上げに集中しつつで、お二人の演奏をゆっくりと聴けなかったのはある意味残念かも(笑
ライブの状況は、いちむじんさんのブログ(http://blog.livedoor.jp/ichimujin/ )でもご紹介いただいています。


そんなで、前置き?が長くなりましたが、今回それぞれの会場で描かせていただいた作品は写真の感じ。午前中の福島県農業総合センターでは、ラッパ スイセンとそこから立ち上る復興への情熱を表現させてもらった感じです。ラッパスイセンの花言葉が「再生」である事を以前(震災後ですが)耳にして、いつ か描いてみたいモチーフでした。当初、いちむじん さんの楽曲「紫陽花」にちなんだアジサイも描ければと思っていたのですが、前半でかなり勢いのある楽曲が続いて、何か、気持ち的に再生に向けての気持ちの 高まりを表現したくなり、画像の様なイメージに。

mizdeskDesigns
(いちむじん:宇高さん・山下さんと共に
 


午後のビッグパレット福島では、自身初の床フロアでのライブペインティングを。恐れ多くも、演奏者のお二人の目の前のフロアでの作画で、ちと緊張 しながらも、同会場は、福島県の富岡町/川内村の方が多く避難なさってる事を伺っておりましたので、各地域の「夜ノ森のサクラ」「川内村のモリアオガエ ル」を描きたいなぁと、今回のお話をいただいた頃から想っていました。私自身も夜ノ森の桜は何度も観に行かせてもらって、かつ、今年はホンマそのシーズン には桜を眺める余裕もなかった事も含め、福島県浜通りの来るべき春を祈って描かせていただきました。

mizdeskDesigns

mizdeskDesigns


それこそ、同じ浜通り(福島県の太平洋沿いの地域)に住んでいながらも、私が住むいわき市は、それでもまだ、特に内陸部は比較的被害の少ない地域 で(もちろん被災状況の多様性は理解していますが...)、それ故に、今回の様に、生まれ馴染んだ地域から離れざるを得なかった避難所の皆さんに対して も、私自身いまだ何と言っていいのか分からない状態だったりしています。
ただ、ペインティング後に農業総合センターで声をかけてくれた(高校生くらいでしょうか?南相馬市の)女の子のはにかんだ笑顔だったり、お花を中 心として描かれた植物のスケッチブックを見せてくれた双葉郡のおばあちゃんの笑顔を思い出すにつけ、あぁ、少しでも、その笑顔のキッカケになれたのな ら...良かったなぁ..と想っているトコロです。


と、同時に何かこぅ、イラスト・デザインに携わる者が貢献できる事の少なさ?も感じながら...、でも、いや、まだ色々出来る事があるんじゃないの??とも感じています。もう少し、もう少しやれる事を、やれる限り続けていければなぁと想っています。。。

ユアサミズキ【イラスト・デザイン・ライブペイント】さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス