「ナーダ」とはサンスクリット語で、
振動、響き、音という意味です。


そして、古代インド哲学では、
全ての宇宙とそこに在る人間を含む全てのものは、ナーダと呼ばれる音の振動から成り立つ
と考えられています。


音「ナーダ」は私たちにとって、とても重要な意味を持つものなのです。


冬至の翌日には、地の時代から風の時代へと移行すると言われていますが、

風の時代になると、今以上に音の力が増してくるようですよ〜〜☆



こちらでご案内した恒例のイベントでは

 私の造語です(笑)

クリスタルボウルの音「ナーダ」とともにやるヨガ・ニードラですからね!


ヨガ・ニードラについては、上記投稿にも書いていますが、

「眠りのヨガ 」とも言われ、

ヨガとタントラ哲学を基に生まれた瞑想法で、

シャヴァーサナという仰向けで寝た状態で誘導に従っていただくというものです。


究極のリラクゼーションをもたらすと言われています。



ヨガ・ニードラの創始者であるスワミ・サッテャーナンダは、こう語られています。


ヨガ・ニードラ

~至福に満ちたリラクゼーション~

多くの人々は、緊張から解放されることなく眠る
これがニードラと呼ばれる
ニードラは、ともかくも眠りを意味する
しかしヨガ・ニードラは悩みを振り払った後の眠りを意味し
それは至福と高度な性質に満ちている


気づきが心の波から分離し識別され

目覚め、夢、熟睡が雲のように通過し

しかしなおアートマ(自己)の気づきがそこに留まる

これが完全なリラクゼーションの体験だ



そういった境地に至るには、なかなか容易ではないかもしれません…

だからこそ、何度も何度も繰り返し練習することが必要なのでしょう。


そこにクリスタルボウルの音が加われば、

もしかしたら、

そこへの近道ができるかもしれません。


そんな想いで「ナーダ・ニードラ」をやっています。



年末近く、冬至の前日、12月20日(日)は

Mysore Atsugi

Tomomiさんのガーヤトリーマントラの後に行いますが、


年始1月3日(日)には、ヨガスタジオ アルモニ

の年末年始の特別レッスンとして、

音ヨガの後にも行うことになりました!


チラシも出来ました♪



冬至と年始ですからね!

それぞれに合わせ、誘導内容は変えて行いますので、


どちらかにご参加でも、両方ご参加でも!

構いませんよ〜(*^^*)



ヨガ・ニードラは、何度も練習することで深まっていくものだと思いますからね☆



冬至*ガーヤトリーマントラとナーダ・ニードラのご予約はこちらから↓



音ヨガ&ナーダ・ニードラのご予約はこちらから↓

各種イベント、WS、講座、ヨガレッスンなどやっております

詳細は今後のスケジュール→★★


YouTubeで演奏のアップしています

チャンネル登録していただけると嬉しいです

 YouTube Miyuki Crystal


★メニュー★


🌹サウンドセッション各メニュー
🌹サウンドアロマタッチ
🌹Crystal Sound Bath
🌹音叉ヒーリング講座

※日時はご相談の上、随時承っております

合格演奏依頼
内容、ご予算等により、ご相談!
お気軽にお問い合わせくださいませ♪


人気ブログランキング