続きはこちら

しらゆきさんのブログから




 カープが

護摩行って恒例行事なんですね


300度の炎の前で

1時間半も大きな声でお経を唱え続けるなんて、苦行でしかないです


悪魔に拝んでも良い結果は残せません。

 

 


こちらから転記しています


前回のブログ



「空海」の出自について

多くの人が研究し

それをネットで公開しています


その中で、見つけたのが


彼、空海が

渡来人の血を引いているということでした



私自身

「密教の水源を見る」を読んでいないので、要確認ではありますが


これまで

在日朝鮮人」と「百済人」の関係について調べてきたので、とても興味深い情報です


これが真実ならば

現在の日本を牛耳る在日人脈」と

密教」のつながりも

より一層明確になります


また、「空海」の本姓「佐伯氏」を

さかのぼってみると

(たり)」という名前の人物が、多く見受けられます


これは、

百済人」である「藤原鎌足」の

」と共通しています


そして

タリ」とは、朝鮮語で「」を意味するそうです


ヤフー知恵袋


他にも

空海」と「百済」の接点が見つかりました


空海」は、「阿刀氏」の家系から生まれています


○Wikipedia-阿刀氏


「阿刀氏」は

「物部氏」から出た氏族です


「物部氏」は

百済王家」とも非常に深く繋がっており、同族であった可能性を研究している記事を見つけました


一部を抜粋して掲載します


こちらから転載しています




このように


日本の歴史に登場する人物たちの多くは、朝鮮半島の血を引いています


私たちが

歴史の授業で偉人として習う

空海」も、その一人なのです


現代でも

在日朝鮮人」たち、その血族の権力は、強大です


今も昔も

同じ血族が権力を握って

この日本を牛耳っているのです


「空海」については

これからも調査を進めていきたいと思います


日本人の文化、風習の中には

危険な「闇」が潜んでいます


今後も、皆が正しい情報を知り

安心して暮らせるように

いろいろな情報をご紹介していきたいと思います