自然も自分もまるっと感じて、

いま、ここを祝福する。


"森と魂のセラピスト"
飯田みゆきです。

 

 

 

 

メディカルハーブ協会の

ハーバルプラクティショナーコースを

教え始めて約1ヵ月。

 

 

「難しい。」

 

「ハーブのコースなのに、

謎の記号を覚える意味が

分からない。」

 

という声をよく聞きます。

 

 

こんな記号です。↓

 

 
 
私は、
ハーバリストが化学を学ぶのは、
より楽しいハーバルライフを
満喫するためだと思っています。
 
 
だから、
植物と仲良くなるため、
植物の気持ちを感じるため、
 
の化学を伝えたいなぁと
思っているのです。
 
 
 
 
 
 
ところが、
実際にコースを始めると、
そこまでなかなか
たどりつけません。
 
特に、
他人が作ったテキストに、
イライラすることもしばしば。
 
 
そして、ふと、気がつきました。
 
化学の基礎勉強は、
筋トレと同じ。
 
 
テニス部も
野球部も
吹奏楽部も
みんな筋トレするのと同じ。
 
 
踏ん張って、
諦めないで続けていたら、
いつの間にか慣れてくるもの。
 
 
筋トレを続けていたら、
いつの間にか
体が慣れてくるみたいに。
 
 
 
 
 
理系の大学を出て、
理系の仕事をしている人は、
すでに筋力があるだけ。
 
頭がいいとか、
記憶力がいいとかでは
ありません。
 
 
わかりやすい魔法の本とか、
魔法の先生はいない。
 
 
『慣れ』
 
だと思います。
 
 
 
言葉。
 
考え方。
 
イメージ。
 
 
それらにいつの間にか、
慣れていくもの。
 
 
 
もちろん、途中で
 
ああ~、なるほど‼
 
 
 
という
ブレイクスルーポイントを
通ることはあります。
 
そのポイントは、
ヒトそれぞれ、
 
 
 
きっと、
地道に筋トレしている人に、
ブレイクスルーポイントが
ときどき
やってくるのです。
 
 
 
だから、
すべてをわかろうとしないで、
わかることだけわかってみよう。
 
何がわかるのか。
 
何がわかったのか。
 
そして、
わからない海の中で泳ぎながら、
わかるポイントを見つけよう。
 
 

 
 
大人になってからの学びは、
そんなものではないでしょうか。
 
 
 
 
それでも
いつかは書いてみたい、
『ハートで感じるハーブの化学』
 
それについては、
また後日。
 

 

植物の気持ちになってみたい方は、
こちらもオススメです。

植物はどこまで知っているの?

 

 

☆このブログの歩き方

CONTENTS

 

☆個人セッションのお申込み受付中

自分を探究するお手伝いセッション

 

☆下記イベントのお申込み受付中

2017.12/2-3 富士山静養園リトリート

 

植物はどこまで知っているの?

 

Herbal English!~メディカルカハーブで英語学習~

 

シュタイナーの著書の読書会

 

☆メルマガ

このブログの更新情報をお届けします。

「自然界の声を聴いて、もっと自分を好きになる!!」

   (週一回、毎週金曜日の配信です。)

ブログランキングに参加しています。下記のバナーをクリックすると応援の点数が入る仕組みですので、クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ
にほんブログ村