【お客様の声】植物の感覚をヒトの集団に生かせる??~「植物の知性を考える」 | 森の癒しのヒミツを探る~森と魂のセラピストブログ

森の癒しのヒミツを探る~森と魂のセラピストブログ

自然と調和、そして自分と調和がテーマです。好奇心に導かれて、自分の感覚を信じて、そのまんまの自分、魂との出会いを楽しめたらいいな。

先日開催した「植物の知性を考える」セミナー。

第1回は
第2章「動物と違う生活スタイル」&
第3章「20の感覚」でした。
準備中のつぶやき
第1回の報告

ご参加いただいた
神山バランス治療院の神山和久先生が、
感想を寄せてくださいました。





~~~

今回、
「植物の知性を考える」
ということで、

植物からの観点を人の感覚や考え、
集団での物事に参考や
活かせないものか!

と思って参加しました。



例えば第二章の中で、

「植物は二つに切られても、
 それぞれが独立して生きられる。

 動物は二つに切られたら
 生きられない」

「植物は1個体ではなく、
 コロニーに似ている」

と書かれていました。

飯田さんはこれらを
中央集権(動物)と地方分権(植物)と
話していましたが、

私も会社、集団という社会を考えたとき、
トップが指令を出し、
いわれたまま動いていくのか、

会社、集団と言うコロニーで
皆それぞれ考え行動していき、
会社や集団を形成していくのか、

ということに似ているなと思いました。


それぞれが人任せにしないで、
自分の意志を持ち行動する。

なので会社、集団は盛り上がり、
発想も生まれ、
展開も幅広くなるように思えます。


そして二つに分かれたとしても、
皆それぞれ意思と行動があるので、
それぞれがまた集団、社会ができる。

しかしトップダウンだと
トップがいなくなったり、
指令を出さなければ
(二つに切られたということ)、

他の人は何も行動せず、
そのまま会社や集団は
なくなるのでしょう。

他に乗っ取られる
ということもあるかも・・・


(会社や集団がそんな状態であっても、
それぞれの思考で
考え行動してこなかったので、

こうしよう、
あーしよう、
どうしていこう、
などの建設的な考えや行動がでることはなく、
妬み、嫉妬などもうずまくことでしょう)


植物から私たち人の行動や生活に
活かせることがたくさんあるなぁと
思いました。

あと、私の全体的に感じたのが、
植物は環境に順応しようと、
自分(達)を変えていこうと
しているように想える(実際は解りませんが)。

人は環境を自分に合わせようと
している場合が多くあるなぁ。

それはできないと思いますし、
一時的にはできたように思えても、
時が経つと
その歪みは出てくるのではないのかなぁ。

とも思いました。

他にも第二章、第三章で
人や行動、世の中と同じような事や
こういう方向で進められたらと
思うこともありました。

次回はまだわかりませんが、
行けそうでしたら
参加したいと思っております。

その時はよろしくお願い致します。

神山 和久

~~~

神山さん、
ありがとうございました!!

第2回、第3回のお申込み、受付中です。
第2回8/9 第4章「未知のコミュニケーション」
「植物の知性を考える」第2回8/9
第3回9/13 第5章「はるかに優れた知性」
「植物の知性を考える」第3回9/13

ブログランキングに参加しています。下記のバナーをクリックすると応援の点数が入る仕組みですので、クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ
にほんブログ村


☆下記イベントのお申込み受付中
植物と深くつながりたいひとへ
「植物の知性を考える」第2回8/9
「植物の知性を考える」第3回9/13

自分とのつながりを深めたいひとへ
ミトコンドリアを感じる瞑想会 9/11 in 仙台

英語と戯れたいひとへ
Herbal English!~メディカルカハーブで英語学習~

☆ステップメール
「森で癒されるヒミツ」

☆メルマガ
このブログの更新情報をお届けします。
「自然も自分もまるっと感じて、ほんのり楽しくなるメルマガ」