犬猫のお腹、超音波(エコー)でわかること。 | みゆきパーク動物病院からこんにちは!

みゆきパーク動物病院からこんにちは!

愛知県豊橋市の緑豊かな幸公園の側にある「みゆきパーク動物病院」。日々の動物たちとの触れ合いや、病院のこと、病気、予防、食事のことまで!飼い主さんに役立つ情報を定期的にお伝えします。


テーマ:

nikukyu 豊橋市の動物病院『みゆきパーク動物病院』ですnikukyu

 

予約不要日曜も診察しますクローバー

 

⇒ ホームページはコチラ

 

 

 

{21BAAE05-5A27-4154-9ECB-C880706304A3}

 

 

先日名古屋で開催された

犬猫の腹部エコーの講習に参加しました。

 

小動物内科医・大学教授で

エコー検査の権威である

 

小山秀一先生の講義と

実際のデモンストレーションでしたが、

 

みっちり3時間!!

 

とても内容の濃い時間となりました。

 

 

犬猫のお腹の超音波検査でわかることは

たくさんあります。

 

 

胃や腸の病気や異物 

 

肝臓、腎臓の病変

 

子宮、前立腺の病気や妊娠判定、

 

膀胱炎や膀胱結石、

 

お腹の中にできた腫瘍の有無、

 

などなど。

 

他にも数多くの情報が得られます。

 

 

そうは言っても、犬猫の検査は

なかなか一筋縄ではいきませんね、、、ショック

 

じっとしてもらうのも大変ですし、

 

小型犬や猫は体自体が小さく、

中には厚さ2〜3ミリの臓器もあります。

 

とくに難易度が高いのは、

すい臓副腎、甲状腺ですね。

 

 

今回のセミナーでは

そんな難しい臓器の出し方や

 

動物を嫌がらせず、

最短で検査を終わらせるやり方などが

 

とくに参考になりましたひらめき電球

 

 

今後の診察にすぐにでも

活かして行こうと思いますニコニコ

 

 

image

右上矢印当院のエコー検査室はこんな感じですウインク

 

 

ブログ見たよ!の応援クリックしていただけると
大変嬉しいです音譜

 

みゆきパーク動物病院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス