インコのくちばしに白い塊!? | みゆきパーク動物病院からこんにちは!

みゆきパーク動物病院からこんにちは!

愛知県豊橋市の緑豊かな幸公園の側にある「みゆきパーク動物病院」。日々の動物たちとの触れ合いや、病院のこと、病気、予防、食事のことまで!飼い主さんに役立つ情報を定期的にお伝えします。


テーマ:


最近の症例ですセキセイ/緑黄

セキセイインコのくちばしの横(口角)に
軽石状の白いかたまりができゴツゴツしたり、

脚が白くかさぶたになってモロモロしたりする
症例が2例ほどありました。

これは検査してみるとトリヒゼンダニという
ダニの一種による病気である場合が多いです。

この病気は疥癬症(カイセンショウ)と
呼ばれています。


カイセン症が進むと、鳥は非常に痒がり、
クチバシを止まり木や食器にこすりつけたり、
嘴で脚をつついたりする仕草
が見られます。

ひどい場合には
くちばしや脚が変形することもあります。

感染後、症状が現れるまでに
数ヶ月から数年かかることもありますが、

年齢やストレスがきっかけとなって
発症すると言われています。

冬場は寒さによるストレスで
免疫力が低下しやすい時期です。

オーストラリアや東南アジアなど
暖かい国原産の小鳥たちにとっては
とくに要注意ですねひらめき電球



さて、カイセン症の治療ですが、

数回にわたって薬を投与することで
完治も可能です。

その際に、自宅では再感染を防ぐために
ケージ内や止まり木のそうじと
熱湯消毒を定期的に行う必要があります。

まずは、上記の症状を見つけたら、
できるだけ早くビックリマーク
動物病院を受診することをおすすめします。



青い鳥当院では小鳥の診察も行っております。

⇒ 小鳥を病院へ連れて行くときはどうする?

ブログ見たよ!の応援クリックしていただけると
大変嬉しいです nikukyu2





【トリマーさんの求人情報】

現在、当院ではトリマーさんを募集しています。
どうぶつ好きなスタッフが集まり楽しく働いていますトイプードル

詳しくはホームページをご覧くださいクローバー

⇒ みゆきパーク動物病院のホームページ




みゆきパーク動物病院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス