嵐のダンススキルについて思う事《二宮和也の場合》 | 智とすばると屋良っちと辰巳のことをこっそり語らせろ!ふぉ〜ゆ〜斡旋中!

智とすばると屋良っちと辰巳のことをこっそり語らせろ!ふぉ〜ゆ〜斡旋中!

嵐・大野智と関ジャニ∞渋谷すばると屋良朝幸とふぉ~ゆ~・辰巳雄大に深く愛を注ぐミユのブログ。
グループみんなが大好き。
頑張るジャニーズを応援しています。


テーマ:

じわじわ進めてます。

ダンスについてシリーズ。


本日は二宮和也くんです。


辛口批評いきますが、愛あるゆえの言葉ですのであしからず。





ニノはダンス下手と思ってます。



と言い切ってしまうと語弊があるかと思いますが、

んー、そうだな・・、


もっかい最初からやり直してほしい。


あぁ、同じ意味合いになってしまった(笑


んー、なんていうか、私好みじゃないと言ってしまえばそれまでな感じなんですけど。


なんか、ニノのダンスからは、

「振りが出来ているから踊れている」

的なスタンスが感じられるんです。

違ったら本当すいませんなんですけど。



彼、覚えが早いというじゃないですか。
だから、

覚えた=出来た=おっけー 

みたいな、あっさりした考えで踊っている気がする。



例えば、
大野智の場合、、振り付けの先生の動きを
忠実に再現しようとした結果、

指先とか足の角度とか、細部まできれいな形が身についてるんだと思うんです。


そのために、相当鏡で自分と先生を見比べて、

試行錯誤したんだろなって。



あと、松潤も、相当鏡で自分を見て練習したんだろなと思う。

松潤は、自分が良いと思う、自分なりの魅せ方を追究していったんだと思うんですけど。
なのでパフォーマーとしての彼はめちゃ輝いてますよね。


(櫻葉は覚えるので精一杯なので論外です(笑))


えーと、何が言いたいかと言うと、

二宮さんは自分の動きを客観視するのを怠ってきたのかなって思うんです。


頭いいから、すぐ覚えられるから、すぐ踊れる。
覚えたら忘れないし。

っていう長所の弊害で、
踊り込むってことはあんましてこなかったんじゃないかなって。


踊りこむ=踊りの見え方を追求することなんですけど。



なんてゆーか、
ダンスに対して愛情が薄いとゆーか。

ストイックじゃないとゆーか。

ドライ。


とか言ってホントのところはわかりませんけどね。





私の目線では、
踊れない嵐一は、目下櫻井翔ですが、

次は

相葉雅紀ではなく

二宮和也です。



で、なんでこんなに私のニノの評価が下かというと、

ご覧の通りの筋肉のなさ。
からの脱力ダンスのためです。


明快すぎて逆にすいませんですが
これにつきるんです。



そこがかわいいっちゃーかわいいので、

アレなんですけども。


腕も腹筋も背筋も、脱力しっぱなしで


ふにゃふにゃしてて何踊ってるのかよくわかんない


っていう瞬間が


多々 見受けられます。



もちろんちゃんと

アクセントつけて踊っているところもあるんですけど。



嵐伝のMonsterの時の

間奏ワルツみたいなとこは、

すごくキレがあってよかったですし。


それを、いつも見たいんだよーぅ。



Mステ記事で書きましたが、


Perfumeちゃんたちは全員そこがしっかりしてるから

見やすいし、きれいだし、

ダンスそのものが伝わりやすい。



それを、ニノくん。


見習ってくれ!!

今一度、鏡の自分と冷静にむきあってくれ!!


君ならもっとできるはずなんだ!!



多分、一般的に見て、嵐さんのダンスって平均点だと思うんです。


大野さんはやっぱり抜群にうまいけど



5人でって見たときに、

みんなバラバラなんですよねー。


ほかのジャニさんとか見ないから、

レベル感みたいのはわかんないんですけど



嵐さんって、絆とか、確固たる信頼関係が

世間に浸透してるじゃないですか。


だからダンスでも、


息ぴったりなんだぜ!!


みたいなのが欲しい。



うーん、

私、欲張りすぎて駄目ですなぁ。。。


多くを求めてしまう私を許してください。(笑)




ペタしてね

ミユさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス