メイクカラーアナリスト「ベルルーン」の渡辺深雪です。

 

 

「昨日1つだけ気になることがありタッチアップ(メイクをつける事)をしました」と書いたのですが私がどうしても気になったところ・・・それはチークの位置です。

 

 

 

 

Y様の場合お洋服のセンス、色選び、柄・柄の大きさ、素材の厚み、靴選び、裾の長さまで完璧だったのですがそれゆえに「惜しい」と思ったので当然ですが手も口も出たわけです。

 

 

今年のコレクションから見るビューティートレンドで「光をまとう美肌メイク」というのがありますので、(美容雑誌、優秀なハイライターも沢山出てますね)肌がツヤっと見えるベースの仕込みの話を最後にしようと思っていたのですがそれよりなによりチークでしょ。と思いましたので。

 

 

Y様の顔型は♦ダイヤモンド。(ホームベースとのミックスですがダイヤモンド寄り)ラインとしてはシャープ、クール、モダンなイメージ。逆にさみしく、きつく見えるということもあります。

 

 

久々みどりちゃん登場!絵がざっくりなのはお見逃しをW

ダイヤモンド♦型の方:頬の正面をふっくら見せる。(頬骨に沿いつつ)中心部に丸みを持たせる。諸説ありますが今は結構内側にも入り込みます。

 

 

チークがついていたのは、頬骨の上部高い位置。その位置は若々しく華やかではありますが、ダイヤモンド型ですとちょうどハチ(角)にあたるところになりますので目立ってしまうのですね。また、頬からあごラインまで広い方は余白を埋めた方が小顔には見えやすいです。

 
 

 

茶色の濃い場所につけられてました。ここに入れてる方実に多い・・・

 

 

面長さんでも結構な確率で高めの位置に入れてる方がいます。「どうしてそこに入れてるのですか?」とお聞きすると「そこに入れたほうが良いと言われたから。」と皆さん言われます。以前たまご型はその位置が良いとされてました。おそらく一般的なことだと思われます。素直な方が多いのですがもったいないですね。

 

 

ハイライトは輪郭を膨張させ、ローライトは収縮して見せる。高く見せたいところはハイライト。ホリ深く、シャープに見せたいところがシェーディング(ローライト)となります。ただしパーツによって(目や鼻、眉・・・)適さない場合も当然ありますよ。

 

 

たまご型に見えるように膨張色、収縮色を使うのですが、実際ヘアスタイルで輪郭は隠れていればそこは今の時代はつけないですね。(目の下、眉下、鼻のハイライトは欲しい。そしてY様の場合はほんの少しだけ求心的に見せる為ノーズシャドウ入れたいです。それと、あごがシャープですのでヘアスタイルで「すそのカール」も欲しいところです。(華やぎます)

 

 

 

お知らせ・・・HPなどの整備等々で10日ほどブログはお休みいたします。(なにかあれば書くかもしれませんが)

 

ご予約・問い合わせは通常通り承ってます。

 

 

■募集中のメニュー■

 

 

 

 

LINE@からのご相談・ご予約はこちらから

 

【ID iek3526o】で検索かこちらのボタンからご登録お願いします。

↓↓↓

 
 
 

🌺ご予約方法  
🌺アクセス