「ベルルーン」の渡辺深雪です。

 

 

 

 

 

 

今日は午前中に撮影会で初めて使用して下さる先生に鍵をお渡しに行きました。何度もこのサロンでは撮影会は行われていますし、自分も撮影していますのでカメラマンの方に光源の良い場所や人物の映りの良いところなどお伝え。しかしあまり素人が口出ししてもいけないのでサッと退散いたしました。

 

 

 

退散時に撮らせていただきました

 

 

 

・・・それではカラーの続きです。まずはベース決め。アブンダンティア肌色診断でベースは出していきます。M様の持ってる要素と肌につけた反応であっさりイエローベース決定。

 

 

 

テストドレープをやってるうちに「ワード」が見えて絞れてきます。「深い」「にぶい」「暗い」は響きません。「淡い」「軽い」も落ちます。結果「あざやか」「明るい」・・・でスプリングさんとなりました。それからベストカラーを選出。

 

 

 

 

 

ベストオブベスト

 

 

 

●質問①で「どんな組み合わせが似合うのか?」でした。M様の場合、顔周りはくすみのない黄みの明るい色でややコントラストのある配色がお似合いです。

 

 

 

 

 

 

「レンガ色のセーター」の場合は暗い色やくすんだ色は本来はお得意ではない色なので首周りに上記で説明した色を持ってくるとよいです。ぶつかる場合・・・合わせた時オフホワイトもよかったですね。

 

 

 

スプリングさんはベストカラーが特に鮮やかな色がそろってる場合が多いので、ベーシックカラー(黒、紺、茶、グレー、白)と合わせても綺麗な色が引き立ちます。M様の場合は白髪でしたので淡いグレーもとても上品。

 
 
 

 

 

 

また、編み物をされるので強い色同志を組み合わせる時もあるとおもいます。そのような時は間に無彩色を入れると調和が図れます。その際は明るさの度合いが大きい方が良いので「白」「黒」など。

 

 

 

●質問②で「ベストカラーで出た色が嫌いだったらどうするのですか?」ですが、これは取り入れるか取り入れないかはその人次第ですW。ただ、やはりメイクは仕上がりに影響がありますのでイエローベースなのかブルーベースなのかは合わせた方が良いでしょう。ここは外せないのですが、今まで伺っていてかなりの確率で違っています。特にファンデーション。

 

 

 

これはM様のベスト中でも1番色・・・華やかでかつ品があり最高でした

 

 

 

それと、2番目に似合うシーズンというのもありますので、ここにも好きな色があるかもしれません。幅が広がります。

 

 

 

ファッションについては基本楽しめば良いと思います。しかしながら、華やかに装いたい時、大切な日は自分を活かす色を選びたいですね。そのためのパーソナルカラーです。(いつも同じ落ちですが)

 

 

 

M様は色を選ぶ時の「明確な指針が出来た」のでとても喜んでいただけました。お帰りになられてからコートを選びに行くとの事でした。

 

 

 

そして大先生から「似合う。」と言われていてピンとこなかった色は実は似合うグループだったようです。やはり客観的に見て「似合う。」というのは無視できません。これは昨日の話に通じます。

 

 

 

M様は今までの編み物教室でのいろんなシチュエーションを思い出されていたようです。また素敵な作品を創作される時にこのシステムを活かして下さるとうれしいです。

 

 

 
アブンダンティア®肌色診断
🌺料金
ベストカラーセレクトコース&メイク 15,000円
🌺ご予約方法  
🌺アクセス