「ベルルーン」の渡辺深雪です。

 

 

 

 

デパートのコスメカウンターは「敷居が高く行きにくい」と3人に1人くらいのお客様からは聞く言葉です。先日のM様もそう・・・しかしなんてことはないので慣れてしまうと、かのブランドCさんでもシートパックを貼ってる人もいます。座っているので後ろ姿しか見えません。(中央区百貨店でも)

 

 

 

 

私もよく担当のお客様には限定色でコーナーに何点とかしか入ってこない激レア物でも「〇〇様が好きそう、似合いそうだな」と思うとお取り置き箱に入れといたりして、ご来店の際喜んで頂いたこと多数あります。なので相性の良い人を見つけておくのもいいですね。(今は担当制でないところもありますが)そういう人がいるといちいち説明しなくても職業や肌質、化粧品の好み(例えばラメの入り具合)、カルテで化粧品がなくなる周期を考慮して黙って出てくるので楽です。

 

 

 

 

そうはいってもいろんなブランドも見たい場合や初めてブランドの時は、質問して引き出してはくれますが、「どういう物が欲しいのか目的などを明確にしておく」と美容部員としても勧めやすくなります。

 

 

その他基礎化粧品の場合「敏感であればどのようになるのか?」例えば「風でもまけるのか」「季節の変わり目なのか」これからですと花粉症、アレルゲンなど。聞いては来ると思いますが伝えておくと的確なものを購入しやすくなります。

 

 

パーソナルカラーをすでに受けている場合はその旨伝えておく。またはこのようなものを持参していくと良いですね。

 

 

 

 

人の記憶は曖昧ですから色見本のようなものがあれば、たとえ同じ色でなくとも近い色味は探せるはずです。デパート、商業施設の場合は光源が安定しいてないので帰ってビックリ。「コーナーで見た時は良く見えたのにー。」とならずにすみます。

 

 

季節に分かれた色見本帳

 

 

コスメカウンターは苦手と言われる方は多いですが、最新の美容情報や小物のお手入れ法、使いこなし方など得ることも沢山ありますので上手に利用してもらうとよいですね。

 

 

🌺HP
🌺ご予約方法  
🌺アクセス