ベルルーンの渡辺深雪です。

 

 

今日は続きの②から。「白や赤が似合わない気がします」原因を分けるとすれば2つあります。

 

 

❶ここで「白」「赤」が一概に合わないのではなく「どんな」が出てくるわけです。例えば白。K様はオフホワイトが肌に透明感が出ます。黄味が濃くなると冴えません。

 

 

1番上がオフホワイト。各それぞれサマー、ウインター、スプリング、オータムの人に似合う白。

 

 

ピンク。これはもちろんピンクの一部なわけです。ピンク1つとっても大別するとイエローベース、ブルーベースとなります。さらに特徴によって4シーズンに分けることができるのです。

 

 

ブルーベースのピンク

 

イエローベースのピンク

 
 

赤はラズベリーぽい、もしくはローズのような赤がいいのですが、❷ここで「トーン」(色の調子)が出てきます。強い・濃い・鮮やかだとK様には色が目立ちすぎてしまいます。明度・彩度・清濁感でさらに細分化していきます。要はさらにしっくりとなじむグループです。

 

 

「その色きれいね」は色の方が目立ってる誉め言葉です。ベストカラーにはならないけど似合う色という使い方が出来ます。この場合の赤は強い印象に見せたい時はいいですね。

 

 

K様のベストカラーには赤は入ってませんが似合う赤があるというわけなのです。線で囲んでるのはスーツなどに使いやすいベーシックカラーです。

 

 

③「美容部員のメイクが濃すぎてカウンターに近寄りにくい」これはですね美容部員出身者は苦笑いしてると思いますが特に外資D、Cさんあたりは致し方ないですね。(とびきり濃いかもしれません)ブランドコンセプトによっても違いますしシーズンの〇〇コレクションのイメージ代表者なので個人の意思ではありません。もちろんそのブランドの世界観が好きで働いているのは前提ですが。特に外資Cさんに属してる方はブランド愛が強くお客様もあのマークが好きという方が多いです。コットンもブランドマーク印字されてますのでリボンをかけてプレゼントにする方もいらっしゃいます。

 

 

●全員同じ新色のリップなどつけたり、今秋冬あたりは囲み目だったりすると迫力あります。それを見てそのブランドを好きな人は「その色は何番?」という事になります。

 

 

●それと美容部員はカラーリストではないので(ブランドによっては学んでるところもあります)色に対して感覚はあるにせよ似合ってないモードな赤リップなら悪目立ちしてしまうわけです。

 

 

●そしてもう1つメイクは強弱も必要なのですが全てのパーツを頑張ってしまうのが習性でしてそれが=濃く見えるという事になりますW

 

 

まとめ・・・これに関しては『メイクの濃さと怖さは連動してない』ことを説明しました。そして昔と比べて今は薄い人も多いです。好みのメイクをしてる人に声をかけると良いですね。

 

 

 

④に関しては長くなるので別記事にします。

 

 

K様は似合う色が好きな色だったこともあり、楽しんでいただけたようで・・・感想をその日にいただけました。

 

 

 

 

恒例・・・お得意でないシリーズもやりました。顔から離して使えば良いですよ。・・・と書いておきます。

 

 

 

 

アブンダンティア®肌色診断
🌺料金
ベストカラー&メイク 15,000円
🌺ご予約方法  
🌺アクセス