メイクカラーアナリストの渡辺深雪です。

 

 

昨日は満月、スーパームーンということで月の大きさや光も強かったですね。易者でないのでここまでに・・・(でも好き)

 

 

 

 

昨日は2日なので、セールに出かけました。春まで着れる気軽な服が欲しいと思い近場へ。福袋はいりませんがセールでベーシックなデザインなどは買います。

 

 

 

 

沢山の洋服の中から選ぶわけですが、自分に似合う色・形はわかっているのでセールといってもそんなに時間をかけず選べます。デザインでお店も選別できますね。(試着はします)なのでさっくり買って本屋に長々いました。

 

 

 

 

しかしながら、暗い店だと照明で色が分かりにくいですね。

 

 

●似合う色…

 

 

〇若々しく好印象に見える。

 

 

〇肌の透明感が増し血色よく見える。

 

 

〇フェイスラインがスッキリ見える。

 

 

〇華やかさが増す。

 

 

〇お買い物の時に選ぶ時間が節約できる。

 

 

〇その人の魅力が引き出される。

 

 

似合わない色=なじまない色となりますが「似合わない」とはあまり限定したくないのでここでは「似合う色を知ってる方が有利なことが多い」に留めます。

 

 

ただやはり直接肌にのせるメイク、顔にかかるヘアカラー、顔周りの色はダイレクトに響くのでそこは似合う色を使ってもらいたいな。と思います。もちろん色だけでなく、洋服のフォルム、襟の形、丈、柄・・・いろいろありますが・・・

 

 

カラースクールの恩師は、ペンの色もシチュエーションによって変えていてとても素敵でしたので活かすか活かさないかはその人次第です。

 

 

靴下も・・・見る人が見ればサマーの人が似合う色と分かりますね。

 

 

要は、同じピンクでも「パステルピンク」「ショッキングピンク」「サーモンピンク」「コーラルピンク」どんなピンクが似合うのか?そこが肝なわけです。とらわれ過ぎず楽しみたいですね。

 

 

 

 

それと今日は友人からの九州のお土産が送られてきて嬉しかったです。ほうじ茶がとても飲みたかったので来たって感じです口笛

 

 

アブンダンティア®肌色診断
🌺料金
ベストカラーセレクトコース 15,000円
🌺ご予約方法  
🌺アクセス