=*= お知らせ =*=

◎7月21日(日) ~ありのままを抱きしめる~いのちのおはなし会in安曇野

ドキュメンタリー映画「がんと生きる言葉の処方箋」にもご出演されている斉藤智恵美さん主催による「いのちのおはなし会」が、安曇野にて開催されます。(もしよろしければ、映画の予告編もご覧ください  ⇒  「がんと生きる言葉の処方箋」)

時間:13時~15時半

場所:蔵レストラン 清雅
参加費:3000円(ケーキ代・飲み物代含)
※定員に達しました

 

◎9月27日(金) 母子(ははこ)の心を紡ぐおはなし会 「我が子への愛は、いつでも両手の中に溢れてる」@静岡

時間:10時~12時

場所:静岡市内
その他の詳細については、決まり次第お知らせいたします。

 

その他、講演会などについてのご質問・お問い合わせはこちらよりご連絡ください。

 

中村 美幸オフィシャルサイトはこちら

 

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~~*

こんにちは。幸せを運ぶ語りびと 中村美幸です。

ご訪問下さり、ありがとうございます。

このブログでは、小児がんを患った長男(渓太郎)との闘病、別れを通して知った「幸せ」や「愛」、「命」「生きること」について綴らせていただいています。

・~・~・~・

 

「その人に、なんと声を掛けてあげたらよかったのか・・・」

 

家族を亡くした人を目の前にして、かける言葉が見つからなかった・・・と、その人は私に困惑した表情を見せた。

 

 

これまでも、同じような相談を何度も受けた。

 

 

「子どもを亡くした人に、なんと声をかけてあげたらいいのか・・・」

 

「大切な人を失った人に、なにを言ってあげたら少しでも元気になってもらえるのか・・・」

 

「余計に傷つけてしまったら…と思うと、なにも言えなくて・・・」などの数々・・・。

 

 

 

 

渓太郎を亡くして、まだ間もないころ。

 

 

 

渓太郎のお仏壇にお参りに来てくれた友人に、ふと、「渓太郎、元気にしているのかなぁ。いまごろ、きっと・・・」と私が話し始めると、友人は、少しあわてたようすで言葉を返した。

 

「悲しいこと、思い出させちゃったかな・・・。もしかして、来なければよかったかな・・・。ごめんね・・・」

 

その申し訳けなさそうな表情を目にすると、私の中からもまた、申し訳けなさがこみ上げた。

 

「ううん。そんなことないの。お参りに来てくれてありがとうね」

 

そう言うのと同時に、(渓太郎の話をすると、人に気を遣わせる・・・)と察した私は、しゃべりかけた話の続きを飲み込んだ。

 

 

 

 

そんな私に、6年前、「渓太郎くんの話を聴かせてくれてありがとう」と言ってくれた人がいた。

 

「聴いてあげる」でもなく、「わかってあげたい」でもなく、渓太郎のことを語り続ける私の話にただ、ただ心と耳を傾けてくれたあと、「聴かせてくれてありがとう」・・・と。

 

そして、それからしばらくしたある日。

 

その人は私にこんな言葉をかけてくれた。

 

―――「渓太郎くんと出逢わせてくれてありがとう」

 

 

その言葉を聞いた瞬間、ハッとした。

 

 

『肉体を離れてもなお、渓太郎は誰かと出逢い、新たな人間関係を築いている・・・

 

渓太郎の人生は、現在進行形で動いているのだ』・・・と。

 

 

 

 

我が子を亡くした私の場合。

 

時には、「自分は子どもを亡くした経験がないから、その悲しみをわかってあげられなくてごめんね」と言ってくれる人もいるのだけれど、渓太郎を亡くす前は、私も同じ・・・子どもを亡くす悲しみを知らない人。

 

だから私は、これまで一度も、「渓太郎を亡くした悲しみをわかってほしい」と思ったことがない。

 

わかろうとしてくれることよりも、その人の立場のままで渓太郎と出逢い、その人のままで何かを感じてもらえることがなによりうれしい。

 

だってそれが、本当の、人と人との出逢いだと思うから・・・。

 

↑↑クリックしていただくと、「その人」=さらちゃんのブログをご覧いただけます

 

~こちらのブログはリブログしていただいて構いません~

平成31年度 PTA講演会のご依頼を受け付けております

 

 

中村美幸 2冊目の著書 「その心をいじめないで」


出版元・龍鳳書房より直接購入で送料無料!
こちらのページよりご注文ください

※送料150円となっていますが、実際には送料無料でご購入いただけます


こちらより、Amazonからもご購入いただけます