=*= お知らせ =*=

◎7月21日(日) ~ありのままを抱きしめる~いのちのおはなし会in安曇野

ドキュメンタリー映画「がんと生きる言葉の処方箋」にもご出演されている斉藤智恵美さん主催による「いのちのおはなし会」が、安曇野にて開催されます。(もしよろしければ、映画の予告編もご覧ください  ⇒  「がんと生きる言葉の処方箋」)

時間:13時~15時半

場所:蔵レストラン 清雅
参加費:3000円(ケーキ代・飲み物代含)
 

 

◎9月27日(金) 母子(ははこ)の心を紡ぐおはなし会 「我が子への愛は、いつでも両手の中に溢れてる」@静岡

時間:10時~12時

場所:静岡市内
その他の詳細については、決まり次第お知らせいたします。

 

その他、講演会などについてのご質問・お問い合わせはこちらよりご連絡ください。

 

中村 美幸オフィシャルサイトはこちら

 

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~~*

こんにちは。幸せを運ぶ語りびと 中村美幸です。

ご訪問下さり、ありがとうございます。

このブログでは、小児がんを患った長男(渓太郎)との闘病、別れを通して知った「幸せ」や「愛」、「命」「生きること」について綴らせていただいています。

・~・~・~・

 

一人ひとりの瞳をじっと見つめて、魂の叫びのような声で語る私の目を、決してそらさない生徒のみなさん。

 

溢れる涙を拭いながらも、下を向くことなく、じっと私の話に心を傾けてくれる生徒のみなさん・・・・・・。

 

 

7月6日、「豊野高等専修学校」にて講演をさせていただきました。

 

 

「私たちは、自分が存在する意味や、自分の価値を感じられないことも多い。もしかしたら、それを感じている人の方が少ないのかもしれない」

 

そう言うと、生徒の皆さんはさらに食い入るように私の方を見つめました。

 

次の言葉を待つ生徒の皆さんに、私は、「人の存在そのものが愛の塊なんだよ」と教えてくれたひとりの少女の生きる姿をお伝えしました。

 

 

ベッドに横たわる意識が鮮明でない少女に、かわいい着物をかけるお母さんの姿。

 

「かわいい!かわいい!」と言いながら、何枚も写真を撮るお母さん。

 

 

その姿を見た私は、心が目を覚ましたかのようにハッとしました。

 

 

(人はただ、ここに生きているだけで、こんなにも誰かを幸せにすることができるんだ・・・。

 

人は、ここにいるだけで、こんなにも大きな価値があるんだ・・・)

 

 

 

その母子の姿が、私にはっきりと教えてくれたのです。

 

 

人の価値や生きる意味は、自分一人で決めるものじゃない。

 

自分では、価値や生きている意味が分からなくても、必ず誰かが見出してくれているのだと・・・。

 

 

 

まっすぐに私を見つめる生徒のみなさんの瞳と、たくさんの涙・・・

 

そして、校長先生の後について退場する私の姿を目で追いながら、拍手を送ってくださるその姿を見ていると、

 

渓太郎との闘病当時、暗闇だった私の心に光を照らしてくれた腫瘍科病棟の子どもたちの生きる姿が、すぐ目の前にいる「豊野高等専修学校」の皆さんの心にも光を灯してくれたのだと感じました。

 

 

 

本当に素晴らしい出逢いでした。

 

 

 

豊野高等専修学校生徒のみなさんが、足元に散りばめられたたくさんの幸せを見つけてくれますように・・・

 

心の奥にある愛に、光が照らされますように・・・

 

 

 

~こちらのブログはリブログしていただいて構いません~

平成31年度 PTA講演会のご依頼を受け付けております

 

 

中村美幸 2冊目の著書 「その心をいじめないで」


出版元・龍鳳書房より直接購入で送料無料!
こちらのページよりご注文ください

※送料150円となっていますが、実際には送料無料でご購入いただけます


こちらより、Amazonからもご購入いただけます