=*= お知らせ =*=

◎7月21日(土) ~ありのままを抱きしめる~いのちのおはなし会in安曇野

ドキュメンタリー映画「がんと生きる言葉の処方箋」にもご出演されている斉藤智恵美さん主催による「いのちのおはなし会」が、安曇野にて開催されます。(もしよろしければ、映画の予告編もご覧ください  ⇒  「がんと生きる言葉の処方箋」)

時間:13時~15時半

場所:蔵レストラン 清雅
参加費:3000円(ケーキ代・飲み物代含)
 

 

◎9月27日(金) 母子(ははこ)の心を紡ぐおはなし会 「我が子への愛は、いつでも両手の中に溢れてる」@静岡

時間:10時~12時

場所:静岡市内
その他の詳細については、決まり次第お知らせいたします。

 

その他、講演会などについてのご質問・お問い合わせはこちらよりご連絡ください。

 

中村 美幸オフィシャルサイトはこちら

 

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~~*

こんにちは。本当の愛と幸せを届ける講演家 中村美幸です。

ご訪問下さり、ありがとうございます。

このブログでは、小児がんを患った長男(渓太郎)との闘病、別れを通して知った「幸せ」や「愛」、「命」「生きること」について綴らせていただいています。

・~・~・~・

 

「うわ~!生まれてきてくれてありがとう!!」

 

渓太郎を出産した直後、あまりにもかわいいその姿を目にした瞬間、私の心の奥からブワッと湧き上がった我が子への愛情。

 

なにも持たず、なにもできない、裸んぼうの渓太郎に私は、「ありがとう」、「ありがとう」と、ただその「存在」に感謝した。

 

 

その時の私は、「すごい人になってね」とか、「なにか特技を身につけてね」とか、「人より優れた人生を送ってほしい」とか・・・

 

母としての一方的な期待も、願いも持たずに渓太郎を迎え入れた。

 

まして、「お母さんより長く生きてね」とも、「重い病気にならないでね」とも、思うはずもなく・・・。

 

 

 

渓太郎に先立たれたとき。

 

飲み込まれそうな悲しみと寂しさに襲われながら、それでも、私より先に旅立った渓太郎の人生を許すことができたのは、出産直後につぶやいた「あの一言」を思い出したからだ。

 

 

―――「生まれてきてくれてありがとう」

 

 

「私のもとに生まれてきてくれた・・・」それだけで十分だったのに、500日も一緒に生きてくれたのは、プラスアルファの幸せだったのかもしれない・・・と。

 

 

 

 

昨日開催された「足もとに光を照らすお話し会」@金沢では、忘れていた大切な記憶を思い出されたお母さんがいらっしゃいました。

 

 

「生まれたときには、ただ生きていてくれればいいと思っていたのに・・・。

 

いつの間にか、そんなことは忘れて・・・」

 

 

そんな言葉に続けて、現在の子育てのようすをお話しくださったそのお母さんは、会が終了すると、少しソワソワした様子で出口に向かって歩きながら、こんな言葉を残してくれました。

 

 

「早く家に帰って、子どもを抱きしめたいです。

 

そして、『生まれてきてくれて、ありがとう』って、言いたい・・・」・・・と。

 

 

胸の奥深くに隠れていた、大切な、大切な愛に光が当たったお母さんの顔には、少し照れたような優しい笑顔が浮かんでいました。

 

 

 

日々の忙しさが積もっていくと、いつの間にか見えなくなってしまうものが幾つもあります。

 

心の根底にある大切な人への愛や、自分への思いやりも・・・。

 

 

けれど・・・

 

 

「見えなくなっている」ということは、「ある」ということ。

 

 

だからこそ、心に光を照らすことができたら、誰かに教えてもらわなくても見つけることができるはず。

 

 

大切な人への愛も、自分への愛も・・・。

 

 

 

顧客の皆さまと、その方のご家族・ご友人の幸せをただただ願い、「足もとに光を照らすお話し会」を開催してくださったソニー生命の原田さん。

温かな時間と、幸せなご縁を繋いで下さり本当にありがとうございます。

 

 

~こちらのブログはリブログしていただいて構いません~

平成31年度 PTA講演会のご依頼を受け付けております

 

 

中村美幸 2冊目の著書 「その心をいじめないで」


出版元・龍鳳書房より直接購入で送料無料!
こちらのページよりご注文ください

※送料150円となっていますが、実際には送料無料でご購入いただけます


こちらより、Amazonからもご購入いただけます