中村 美幸オフィシャルサイトはこちら

 

【講演会・おはなし会の情報】

☆「いのちと心のおはなし会」@半田市

<日時>6月9日(日) 10時から13時< (延長する場合があります)

<場所>半田クラシティ3階市民活動ルームABC 

<参加費>3,000円 

【お申し込み先】ハンドメイドスマイルクラブ新美佳子 

 (TEL)080-6955-1214  (メールアドレス) h_h8524y_y@ezweb.ne.jp 

留守電切り替わった場合は、番号とお名前を残していただければ、折り返えさせていただきます。 ※残り1席です。 

 

☆「幸せは足元に落ちている」~我が子を看送る時間の中で~@東京・長野

【東京】5月19日(日) 14時~16時半(開場13時45分)

<場所>かん芸館(荻窪)

<入場料>3,500円(小学生~高校生500円)

 

【長野】6月22日(土) 14時~16時半(開場13時45分)

<場所>長野リサイクルプラザ多目的ホール

<入場料>2,500円(小学生~高校生500円)

東京・長野ともお申し込みはこちらから

 

 

その他、講演会等についてのご質問・お問い合わせはこちらよりご連絡ください。

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~~*

こんにちは。本当の愛と幸せを届ける講演家 中村美幸です。

ご訪問下さり、ありがとうございます。

このブログでは、小児がんを患った長男(渓太郎)との闘病、別れを通して知った「幸せ」や「愛」、「命」「生きること」について綴らせていただいています。

・~・~・~・~・

 

「どうして、私の子が・・・」

 

 

渓太郎の身体を蝕んでいたのは、世界的にみてもほとんど症例のない、希少がん。

 

しかも、生存例は・・・ゼロ。

 

 

「世界的に見ても稀な病気が、なぜ渓太郎に・・・」

 

 

いくら考えても、その理由は見つからず・・・

 

だからなおさら、現実を受け止めきれるはずもない。

 

 

「渓太郎は、死ぬのか・・・」

 

「私の目の前からいなくなるのか・・・」

 

 

生きるために生まれてきた渓太郎が、わけもなく殺されるような気さえしてきて、必死に追い求めた発病の理由。

 

 

「どうして、私の子だったんだろう・・・」

 

「なぜこんな病気に・・・」

 

 

考えれば考えるほど意識は遠のき、ふわふわと宇宙のかなたに飛んでいくような感覚に陥った。

 

付き添い看護中は、そんな感覚にはまることがよくあったのだけれど、意識が自分から離れると自然と心の痛みも遠のいて、無感情のまま現実を眺める、もう一人の自分が現れた。

 

 

そして、その日、ただ現実を眺めているもう一人の自分の頭の中に、ふと、切なそうにつぶやいた医師の言葉がこだました。

 

 

 

「誰のせいでもありません。たまたま、渓太郎くんだったんです・・・」

 

 

 

すると、次の瞬間。

 

私の心に、無感情な言葉が湧き上がった。

 

 

 

「それって・・・自然淘汰・・・」

 

 

 

我に返ってから、そんな言葉が自分の中から湧き上がったのかと思うとゾッとしたのだけれど、実は、この言葉こそが、現実を受け入れるきっかけにもなったのだ。

 

 

 

母としての自分から離れ、「自然淘汰」という言葉を聴いた時・・・。

 

大自然の中の一部として渓太郎は存在しているのだと気が付いた。

 

それは、渓太郎だけでなく、誰もがその一部として在るのだと・・・。

 

そして、一人ひとりが全体のためにバランスを取り合っている・・・だからこそ・・・

 

無駄な「生」などないように、無駄な「死」だって存在しない・・・と。

 

 

 

それが、ようやくたどり着いた「答え」。

 

 

 

「どうして、私の子が・・・」と考えていたら、まったく見えなかった答えを、やっと見つけられた気がした。

 

 

 

 

「自然淘汰」

 

 

母としての私にとっては、残酷な言葉。

 

・・・けれど、

 

個人を超え、すべての「生」と「死」にかけがえのない意味を与える、尊い言葉なのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

*~ こちらのブログは自由にリブログしていただいて構いません。 ~*~

 

 

平成31年度 PTA講演会のご依頼を受け付けております

 

 

中村美幸 2冊目の著書 「その心をいじめないで」


出版元・龍鳳書房より直接購入で送料無料!
こちらのページよりご注文ください

※送料150円となっていますが、実際には送料無料でご購入いただけます


こちらより、Amazonからもご購入いただけます