中村 美幸オフィシャルサイトはこちら

 

【講演会・おはなし会の情報】

☆「いのちと心のおはなし会」@半田市

<日時>6月9日(日) 10時から13時< (延長する場合があります)

<場所>半田クラシティ3階市民活動ルームABC 

<参加費>3,000円 

【お申し込み先】ハンドメイドスマイルクラブ新美佳子 

 (TEL)080-6955-1214  (メールアドレス) h_h8524y_y@ezweb.ne.jp 

留守電切り替わった場合は、番号とお名前を残していただければ、折り返えさせていただきます。 ※残り1席です。 

 

☆「幸せは足元に落ちている」~我が子を看送る時間の中で~@東京・長野

【東京】5月19日(日) 14時~16時半(開場13時45分)

<場所>かん芸館(荻窪)

<入場料>3,500円(小学生~高校生500円)

 

【長野】6月22日(土) 14時~16時半(開場13時45分)

<場所>長野リサイクルプラザ多目的ホール

<入場料>2,500円(小学生~高校生500円)

東京・長野ともお申し込みはこちらから

 

 

その他、講演会等についてのご質問・お問い合わせはこちらよりご連絡ください。

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~~*

こんにちは。本当の愛と幸せを届ける講演家 中村美幸です。

ご訪問下さり、ありがとうございます。

このブログでは、小児がんを患った長男(渓太郎)との闘病、別れを通して知った「幸せ」や「愛」、「命」「生きること」について綴らせていただいています。

・~・~・~・~・

 

転移した腫瘍によって、渓太郎の両方の肺は水浸しになり、体内の酸素量が低下したままの状態が続いた。

 

 

 

「苦しい」とも、「痛い」とも訴えることができない、まだ1歳の渓太郎。

 

 

それまで、嬉しい時にはニコニコとほほ笑み、おもしろい時にはケラケラと声を立てて笑い、なにか気に入らないことがあると顔を真っ赤にして泣くだけの渓太郎には、まだ、顔をゆがませるだけの表情筋は発達していなかったのか・・・

まるくツルンとした顔をしたまま目をつぶり、少し開いた口から「ハア、ハア」という、荒い息を吐き出した。

 

 


渓ちゃん・・・

 

苦しいよね・・・

 

辛いよね・・・

 

 

 

しゃべることもできず、表情で訴えることもない渓太郎の胸の内をそう代弁すると、心をキューっと絞られるような痛みが走った。

 

そして、渓太郎の姿を自分に置き換えたとき、思わぬ言葉が心に響いた。

 

 

 

「もう、楽になりたい・・・」

 

 

「もう・・・あっちの世界に行きたい・・・」

 

 

 

 

きっと渓太郎も、そんなことを思っているだろう・・・。

 

 

 

 

翌日も、まったく変わらない状態の渓太郎を見つめていると、またあの言葉が心に響く。

 

 

 

 

「もう、楽になりたい・・・」

 

 

「もう、あっちの世界に行きたいよ・・・」

 

 

 

 

そして、その日の夕方。

 

 

渓太郎は私の腕の中で、荒い呼吸を止め天国へと旅立った。

 

 

 

 

(渓ちゃん、もう苦しくないね・・・)

 

 

(やっと楽になれたね・・・)

 

 

 

無意識につぶやいた言葉が、胸の中にドスンと落とされた深い悲しみを優しく包み込んだ・・・

 

次の瞬間。

 

 

 

重い心の中に、かすかに光が差した。

 

 

 

(今、渓太郎の願いが叶ったんだ・・・)

 

 

 

 

 

最期の「痛み」は、この世への執着をそっと手放させてくれる、救いのギフトなのかもしれない。

 

そして、

 

次の世に旅立ちたいという願いを創造する、祈りのギフトなのだろう。

 

 

 

 

渓太郎の最期を見届けて以来、ふと、思う。

 

できることなら私も、この世を旅立つ前に「痛みのギフト」を与えてほしい・・・と。

 

執着を手放し、願いを叶えてくれるための「痛みのギフト」を・・・。

 

 

 

 

*~ こちらのブログは自由にリブログしていただいて構いません。 ~*~

 

 

平成31年度 PTA講演会のご依頼を受け付けております

 

 

中村美幸 2冊目の著書 「その心をいじめないで」


出版元・龍鳳書房より直接購入で送料無料!
こちらのページよりご注文ください

※送料150円となっていますが、実際には送料無料でご購入いただけます


こちらより、Amazonからもご購入いただけます