【講演会・おはなし会の情報】

 

☆「いのちと心のおはなし会」@半田市

<日時>6月9日(日) 10時から13時 (延長する場合があります)

<場所>半田クラシティ3階市民活動ルームABC 

<参加費>3,000円

 <お申し込み先>ハンドメイドスマイルクラブ新美佳子  (TEL)080-6955-1214  (メールアドレス) h_h8524y_y@ezweb.ne.jp 

留守電切り替わった場合は、番号とお名前を残していただければ、折り返えさせていただきます。 

※残り1席です。 

 

☆「幸せは足元に落ちている」~我が子を看送る時間の中で~@東京・長野

【東京】5月19日(日) 14時~16時半(開場13時45分)

<場所>かん芸館(荻窪)

<入場料>3,500円(小学生~高校生500円)

 

【長野】6月22日(土) 14時~16時半(開場13時45分)

<場所>長野リサイクルプラザ多目的ホール

<入場料>2,500円(小学生~高校生500円)

 

東京・長野とも、お申し込みはこちらから

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~~*

こんにちは。本当の愛と幸せを届ける講演家 中村美幸です。

ご訪問下さり、ありがとうございます。

このブログでは、小児がんを患った長男(渓太郎)との闘病、別れを通して知った「幸せ」や「愛」、「命」「生きること」について綴らせていただいています。

・~・~・~・~・

 

シワひとつない、ピンと張ったシーツの上に寝かされた祖父を目にした私は、まだ知りたくもない現実を見せられた気がした。

 

 

「人って、死ぬんだ・・・」

 

「死ぬと、本当に動かなくなるんだ・・・」

 

 

それは10歳の私が直面した、人生初めての「死」

 

悲しいというより、ついこの間まで話したり、動いたりしていた身体が動かないことに怖さが募った。 

 

 

 

祖父が他界してから約10年後、今度は祖母が他界した。

 

 直面した2回の「死」を頭では理解していたものの、それほど実感がわかなかったのは、遠く離れて暮らしていたためか・・・。 

 

 

 

そして、その次に私に待ち受けていたのが、まさか・・・

 

我が子の「死」だったとは。

 

 

 

遠く離れた幻想のようなものだった「死」が、突如として舞い降りてきた渓太郎の小児がん発病と他界よって、私の人生の中心に切り立った。

 

 

続々と湧きあがってくる、問い、問い、問い・・・。 

 

 

「どうせいつかは死ぬのに、人はなぜ生きるんだ・・・」 

 

 

「死ぬとどうなるのか・・・」

 

 

 「渓太郎は今、どこにいるんだ・・・」

 

 

 

心を突き刺す疑問をなんとか封印しようにも、納まりきれるはずもない。

 

あふれかえった問いの答えを誰かに求めても、身辺を探しても、死んでしまった現実だけが胸に突き刺さる。

 

 

そして・・・

 

 

(もう、どうなってもいいや・・・)

 

 

(どうせ渓太郎がいない人生なんて、生きていても仕方ないのだから・・・)

 

 

投げやりな気持ちでダイブしたのは、真っ暗闇の心の中。

 

 

 

どうせいつかは死ぬのに、人はなぜ生きるんだ・・・

 

 

 渓太郎は今、どこにいるの・・・

 

 

 

すると・・・

 

 

 

真っ黒だった心のスクリーンに映し出されたのは、寝たきりの状態になった渓太郎にピッタリと寄り添い、子守唄を唄う自分の姿。

 

そっと頭をなでながら、眠っている渓太郎を見つめる私の目には、ただただ愛おしさが溢れていた。

 

 

 

「渓ちゃん、渓ちゃん、大好きよ」

 

 

「渓ちゃん、渓ちゃん、かわいいね」

 

 

もう一緒に遊ぶことも、おしゃべりすることもできない渓太郎に向かって唄い続ける自分の姿の中に、ずっと欲しかった答えが映し出されていた。

 

 

 

そうだ・・・理由なんて必要ないんだ・・・。

 

 

人はただ、そこにいる・・・それだけでいい・・・。

 

 

人の存在そのものが愛を生み出す・・・。

 

 

「存在=愛」

 

 

 

捨て身でダイブした暗闇の底にあったのは、あったかい愛の温もりと、肉体を手放しても変わらずそこにある渓太郎の「存在」だった。

 

 

 

 

否応なく与えられた我が子との死別経験によって私は、もっとも尊くて、あたたかい「存在=愛」を教えてもらったのだけれど・・・

 

きっと・・・

 

渓太郎の小児がん発症と言う現実がなければ、私は「死」と向き合い、真っ暗闇にダイブすることなどなかっただろう。

 

愉快な気持ちになったり、楽しい気持ちになったりするはずもない「死」から、できる限り目をそらして生きていたに違いない。

 

 

しかし・・・

 

 

私が経験したような現実に直面したわけでもないのに・・・

 

あえて「死」に目を向け、そこにある悲しみやさみしさに触れようとする人がいる。

 

 

「美幸さんが味わったような悲しみを、僕は知らない。けれど・・・その悲しみを知らないことに、寂しさが湧く・・・。本当のことはわからないかも知らないけれど、僕はその悲しみやさみしさを知りたい」・・・と。

 

 

私は死別の悲しみや寂しさは知っている。

 

けれど、

 

死別の悲しみを知らない寂しさを私は、知らない。

 

 

まさか、世の中にそんな寂しさが存在していたなんて・・・。

 

 

私に、悲しい現実だけが悲しみや寂しさを生むのではないのだと教えてくれた三浦 猛さん

 

天使になった子どもたちが遺してくれた「存在=愛」を誰かに繋ぐため、静かに活動を支えてくださっているお一人です。

 

こちらのブログをオフィシャルブログへと成長させてくださった陰の立役者でもある三浦さんが所属される『「存在=愛」応援プロジェクト実行委員会』による講演会が東京と長野で開催されます。

 

☆「幸せは足元に落ちている」~我が子を看送る時間の中で~@東京・長野

【東京】5月19日(日) 14時~16時半(開場13時45分)

<場所>かん芸館(荻窪)

<入場料>3,500円(小学生~高校生500円)

 

【長野】6月22日(土) 14時~16時半(開場13時45分)

<場所>長野リサイクルプラザ多目的ホール

<入場料>2,500円(小学生~高校生500円)

 

東京・長野とも、お申し込みはこちらから

 

 

 

お越しくださる皆さんと一緒に、ご自身の存在そのものが・・・

 

そして、

 

大切な人の存在そのものが愛であることを感じられたら、そんなにうれしいことはありません。

 

 

 

~*~ こちらのブログは自由にリブログしていただいて構いません。 ~*~

 

 

 

 

 

平成31年度 PTA講演会のご依頼を受け付けております

 

 

中村美幸 2冊目の著書 「その心をいじめないで」


出版元・龍鳳書房より直接購入で送料無料!
こちらのページよりご注文ください

※送料150円となっていますが、実際には送料無料でご購入いただけます


こちらより、Amazonからもご購入いただけます