【今後開催される講演会・おはなし会の情報】

2月17日(日) 「足元に光を照らすおはなし会@松本

5月19日(日) 講演会@東京

6月9日(日) 「いのちと心のおはなし会」@半田市【予定】

6月10日(月) 長野保健医療大学

6月22日(土) 講演会@長野

6月29(土) 「足元に光を照らすおはなし会」@金沢

11月9日(土) 株式会社ワイズクルー30周年記念講演

講演会・おはなし会についてのご質問・お問い合わせはこちらよりご連絡ください。

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~~*

 

こんにちは。本当の愛と幸せを届ける講演家 中村美幸です。

ご訪問下さり、ありがとうございます。

このブログでは、小児がんを患った長男(渓太郎)との闘病、別れを通して知った「幸せ」や「愛」、「命」「生きること」について綴らせていただいています。

 

・~・~・~・~・

 

「ん~・・・卒業式が終われば友だちと遊びに行ったりするかもしれないから、やっぱり買うのやめとこ・・・」

 

眉間にしわを寄せながら、ケイタイに向かって、そうつぶやくムスコ。

 

ネットショップのページが開かれたケイタイには、買おうかどうか迷っているスニーカーの写真が大きく映し出されていた。

 

「お金、なにに使うか悩むね」

 

そういうと、息子は、「ん~・・・。やっぱり、スニーカーはいいや・・・」と言ってケイタイを閉じた。

 

大学が決まった直後から始めたバイトによって、わずかながら自由に使える収入を得た息子は、その使い道をあれかこれかと悩むのが、最近の日課となっている。

 

 

 

そんな息子のようすを見ていたら、以前、誰かが言っていた言葉が蘇った。

 

―――「アルバイトを始めると、働くことの大変さを知るから、お金を大切に使うようになるよ」

 

 

うん・・・なるほど・・・。

 

 

 

確かに、以前の息子は、ほしいものがあれば何も考えることなく、私にねだった。

 

親のお財布事情など知らないのだから、なんの遠慮ない。

 

 

それに比べてアルバイトを始めた今は、なにに使ったらいいのかを考え、お金を大切にするようになったと思う。

 

 

 

しかしそれは、働くことの大変さを知ったからではなく・・・

 

きっと、息子が知ったのは、「有限」

 

 

今、手にしている限られたお金を、何のために使うのか・・・。

 

 

 

きっとこれは、命も同じ。

 

 

 

もし、命が永遠であるならば、「今」をよりよく生きたいと思うだろうか・・・

 

もし、命が永遠であるならば、大切に生きられなかった過去を後悔したり、明日に希望を見出そうと思うだろうか・・・

 

 

 

「命」にかけがえのない尊さが生み出されるのは、「有限」だからこそだろう。

 

だとすれば・・・

 

もっとも悲しい現実が、もっとも大きな価値を生み出している・・・ということなのかもしれない。

 

~こちらのブログはリブログしていただいて構いません~

 

 

平成31年度 PTA講演会のご依頼を受け付けております

 

 

中村美幸 2冊目の著書 「その心をいじめないで」


出版元・龍鳳書房より直接購入で送料無料!
こちらのページよりご注文ください

※送料150円となっていますが、実際には送料無料でご購入いただけます


こちらより、Amazonからもご購入いただけます