【今後開催される講演会・おはなし会の情報】

2月17日(日) 「足元に光を照らすおはなし会@松本

5月19日(日) 講演会@東京

6月9日(日) 「いのちと心のおはなし会」@半田市【予定】

6月10日(月) 長野保健医療大学

6月22日(土) 講演会@長野

6月29(土) 「足元に光を照らすおはなし会」@金沢

11月9日(土) 株式会社ワイズクルー30周年記念講演

講演会・おはなし会についてのご質問・お問い合わせはこちらよりご連絡ください。

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~~*

 

こんにちは。本当の愛と幸せを届ける講演家 中村美幸です。

ご訪問下さり、ありがとうございます。

このブログでは、小児がんを患った長男(渓太郎)との闘病、別れを通して知った「幸せ」や「愛」、「命」「生きること」について綴らせていただいています。

 

・~・~・~・~・

 

「どの方も、最期は大切な人の幸せだけを願います。誰かを恨んだり、憎んだりしながら旅立つ人はいませんね・・・」

 

おととい開催された「足もとに光を照らすおはなし会」で、微笑みながらそうおっしゃったのは、数年前にがんを患い、闘病中に何人もの方を見送られた一人の男性。

 

 

その言葉を聞いた瞬間、私の頭に浮かび上がったのは、数年前、大阪で講演をさせていただいた時のこと。

 

 

 

その日、早めに到着した私は会場の隅っこで、次々に入ってくる参加者の皆さんを数えていた。

 

(女性・・・女性、女性、男性・・・女性・・・)

 

(今日は、女性が多そうだな・・・)

 

そんなことを思っていると、講演時間まであとわずか・・・という時に、最後の一人が入ってきた。

 

 

車いすに乗ったその女性は、頭には深くかぶった布製の帽子。

 

力を振り絞るように車いすを操作しているその姿に、講演前、主催者の方がそっと教えてくれた言葉が蘇った。

 

 

 

「残された時間があとわずかの方がお越しになるかもしれません。がんを患っておられます」

 

 

 

 

講演が始まると、前に立つ私のところからも、その女性が肩で息をしているのが見て取れた。

 

 

(・・・大丈夫だろうか・・・)

 

 

時折女性の方に目を向けると、ただ静かに耳を傾けているその姿は、うなづく力さえないように見える。

 

 

(・・・大変な状況の中・・・どうして来てくれたんだろう・・・)

 

 

 

1時間半の講演が終了すると、私は真っ先にその女性の方に目を向けた。

 

すると、さっきまで浮かべていた力ない表情は、ふわっとした柔らかな表情に変わり、優しいまなざしで前を向かれていた。

 

 

そして、女性が会場の出口に差し掛かったとき・・・・・・

 

 

 

「安心しました。私がいなくなっても、家族はこんな風に元気に生きてくれるのだと知ることができて・・・。ありがとう」・・・と。

 

 

 

その女性が知りたかったのは、これから遺族となる家族の未来。

 

そして、女性が切に願っていたのは、家族の幸せ。

 

 

 

『あの世へは、お金も物も持っていけない』というけれど・・・

 

でも、もしかしたら、「愛」や「幸せ」、「喜び」や「温かさ」も、すべて大切な人のために遺していくのかもしれない。

 

 

そして私たちが、それを大切に受け取ることで、新たな「愛」や「幸せ」、「喜び」や「温かさ」を旅立つ者へと渡すことができるのだろう。

 

 

~*~ こちらのブログは自由にリブログしていただいて構いません。 ~*~

 

 

~次回の「足もとに光を灯すおはなし会」は、金沢にて開催されます~

 

【日時】6月29日(土) 13時半~16時 (開場13時~)

【参加費】無料

【会場】お申し込みをいただいた時点でお知らせいたします

 

「足もとに光を灯すおはなし会」はソニー生命の原田真幸さんが顧客サービスの一環として開催して下さっています。
顧客優先となっておりますが、こちらのブログを通してお申込みいただければ、受付けをさせていただけますので、ご興味がある方は以下よりご連絡ください。


 「足もとに光を灯すはなし会」のお申込み、お問い合わせはこちらよりご連絡ください。

 

 

平成31年度 PTA講演会のご依頼を受け付けております

 

 

中村美幸 2冊目の著書 「その心をいじめないで」


出版元・龍鳳書房より直接購入で送料無料!
こちらのページよりご注文ください

※送料150円となっていますが、実際には送料無料でご購入いただけます


こちらより、Amazonからもご購入いただけます