こんにちは。本当の愛と幸せを届ける講演家 中村美幸です。

ご訪問下さり、本当にありがとうございます。

このブログでは、小児がんを患った長男(渓太郎)との闘病、別れを通して知った「幸せ」や「愛」、「命」「生きること」について綴らせていただいています。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 

 

「東京は便利でいいでしょ。田舎には帰りたくなくなるね」

 

 

田んぼと畑にはさまれた狭い農道を運転しながら、夏休みを使って帰省しているムスメに、そう話しかけた。

 

すると、助手席からずっと外を眺めていたムスメが、ポツリとつぶやいた。

 

 

 

「むこうは便利だけど・・・。ここは、必要なものが揃ってる・・・」

 

 

 

「(え・・・?) ここは、近くにお店もないし、車がなければ買い物に行くことだってできないじゃない」

 

 

すると、外を眺めたまま車の窓に顔を近づけて、またポツリ・・・。

 

 

「うん・・・向こうはスーパーも近いしね。 でも、ここは、必要なものが揃ってる・・・」

 

 

「スーパー、歩いていけるしね・・・」というと、ムスメは相変わらず外を眺めたままつぶやいた。

 

 

「電車だって、一時間に何本もあるしね。 でも、ここは必要なものが揃ってる・・・」

 

 

なんだか噛み合わない会話に、とりあえずムスメのペースに合わせた私。

 

 

「そうだね・・・」・・・と。

 

 

するとムスメは、視線を外に向けたまま、いきなり声を上げた。

 

 

「山とか!」

 

 

 

「え~!!必要なものって、山???」

 

 

思わぬ答えに、爆笑。

 

 

「方向がわからないんだよね・・・。山がないと・・・」

 

 

なんだ・・・。

さっきから、山のありがたみに浸っていたのか・・・。

 

 

「それって、『長野県民あるある』じゃん」

(※山に囲まれて暮らしている長野県民は、方向を確認するのに「山」を目印にしたりするのです)

 

 

「うん。 山、大事!」

 

 

 

このやりとりのあいだ中、ずっと「必要なもの=お母さん」という返事を期待していた自分に、苦笑。

 

 

 

けれど冷静になってから、なんとか自分に言い聞かせた。

 

 

都会に行ってみて「ない」を実感したのは、山。

 

離れて暮らしていても、いつも「いる」を実感しているのが、母。

 

 

・・・ということにしておこう。

 

 

 

~こちらのブログはリブログしていただいて構いません~

 

☆新刊「その心をいじめないで」が25日に発売となり、出版記念パーティーが開催されます 

三浦企画さま主催により、出版記念パーティーを開催していただくことになりました。

その中では、私の活動をずっと見守り、支え続けてくださるステップアップ塾長のさらちゃん先生がインタビュアー役を努めて下さり、トークショーも行わせていただくことになりました。

ブログの読者さんと直接お会いし、お話をさせていただける機会になったら…そんなにうれしいことはありません。

9月17日長野駅前のホテルにてお会いできることを心から楽しみにしております。

 

詳細・お申込みはこちらをご覧ください。

「その心をいじめないで」出版記念パーティー