こんにちは。本当の愛と幸せを届ける講演家 中村美幸です。

ご訪問下さり、本当にありがとうございます。

このブログでは、小児がんを患った長男(渓太郎)との闘病、別れを通して知った「幸せ」や「愛」、「命」「生きること」について綴らせていただいています。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 

 

(世の中には、こんなに一生懸命に生きている人がいるんだな・・・)

 

(私が同じ状況になったとしても、きっとこんなに頑張れないな・・・)

 

 

「24時間テレビ」を見ながらそんな気持ちになっていたのは、今から21年前までのこと。

 

 

 

その後、私は初めて出産した我が子(渓太郎)に小児がんが見つかたことで、腫瘍科病棟での24時間付き添い看護生活をすることになった。

 

 

 

(これは・・・24時間テレビで見た光景だ・・・)

 

(本当に、こんな現実があるんだ・・・)

 

(こんなに頑張って生きている子どもたちがいるんだ・・・)

 

 

病棟を歩く、髪のない子を見た瞬間、そう思った。

 

現実を受け止めきれていなかった私は、「24時間テレビ」で言えば、その時はまだ視聴者側。

 

 

それから、がんが巣食った右腎を摘出し、渓太郎への抗がん剤治療が始まった。

 

 

渓太郎の髪や眉、まつげも抜けた。

 

日に日にやせ細る小さな体をだっこしながら、私は一分一秒を数えるように生きた。

 

 

「渓ちゃん、おはよう。今日も一緒にいてくれてありがとね」

 

「渓ちゃん、午後は一緒に絵本を見ようね」

 

「渓ちゃん、明日も一緒に遊ぼうね。おやすみ」

 

 

 

いつの間にか「24時間テレビ」で言う視聴者側の視点は消え、すっかり出演者側になった。

 

 

 

 

今、24時間テレビを見ながら、思う。

 

 

 

あのころの私は、一生懸命生きていたわけでも、頑張っていたわけでもないのだと・・・。

 

 

私はただ、渓太郎のために生きられることがあまりにも幸せで、その結果、いつのまにか一生懸命になれていたのだ。

 

 

もう一度、あんなふうに生きてみたい。

 

 

絶望の中にある「幸せ」が生み出した「一生懸命」は、私に生きている実感を存分に味わわせてくれて、もう二度と帰ってくることのない一秒一秒に、かけがえのない意味を持たせてくれた。

 

 

もう一度、そんな「一生懸命」を味わってみたい。

 

 

~*~ こちらのブログは自由にリブログしていただいて構いません。 ~*~

 

 

☆新刊「その心をいじめないで」が25日に発売となり、出版記念パーティーが開催されます 

三浦企画さま主催により、出版記念パーティーを開催していただくことになりました。

その中では、私の活動をずっと見守り、支え続けてくださるステップアップ塾長のさらちゃん先生がインタビュアー役を努めて下さり、トークショーも行わせていただくことになりました。

ブログの読者さんと直接お会いし、お話をさせていただける機会になったら…そんなにうれしいことはありません。

9月17日長野駅前のホテルにてお会いできることを心から楽しみにしております。

 

詳細・お申込みはこちらをご覧ください。

「その心をいじめないで」出版記念パーティー