最後の質問

先日、友人がある講演会を録音したCDを貸してくれました。

 

 

早速、車の中で聞いてみると、

 

「人生の最後の瞬間に神様がする、「最後の質問」ってなんだと思う?」

 

という言葉が耳に入ってきました。

 

 

 

(神様がする「最後の質問」かぁ・・・。)と考えていると、

 

なんだかとても大切なことがわかるような気がして、それから身近な人に同じ質問をしてみました。

 

 

 

 

 

「人生の最後の瞬間に神様がする、「最後の質問」ってなんだと思う?」

 

 

 

 

 

すると、ある人は

 

『自分の人生を一生懸命生きたかい?』 と訊かれると思う。」

 

と答えてくれて、またある人は

 

『たくさんの人を幸せにすることができましたか?』 かな・・・。」・・・と。

 

 

そして、

 

『充実した人生を生きましたか?』

 

『誰かを心から愛しましたか?』

 

という答えや、ラインで答えてくれたある人は

 

『あなたはこの人生で大切な人と出会うことができましたか?』と訊かれると思う。」・・・と。

 

 

 

 

いろいろな人に聞けば聞くほどわかってきたことは・・・

 

 

 

神様は決して、苦しかったことや辛かったことを訊いたりしない。

 

そして、

 

その人が犯してしまった罪や罰も・・・。

 

 

 

 

 

 

 

だとしたら、神様が いのちを与えた目的は、たったひとつ 「幸せになるため」 なのだと・・・。

 

 

 

 

 

 

 

そして、私は・・・。

 

 

人生の最後の瞬間に、神様からきっと、こう質問されるだろう。

 

 

 

 

 

『私がプレゼントした人生を気に入ってくれた?』・・・と。

 

 

 

 

 

 

 

今日、47歳の誕生日を迎えました。

 

神様がプレゼントしてくれたこの「いのちの時間」と「人生」を

 

ずっと、ずっと愛し続けたいと思います。

 

 

 

 

 

そして、最後の瞬間、神様に向かって満面の笑顔で答えたい。

 

 

 

 

 

『はい! とっても!!』・・・と。