• 15 Jul
    • どうする?50代のファッションの落としどころ。

      50代のお洒落ゴコロ美しい人は年を取っても美しいから、外で見かけると、つい観察してしまいます。するとその人は、服や体型が美しいだけでなく、にじみ出ているものが綺麗なのだと気づきます。自分を見てみると・・・服の好みは昭和のまま、体型も下降の一途、にじみ出ているのは生活感だけというありさまです。それでもまだお洒落ゴコロは残っているので、50代のファッションの落としどころを探りながら暮らしています。古い服・着ない服を捨てる下の画像は、服を広げて片づけはじめたころに撮っておいた1枚です。時間はかかりましたが、ここに畳んだものは、2枚を除きすべて処分しました。これからは、今の自分の身体にあう、50代らしい服を着たいです。50代の自分に似合う服とは私の思う50代の服選びの基準は、主にこの4つです。●サイズで無理しない。靴でも無理しない。●あきのこないデザインにはするが、定番にこだわり過ぎない。●パーソナルカラーに合うものにする。●骨格診断の結果に合わせる。骨格診断3タイプ骨格診断は、手首・肩・鎖骨・腰・膝・太ももの前などを確認しながら、全身のバランスと肌質などを合わせてみてくださるもの。どんな服が似合うかというアドバイスを受けられます。私は大丸百貨店のなかにある”ファションナビ”を利用しました。「ウエーブ・ストレート・ナチュラル」の3タイプに分かれますが、こだわりすぎると難しくなるので、楽しみつつ参考にしています。骨格診断を受けた人や教える人の声はこちらのテーマでも読めます。ブログ村テーマ骨格診断3タイプ生前整理や終活が、いよいよ身近になってきました。お洒落も楽しみつつ、クローゼットにも服にも呼吸させてやれるよう片づけていきたいです。服の整理、ファッション考。同世代の人の考え方は参考になります。↓ブログ村テーマ50代からのファッション断捨離・最新の人気ブログランキングランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援して下さると嬉しいです!いつもありがとうございます。

      テーマ:
  • 11 Jun
    • 50代夫婦の現実と、これから。

      夫55才、わたし54才。今日が28回目の結婚記念日だったということを、夕方、殺風景なリビングにいて思い出しました。夫も忘れていたようです。似たモノ夫婦なので夫が忘れていたことは気にならないものの、夫婦ともにこのまま大事な日をどんどん忘れていったりするのかと思うと、ちょっと切なくなりました。殺風景な部屋とこれからの暮らしこれは、単なる老化ではない気がします。片づけてモノが減りラクにはなったけれど、平凡ながらもふつうにあった日常の”張り”のようなものを、自ら減らしてしまっているような気持ちになりました。部屋も自分も閑散としているような。これはちょっとイカン。人生後半はよけいなモノを捨て、夫婦ともに身軽になって暮らしていきたいです。けれど私は、そのことばかりを考えていた気がします。まずはダイニングテーブルをいつもより綺麗に拭き上げます。そして、花はなくても楽しい夕食になるよう、いちばんいいランチョンマットを出そうと思います。捨てても大丈夫なモノとはなにか。同世代の人の考え方も読んでみてください。↓ブログ村テーマ捨てても、大丈夫だったもの50代を考え暮らすブログランキングに参加しています。下の2つのバナーをクリックして応援して下さると嬉しいです!いつもありがとうございます。 書籍を出版いたしました。「まだこれからでも間に合うと思えた」「片付けてみます」という感想を頂いております。ありがとうございます。kindle版でサンプルページが読めます(PC・スマホ・タブレット)→楽天kobo(アプリで立ち読みページへ)→amazon 今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ楽天今日からだれでも、片づけ上手。モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ

      テーマ:
  • 27 May
    • 不確かなことで悩むのをやめると、部屋も心も片付いてくる。

      墓参りに行ってきました。今日は風が強くて、線香につけた火が手の甲の側へなびいたりして熱かったです。火傷といえば、亡くなった息子は熱さや冷たさ、痛みなども感じにくい子のようでした。小さな赤い足跡を見つけ、驚いて縁側にいた息子の足をひっくり返したら、切り傷がありました。もう25年くらい前の話です。もしかしたらこのこと、前にも書いたかもしれません。いやがる息子をおさえつけて止血。そのあと、顔を床と並行にして小さなガラスの破片を見つけました。これを踏んで足の裏を切ったまま歩いていたのだと思うと、不憫という言葉だけでは表せないような気持ちになったのを覚えています。療育書を読むのに必死だった私は、食べさせたりお風呂に入れたりするだけでせいいっぱい。片づけも掃除も疎かになっていました。今ならわかります。どんなことなら、後回してにしても大丈夫か。50代になってからの片づけは体力より気力勝負だと、つくづく実感しています。「いつか使うかもしれないから捨てられない。だから、片づかない」というときの「いつか」は、とても不確かなこと。不確かな理由で悩むのはもったいないと思うようになってから、私はモノを手放すことが少しラクになりました。すっきり暮らすヒントにしているブログ村テーマ、参考にどうぞ。↓ブログ村テーマ服の断捨離・整理収納キッチンの片付け・断捨離・収納 50代を考え暮らすお久しぶりになりました。原田さよ、こと、みよっちです。みなさん、お元気ですか。私は先日、無事に、54才になりました。ここではじめて「誕生日ですー!」と明るく報告していた頃が、今はとても懐かしいです。ブログランキングに参加しています。下の四角いバナーを2つクリックしていただくと、このブログにポイントが入ります。いつも応援していただき、ありがとうございます!↓書籍を出版いたしました。amazon今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ楽天今日からだれでも、片づけ上手。kindle版でサンプルページが読めます(PC・スマホ・タブレット)→楽天kobo(アプリで立ち読みページへ)→

      テーマ:
  • 22 Jan
    • 心が波立つときは、こうして収める

      今年はじめての更新です。よろしくお願いいたします。年あけ、心がざぶざぶと波立つようなことが起こり、家事からも家からも逃げ出したくなっていました。こんな時に限って右手の調子もよくなくて、お皿は落とすし、ドアは開けきれずで唸ってしまうし。こういうときは、不満がふつふつと湧いて止まらなくなる前に、体を動かすことにしています。まず取りかかったのが、外の物置きの片づけ。むかし流行ったガーデニングで使っていたもの一切合切を処分し、だいぶスッキリしました!FC2ブログの方でも、この物置きの片づけについて書きました。↓「他人を軸にした暮らしの理想は、もう捨てようと思う」(2012年今頃の写真です。春が少しずつ近づいてくる時季なのですね)。物置きは、はじめて片付けた一昨年に比べると中身もだいぶ減り、4割収納くらいになりました。いつかはここも必要ないくらいにまで、片づけておきたいです。うちの外の物置は使い勝手が悪く、出入りする際、足元がちょっとあぶないのです。もう、そういう物置を、モノでいっぱいにはできません。最近はカーペットでつまづくことが続き、笑ってばかりもいられなくなりました。これも現実。明るくうけとめて、やれることをやるのみですね!寒いときの片づけは体が温まって良いです。なにかモヤモヤした気持ちを抱えておられる人にも、おすすめです。原因は取り除けなくても、場所がスッキリするのはたしかだし、片づけている最中は何も考えずにすむからです。終われば、気持ちに変化が出ていることもあります。すっきり暮らすヒントにしているテーマ、参考にどうぞ。ブログ村テーマ 捨てても、大丈夫だったもの50代を考え暮らすキッチンの片付け・断捨離・収納12月17日、書籍を出版いたしました。ブログで紹介して下さったみなさん、メッセージを下さったみなさん、ありがとうございます。とても嬉しかったです。手に取って頂き、何か一つでもヒントにしてもらえたら・・・と思っております。Amazon今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ楽天今日からだれでも、片づけ上手。本文中に以下の誤りがありましたことをお詫びして訂正させていただきます。■130ページ・1行目【誤】空拭き【正】乾拭きブログランキングに参加しています。下の2つバナーをクリックしていただくとこのブログにポイントが入ります。いつも応援ありがとうございます。↓

      テーマ:
  • 18 Dec
    • 50代の片づけをラクにするコツ

      50代の片づけを考えるとき、わたしは、体力よりも気力や判断力のほうが要になるとわかってきました。身体がしんどいから片づけたくても片づけられないというより、「今やるか、いつかやるか、もういっそやらないか」と判断すること自体が億劫になってしまうから、片づけられないように思うのです。こういう時は、小さな場所やモノのかたまり一つを先に片づけて、達成感をためておきます。ためた達成感をパワーに変えて、気になっている場所を片づけてきました。下の画像は2014年の夏ごろ。キッチンを片づけ時に撮っておいたものです。このときは少し頑張り過ぎたのか、あとで疲れて参りました。この時以来、片付け前には夕飯の準備をするなどして、そのあとの家事を減らしておくようになりました。年をとるにつれ、寝つきも悪くなりました。あれこれ考えてしまう、そういう時は、寝ころんだままでも出来るメールの整理をします。寝る直前まで携帯を触るのは良くないと思います。でも、答えを出せそうにもない考えごとで悶々とするくらいなら、販促メールの配信停止手続きをしてしまう方がスッキリします。捨てても大丈夫なモノとはなにか。同世代の人の考え方も読んでみてください。↓ブログ村テーマ捨てても、大丈夫だったもの50代を考え暮らすブログランキングに参加しています。下の2つのバナーをクリックして応援して下さると嬉しいです!いつもありがとうございます。 書籍を出版いたしました。「まだこれからでも間に合うと思えた」「片付けてみます」という感想を頂いております。ありがとうございます。kindle版でサンプルページが読めます(PC・スマホ・タブレット)→楽天kobo(アプリで立ち読みページへ)→amazon今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ楽天今日からだれでも、片づけ上手。モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ本文中に以下の誤りがありましたことをお詫びして訂正させていただきます。■130ページ・1行目【誤】空拭き【正】乾拭き 

      1
      テーマ:
  • 24 Sep
    • 捨てにくい物を片付ける、シンプルな4つの順番

      こんばんは。ブログ7年目に入りましたという記事に、おめでとうのメッセージを頂き、ありがとうございます。とても嬉しかったです。2010年の今ごろは気持ちがまだ沈んでいましたが、書くことによってずいぶんと助けられていたことを思い出しました。捨てにくい物のなかでも、片付けの優先順位をつけるこの夏から捨てにくかったものの片付けも始めました。まずは、かさばる物や重たい物から先に始めました。体力の衰えと、日々、競争しているからです。息子を含めた家族の写真の整理は、来年にまわそうと思います。やりたい事とやれる事には差があると知り、せっかちな私も慌てなくなりました。残す物と捨てる物を選ぶ順番まだ昼間は蒸し暑いですけど、片付けるには絶好のシーズンが間もなくやってきますね。引っ越し等がなければなかなか片づけられないような物も、思いきって処分対象として考えてみようと思っています。残すものと捨てる物を選ぶ順番は、①今いるから、残す。②今いらないが、必ず使うとわかっているから残す。③使っていないし、今後も使わないとわかっているから処分する(捨てる・売る・譲)④使わないけれど捨てない。参考にどうぞ。ブログ村テーマ 捨てても、大丈夫だったものブログ村テーマ50代を考え暮らす「使うかもしれないから残す」は除外していきます。これを残し始めるときりがないということがわかってきました。自分が思うように動けるのって、あと何年ぐらいだろう・・・そんなことは考えませんか?私はこの3年で、強く意識するようになりました。時間はかかっていますが、体はまだまだ動くので、ぼちぼち片付けていきます。ご訪問ありがとうございます。ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして下さると嬉しいです。いつもありがとうございます↓  

      1
      テーマ:
  • 18 Apr
    • 心がざわつく時こそ部屋を片付ける。

      こんにちは、みよっちです。ようこそお越しくださいました。この2年半、家の中を片付け続けて、わかったことがあります。それは、自分がどうしようもないほどケチでズボラでめんどくさがりだったということ。それを、ひた隠しにしていたこと。物には魂が宿るっていうけど、そんなことも全く信じないような人間でした。片付けていると、否が応でも過去の自分を見つめ直すことになるんですね。嫌なことも思い出すし、見たくないことも見える。けれど、物が減ってくると、解放されていくのを実感します。逆に言えば、心がざわついている時ほど手を動かしていたほうがいいということ。動けない状況にある時は、出来ることを探すだけでも違うと思うんです。来月、私も53歳になります。片づけられる時に片づけられそうなところから・・・、と思わずにはいられません。身体がお辛い方は、自分で少しずつ進めながら、片付けサービスの利用も視野に入れてみて欲しいです。費用以上の効果があると思います。気温差の激しい日が続いています。リウマチつながりのブロ友さんや、いま体調を崩しておられる方は、どうぞお大事になさって下さい。2つのブログランキングに席を残しています。「読んだよ!」と、下のバナー二つをクリックして下さると嬉しいです。     ↓     ↓ 

      テーマ:
  • 24 Sep
    • 家も自分もリセットしたいから(追記)

      (9月21日)お元気ですか。みよっちです。ご無沙汰しております。ここでの拙い記事の数々を暖かく受け入れて下さり、今も見守って頂き、本当にありがとうございます。現在、50代の片付けをテーマに、FC2でブログを書いています。http://atarasiikurasi.blog.fc2.com/「シンプルライフブログ」よかったら遊びにいらしてください。このブログを開設したのが5年前の9月18日でした。リウマチ治療も6年目に入っています。今の私にとって秋のお彼岸は、一年を振り返って”リセット”を意識する1週間になりました。50代になると、暮らしも体も節目を迎える人が多いようで、ここで書いていた時よりも読みに来て下る人が増えました。リウマチ関連の検索で来て下さっている方へ。私のリウマチは緩やかに進行していますが、寛かい状態を保っています。こちらの記事に下の項目でまとめています。【発症からの略歴】【現在のリウマチ状態】【リウマトレックス+コルベット】【血液検査数値】【暮らしの工夫】【装具作成】【トレーニング】【手のリハビリ】すでに古い情報かもしれませんが、この記事が今も一番多く読まれています。何かの参考になれば嬉しいです。↓保険適用で作るインソール 2足目 (外反母趾・開帳足・リウマチ・足底板・補装具・)私はもう以前のように「無理やりにでも踊る!」ということは出来なくなりました。息子が死んだ事実も、完全には受け入れることができていません。でも、不満も不安もありません。家の中を片付けていると部屋がスッキリするだけでなく、心からホッとできる時間が増えるからです。リセットはできなくても前向きにはなれる。そう思って、今もぼちぼちと片づけています。4か月ぶりの更新になりました。ここまで読んで頂きありがとうございました。

      テーマ:
  • 29 Oct
    • 新しいブログを始めます。

      みよっちです。ご無沙汰しています。お元気でしたか? 初めてお越し下さった方、ありがとうございます。◆ブログはこちらで新たに始めました。http://atarasiikurasi.blog.fc2.com/よかったら遊びにいらしてください。◆私のリウマチについては、こちらの記事に↓の項目でまとめています。【発症からの略歴】【現在のリウマチ状態】【リウマトレックス+コルベット】【血液検査数値】【暮らしの工夫】【装具作成】【トレーニング】【手のリハビリ】

      テーマ:
  • 21 Jun
    • もう、それごと捨てればいいんじゃないですか。

      昨日行った病院の帰り、息子が通っていた養護学校のママ友さんと偶然お会いしました。何年ぶりだったろう。「●くん、亡くなったんだってね・・・。全然知らなくて。」「こないだ、一周忌をしたところなんです。」これだけの会話をして、逃げるようにその場を去りました。普通は母校に知らせるものなのでしょうか。でも我が家はそうしませんでした。諸々の事情を考慮してのこと、といえば聞こえがいい。でも結局は、生きている私達のための選択でした。病院から帰って、娘部屋のベランダにある物置を少しだけ片付けました。めちゃくちゃ懐かしかったです。そしてめっちゃくちゃ暑かったですもう何年も開けていない・・・いっそ、物置ごと捨ててもいいんじゃない?置いておく理由なんてあるかな?・・・・物置ごと捨てる勇気はまだないです。だけど、どう思われるかより、どう思うかの方を優先する気持ちは固まってきました。

      テーマ:
  • 27 May
    • ご報告ふたつ ◆ 自宅で息子の一周忌をしました、他。

      みよっちです。おはようございます。息子の一周忌、無事に自宅にて終えることが出来ました。思い出して泣いていたのは前夜まで。疲れました。とても。ブログを書きながらひたすら1階部分を片付けてきたわけですが、最後の方は散らかっている場所をどうにかすることより、お出迎えの作法について迷いが出ていましたから。「あっという間だったわね」と声をかけられることが多かったです。ありがたかったけれど、実際は答えに窮しました。昨日のことのように生々しく思い出すこともあれば、もっとずっと遠い場所で起きたことのように感じる時もあるからです。命には階級がある。生まれてくるとき、親も場所も自身の身体も選べない。同じ重さだなんて、思えない。息子は果たしてその23年半の人生で、「楽しい」と感じる時間をどれほど持てたんだろう。母親が私でなければ。あの時ああしていれば。こればかりを繰り返し考えてきました。でも、家が少しずつ片付いていくと、その気持ちに変化が出始めました。一番の助けは、ここで知り合ったブロ友さん達や、同じ片付けブログを書いている人たちの頑張りに触れられたこと。皆さんそれぞれが、何かを抱えながら奮闘しておられる。ほんとうに勇気づけられました。画像は、前日の予行練習での一コマ。 いやしかし、座布団の柄が反対向いてる!当日の私はバタバタしてて、ゆっくり何かを思う余裕はありませんでしたが、4人の甥っ子たち(3歳から10歳)の笑顔と元気さに救われていました。もう一つのご報告。4月半ば、娘が内定を頂きました。勤務先が遠くになる可能性はありますが、研修中の2か月は自宅から通います。期間限定かもしれませんが、再び一緒に暮らすのです。今後は時々帰省するであろう娘とやり取りしながら、片づけていこうと思います。長くなりました。今日も読みに来て下さってありがとうございます。息子!お母さんは、がんばるよ。何があっても、続ける。

      テーマ:
  • 01 Feb
    • 荒れる子供。 求められない親。

      昨夜は、いつもより早く帰宅した夫と「ごちそうさん」のあらすじを予想しながら「プレデターズ」を見るという、ちょっと前までは考えられなかったようなひと時を過ごしていました。金曜ロードSHOW! 次週は「ツナグ」 だそうです。その予告を見ただけで息子を思い出し、泣けて泣けて。駄目だなぁ、いつまでもこんなじゃ。でもね、目の前をウロウロ歩いてる姿が見えたような気がしたんです!移動するごとにヒュッと鼻先を風が撫でるような感覚も。今までもこれから先も、そういう気持ちになんか一生ならないと思ってたんだけど、その自分の凝り固まった考え自体、どうでもよくなりました。すんなり。 子供から求められている実感を得られない親は、どんなことをされてもその子を愛することでしか自分を肯定していく道はない。子供が荒れるのは、母親の私が至らないせい。私じゃなければきっと、この子はもっと成長できるのではないか。伸びしろを潰しているのは私。ずっと、そう思っていました。健常な子供を育てている家庭が、羨ましくて仕方無い時期も。「私には娘もいるじゃないか」、とは思えなかった。同列になど考えられなかった。でも、そんな記憶そのものを捨てないと。もうそろそろ。 娘の部屋を片付けていて、こんなものが出てきました。そういえば前に、「可愛いでしょ?」って見せに来た記憶が。しっかりせんといかんです。    

      テーマ:
  • 13 Jan
    • 女々しくもあり。

      子供の遺影のミニチュアを、キッチンのカウンターから見える場所に置いてみた。皿を洗いながら時々顔を上げて覗く。下はまだ空っぽ。 これから少しずつやっていこうと思う。若草色は好きな色。保温機能が馬鹿になってるが、「まだ使える」と持ち歩き続けた。「それって、『使える』とは言わんだろ。」とは夫の弁。漏れなきゃいいってもんじゃないと、ようやく知った。というわけで、今日の断捨離はそれ一個。いつもの、仮置き場行き決定。ケーキセットよりマグボトルの方が安価だったことには、この際気付かないことにする。

      テーマ:
  • 29 Oct
    • 批判の理由。

      通例に背こうとすれば、たいてい批判される。ここぞとばかり群れ集う人たちが、裁きにやってくる。現実でもネットの中でも、四六時中、其処此処に転がってる話。「オレなら、ああは言わないね。」「そこまでするか?普通。」「馬鹿じゃないの?」そんなこんなを、集まったり集めたりして紙に書き、石にくっつけて投げる。後はお決まりの知らん顔。知らん顔しつつ相手が弱っていくのを見続け見届ける。まさに「村」社会。見えている人からであれば、言われたこと指摘されたことの意味も真っ直ぐに入ってくるかもしれない。だけど、噂で伝わってくる、あるいは敢えて聞かそうとして流されるそれに対しては、過剰に反応してしまう。知った相手達であればなおさら。やられれば、理由を考える。何故、気に食わないのかと。そして識る。彼らの目的。その場所で生き延びたいのなら、敵に回さず頷くのみ。流れに任せ、相手が飽きるのを待つのみ。それが出来ないなら、去るのみ。GyaO!で観た「クリミナル・マインド・第19話」両親を亡くした子供達が常識から外れた行動をとるようになり、街中の人から批判され追い込まれて行く話だった。◆捨てられなかったもの◆亡くなった父が息子にくれたキャップ ◆捨てたもの◆療育や健康に関する新聞記事のスクラップ。スクラップしたあと読んだの、今回まで一度もなかった。 今日はポイント貯めてもらった商品券を消費する。百貨店に行くか、スーパーに行くか、迷う。

      テーマ:
  • 05 Oct
    • 男友達

      何年ぶりだったろう、近所のスーパーの中で声をかけられた。 彼は夫の40年来の幼馴染だが、今回の息子の死を知らせなかった。美男子は何年経っても美男子のままだった。私達は数人のグループでよく遊んだ。ウインドサーフィンが流行ってた頃だ。海までの往復は、今の夫のではなく、彼の運転する車に乗ることの方が多かった。私と夫の結婚披露宴にはもちろん彼も来た。 今も同じ町内に住んでいるが、会わないもんだ意外と。息子が初めてこの家の窓から脱走した日、この彼をはじめ夫の幼馴染たちが必死で探してくれた。パトカーをタクシーがわりに無事帰宅した息子を見て、一緒になって喜んでくれた。あんな夜も遠い昔だ。 もう10年は経つ。買い忘れを思い出した夜、「一旦落とした化粧をまたするのもなぁ。」という気持ちを切り替え、それなりに塗りたくってから出かけた幸運に感謝した。この年になってもそんなことを思う自分が、ちょっぴりせつなくて惨めである。でも、会えて嬉しかった。

      テーマ:
  • 14 Sep
    • 人それぞれのやり方 

      家族と死別した人達の手記をある場所で読んだ。事実や感情を、出さないようにして実は見せている人、見せているようで実は出していない人、色々だ。違う経緯、立場、考え方の人と比べるべきでもないし必要もない。それぞれが出している事は全体のわずかな部分なのだから。ザワザワする気持ちが湧き出てくるとしたら、原因は相手でなく自分の中にある。お通夜の前日、静かに寝かされていた息子の横に入り、そっと抱きしめた。やってはいけないことだったかもしれないが、そうしたかった。感じたのは、愛しいとか悲しいとかではなく、畏怖に近い。身体はとても冷たかった。

      テーマ:
  • 04 Sep
    • 嘆き悲しむことを終える日に(卒哭忌)

      卒哭忌。百箇日のことをそう言うと初めて知った。息子が亡くなって100日目の9月2日、無事に終えた。実家には、嫁ぎ先とは違う宗教の祭壇があった。嫁いで数年同居し何度か経験した法事において私は、その中身をよくわからないまま、ただただ嫁としての仕事をしていただけだった。この度の息子の死によって、初めてその教えを知る機会を得たと言える。入口に立ったばかりだけど。ウロウロしてるけど。ご住職のお話によると、「大切な人を亡くし、嘆き、悲しみ、泣くことを終える日」なのだそう。続きを聞き、相槌を打ちながら、「そういえば昨日は朝から一度もメソメソしませんでした。」と返す。「一度も」の「も」あたりで鼻の奥がツンとなり、「でした。」と言い終えると同時にジワっと。雨で当日の墓参りができず、午後から仕事に行く夫を見送ったあと時間が空いた。先日から再開している手首と指の運動をしようとして、ふと指先に目が行った。ジェルネイルを乗せ続けていた頃よりずっと分厚くて丈夫そうな爪。じっと見るの、久しぶりかもしれない。 レンジでチンしたタオルで手全体を温め、甘皮を取り、軽くヤスリをかけて短めに形を整える。そして透明のこれを塗った。ストレッチをサボり硬くなってきてる手をグーっと開いてみる。ご住職のお話はこう締めくくられた。「卒哭忌はまた、今日を境に前を向いて生きていこうという日でもあります。」そう上手く切り替えられるものだろうか。過去の自分を責めることで実は逃げ道を探してる私に、そんなことできるんだろうか。・・・とは思うが、とりあえず腰を上げるぞ。おりゃっ。

      テーマ:
  • 29 Aug
  • 16 Aug
    • 息子の形見。

      画像は過去記事の中から探してきたもの。2年前の初夏。息子はこのコアラが好きで好きで、日中一時支援やショートステイの時、いつも持って行ってた。↓こうやって向かい合わせにして座ったり、↓向きが気に入らないと耳を持って直したり、↓車の中ででも見つめ合ったり。亡くなって以来初めて、本人の画像をここに貼った。そばに置いておこうと、家族の集合写真だけをまとめて入れてある箱をロフトから降ろしたのが亡くなってすぐの5月末。その箱は、いまだ蓋を開けることができず、部屋の隅に置いたままだ。昨日行った実家。仏壇の前には、この息子をはじめ、孫たちの写真がたくさん飾ってあった。その場所で、老いた母や帰省している娘とたっぷり話をしたことで、少し気持ちが動いた。このコアラは、愛用の枕とともに柩に入れた。 息子の形見として置いておきたい気持ちもあり迷ったが、それで良かったんだと今は思う。

      テーマ:
  • 31 Jul
    • 娘がくれた、2ヶ月遅れの誕生日プレゼント。

      画像は先日、娘がくれたプレゼント。今年はギリギリになって送り(贈り)そびれていたからと、四十九日の時に持ってきた。「パックはお母さんがいつも使ってるものより上等だよ~。」だそう。なんとなく息子に対して申し訳ないような気になり、いったん出したもののまたケースに入れてしまってた。娘は、いつもこういう優しい色合いの小花柄のものなどを選ぶ。私のイメージとは異なると思うんだけれど、もしかしたらこう映っているんだろうか。いや、「希望」か?こうも言ってた、「お母さん、兄ちゃんが亡くなって一気に老け込む気がする。」「維持してよ、維持。 頑張ろうね。」 月曜は結局かかりつけの病院で点滴してもらった。吐き止めと胃腸の薬をもらって帰り、夕方にはだいぶ楽に動けるようになった。ドクターには「もうちょっと早めに来ればこんなにしんどくならんかったですよ。」と言われションボリ。そりゃそうだわね。や。でも、気力でなんとかなると思ったもんだから。・・・ならなかったけど....今日は午後からリウマチの通院。吐いたとか下したとか話すと、今の日常生活のあり方についても注意されそうだ。現状維持が目標か。 厳しい課題だ。 まずは、しっかり食べないと。

      テーマ:























































































































































AD
AD

プロフィール

みよっち

自己紹介:
1963年生まれ。リウマチ確定の2ヶ月後(2010.9)からブログ開始。2013年5月、息子が亡くな...

続きを見る >

読者になる

このブログの読者

読者数: 886

読者になる

「リウマチ、手、初期…
「リウマチ、手、初期、画像」の検索で来て下さった方々へ。


現在は、FC2の方で片付けブログを書いています。良かったら遊びにいらして下さい。

「さよのシンプルライフブログ」


月別

一覧を見る

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。