開館15周年記念
田中一村展「奄美へとつづく道」

 



 1908(明治41)年、現在の栃木県栃木市に生まれた田中一村(本名:田中孝)は若い頃から南画(水墨画)に才を発揮し、東京美術学校(現在の東京藝術大学)日本画科に学ぶも中退、自らの画風を模索する日々が続きます。青龍社展や日展、院展などに発表の場を求め出品と落選を続ける中で、ついには1958(昭和33)年に奄美大島へと住まいを移し、中央画壇と距離を置き独自の画境を極めていきました。
 本展では杤木、東京における南画家としての初期から、模索を続けた千葉時代、そして南海の自然や動植物を大胆に構成した鮮烈な作風が花開く奄美時代と3つの章によって、稀代の画家が歩んだ〈奄美へとつづく道〉を辿ります。


【会期】
 2021年3月26日(金)~5月5日(水・祝)
 
【会期中の休館日】
毎週水曜日(ただし5月5日は開館)

【会場】
 奥田元宋・小由女美術館 企画展示室
 (三次市東酒屋町10453番地6)

【開館時間】
 9:30~17:00(入舘は閉館の30分前まで)
 ※3月29日(月)、4月27日(火)は満月のため開館時間を21時まで延長

【入館料】
 ●一般 : 1,000(900)円
 ●ペアチケット: 1,800円
 ●高校・大学生 : 500(400)円
 ●中学生以下 : 無料
 ※( )内は20名以上の団体および前売料金
 ※ペアチケットは一般男女ペアが対象
 ※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は観覧無料

【関連イベント】
 ●記念講演会「田中一村の世界 -南の琳派への軌跡-」
  講師:大矢鞆音氏
  (おおやともね 本展監修者、美術評論家、津和野町立安野光雅美術館館長)
  日時:3月27日(土)11時から(1時間程度)
  場所:奥田元宋・小由女美術館ロビー
  参加費:無料
  定員:20名(先着順。事前申込が必要。)
  申込方法:電話(0824-65-0010)にてお申し込みください。
  
 ●ロビートーク
  日時:4月18日(日)11時から(30分程度)
  講師:吉川昌宏(当館学芸員)

 ●満月ロビーコンサート
  日時:3月29日(月)・4月27日(火)
     各回14時から/19時から(2回公演)
  定員:50名(先着順。事前申し込みが必要)

  
【お問合せ】
 奥田元宋・小由女美術館
 ☎0824-65-0010
 URL:http://www.genso-sayume.jp/index.html

 

【関連リンク】

https://miyoshi-kankou.jp/wp-content/uploads/2021/03/2021_TanakaIsson.pdf

 

江の川のカヌーシーズン到来を告げる一大イベント!
桜杯はカヌーが初めての方も初心者講習があるので安心。
地元の方による屋台出店あり!出場選手は入浴施設「くまみ湯」が無料です!

◆来場者へのお願い◆
検温を行います。体調不良の場合は来場をお控えください。
来場の際はマスクの着用をお願いします。(競技出場時はマスクなしでもOKです。

【日時】
 2021年4月11日(日)9時~

【場所】
 江の川カヌー公園さくぎ
 (三次市作木町香淀116

【行事】
 川開き神事             9:00
 稚鮎放流              9:30
 初心者講習             10:00
 開会式              11:00
 競技開始             11:30
 閉会式・抽選会         15:00

【桜杯カヌー大会スケジュール】
 選手受付         9:30~11:00
 初心者講習       10:00~11:00
 開会式          11:00~11:30
 小学生の部       11:30~12:30
 一般の部         12:45~13:45
 チーム対抗の部    14:00~14:45
 閉会式・抽選会     15:00~15:30

【桜杯カヌー大会参加料】
 高校生以上:500円
 中学生以下:無料

【桜杯カヌー大会申込締切】
 4月8日(木)
 ※大会当日の申込み不可
 ※申込用紙・募集要項・注意事項は下部リンクよりご覧ください

【お問合せ】
 江の川カヌー公園さくぎ
 ☎0824-55-7050

 

郷土作家シリーズ12「二人の先達《平野清・尾崎平八郎》と加藤宣也絵画展」

■ごあいさつ
 自分の絵画人生で大きな影響を受けた故 平野清師と、故 尾崎平八郎師。
 小学校時代、石膏デッサンの手ほどきと。清貧を貫いた画家としての生き様と覚悟を平野さんに。芸大受験断念後、社会人として絵を続ける道の指導を受け、青麦美術会会長で、三次市文化連盟設立に尽力し、初代会長をされた尾崎さん。二人の先達(師)の画業の一端と、自分の作品(広島県美展2度の大賞作品を中心に11歳~67歳まで)を展示させていただきます。ご高覧下されば幸いです。

【会期】
 2021年3月7日(日)~5月9日(日)

【会場】
 美術館あーとあい・きさ
 (三次市吉舎町吉舎546-1)

【開館時間】
 10:00~17:00(入館時間は閉館の30分前まで)

【休館日】
 月曜日(但し、祝祭日は開館)

【入館料】
 一般:400円(300円)
 65歳以上:300円(200円)
 高校生:200円(100円)
  ※( )は20人以上の団体料金(一人当たり)
   中学生以下及び障害者手帳などの所持者と介助者は無料

【お問合せ】
 美術館あーとあい・きさ
 ☎0824-43-2231 

 

三次市民市内おでかけキャンペーン!!(第2弾)

【実施期間】令和3年2月22日(月)から4月11日(日)まで

クーポン券が利用できる期間を、令和3年4月11日(日)まで延長します。

広報みよし2月号と3月号の最後のページについていますので、ぜひご利用いただき、
お得に三次の観光をお楽しみください!!

 

~コロナを笑いで吹き飛ばそう!~
「第35回 三次さくら祭」
 三次の春を彩る「第35回 三次さくら祭」が尾関山で開催されます。
 当日の令和3年4月4日は数字で「3・4・4」が並ぶ日。そう、「みよし」の日です。
 タイアップ/共催イベントも周辺各所で開催され、盛り上げます。

 ※ご来場にあたってはマスクの着用、ソーシャルディスタンスの確保等、新型コロナ感染症防止についてご配慮のほどよろしくお願い致します。

【日時】
 令和3月4日4日(日)10:00~16:00
 (小雨決行・荒天中止)

【場所】
 三次市三次町、尾関山公園全域

【ステージイベント】
 Big Fat Mama(バンド演奏)
 HDC(ヒップホップダンスチーム)
 布野放課後子ども教室 落語グループ
 三次なぎなたクラブ(リズムなぎなた演武)
 Wガール(トークショー&ひげダンス)
 県北フォークソングクラブ(ギターアンサンブル&コーラス)
 けん玉ボーイズ(吉本興業:藩飛礼・松本&クレメンス・りょうま)
 浦田愛 フォークソングライブ
 高杉会(銭太鼓)
 三次市観光PR(きりこちゃん&きんさいエイド)
 ひまわり子ども三次神楽団

【出店・出展ブース】
 道の駅ゆめランド布野
 君田温泉森の泉
 三次グランドホテル
 備北地域協議会
 自家焙煎珈琲の店 エイコーンズ
 サーティワンアイスクリーム
 ネコのあし音
 三次市シルバー人材センター
 アカデミア・イタリアーナ・デッラ・ピッツァ
 スポーツ育成会(バーベキュー広場)
 あせひら乳業
 赤名酒造
 園芸王国パスタイム
 マツダ車展示(清心池前)

【浅野神社春季大祭】
 神事:三次浅野会主催

【駐車場】 
 尾関山公園駐車場
 加藤組駐車場            
 三次中学校グランド臨時駐車場
 三次小学校グランド臨時駐車場
 中所堤防臨時駐車場

【関連行事】
 ■夜桜ライトアップ、竹ちょうちんの灯り
  期間:3月27日(土)~4月11日(日)18:00~22:00
  場所:尾関山公園~江の川桜土手
 ■桜ロード
  期間:3月27日(土)~4月11日(日)18:00~22:00
  場所:三次町・歴みち石畳通り(住吉町~本通り~上市・栄町~太才町)

【主 催】
 三次さくら祭実行委員会   
 (一社)三次市観光協会

【お問合せ】
 三次さくら祭実行委員会(三次市観光協会)
 ☎0824-63-9268

 

人智をこえた不思議なできごと、あるいは妖怪の出現は、「事件」として捉えられ、記録、また描き出されてきました。
江戸時代に、庶民が創り出し、庶民が愛し親しんだ浮世絵もまた、妖怪事件を表現する場となりました。とくに、江戸天保年間から明治初期にかけての「妖怪錦絵」の黄金期には、さまざまな妖怪事件が描き残されています。錦絵の円熟した技術と表現力によって、風刺画や新聞錦絵のなかで、妖怪は欠くべからざる存在として活躍しました。そこからは、人々が妖怪を求めた好奇心、妖怪に求められた役割を垣間見ることができます。
本展は、所蔵の江戸・明治の錦絵を中心に、現代のヒバゴンまで、「妖怪」と「事件」をキーワードに妖怪事件簿をつづり、世相史をたどる企画展です。

【会期】
 2021年3月11日(木)~2021年6月8日(火)
   ※2021年4月29日(木・祝)から展示内容が変わります。

【休館日】
 水(ただし5/5は開館)、5/6(木)

【開館時間】
 9:30~17:00(入館は16:30まで)

【会場】
 湯本豪一記念日本妖怪博物館 企画展示室
 (広島県三次市三次町1691-4)

【入館料】
 一般:600円(480円)
 高・大学生:400円(320円)
 小・中学生:200円(160円)
 ※( )は20名以上の団体。
 ※企画展、常設展は共通のチケットです。

【同時開催】
 「日本の妖怪」「稲生物怪録」春の常設展 ▶ 2021年2月18日(木)~5/11(火)
 「チームラボ 妖怪遊園地」 ▶ 通年展示中
 
【お問合せ】
 湯本豪一記念日本妖怪博物館
 ☎0824-69-0111
 https://miyoshi-mononoke.jp

 

辻村寿三郎人形館 令和二年度後期企画展
「王女メディア」

【会期】
 令和2年9月28日(月)~令和3年4月4日(日)

【会場】
 辻村寿三郎人形館
 (広島県三次市三次町1236番地)

【開館時間】
 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

【休館日】
 毎週水曜(試行中)、12月29日~1月3日

【入館料】
 一般800円(700円)、学生400円(300円)、中学生以下無料
 ※( )内は10名様以上の団体 ※障害者手帳等ご提示の方無料

【期間中イベント】
 ■寿三郎人形が躍る!毎月第3日曜にギャラリートーク開催
  ジュサブロー工房「木綿兔」より川崎員奥先生をお招きして人形舞を披露していただきます。
 午前11時と午後2時の1日2回、人形舞のほか、展示作品の見どころ解説に加えて、舞台・芸能・歴史など興味深い談話もあります。ユーモア交じりで堅苦しくなく、観ごたえ、聴きごたえのある、あっという間の30分間です。まずは一度ご体感ください。ドキドキと感動をシェアしましょう! ※通常入館料でご参加いただけます。

【お問合せ】
 辻村寿三郎人形館
 ☎0824-64-1036

 

 三次に公共交通でお越しになる方のほとんどは、三次駅か、隣接の三次市交通観光センターに降り立つことになると思います。そこからさらに目的地までローカルバス等での移動を要する事も多いでしょうが、目的の方向や必要な時間の便に行き会わないことも少なくありません。
 そんな時便利なのがレンタサイクル。三次駅を中心に数kmのエリアに、日本妖怪博物館や尾関山・三次本通りなどの「三次町」、広島三次ワイナリーや奥田元宋・小由女美術館などの「東酒屋町」等の観光地が散在しますが、自転車で巡れば思い思いの時間で観光できます。
 また、ビジネスでお越しの方にも、レンタカーを借りるほどではないという向きには好適です。ゆっくり移動しながら三次の街をご覧いただければ、仕事以外の成果も発見できるかもしれません。
 三次ワイナリーなどのある東酒屋町等、急な坂を上る道にも電動アシストサイクルなら安心。三次市交通観光センター観光案内所にて、下記要領で普通自転車と共に貸し出しております。以前からの貸自転車に加え電動アシストサイクルを増やし、維持管理コストを加味した新料金にて6月1日から再スタートします。三次駅周辺の「ちょい乗り」移動に、ぜひお役立てください!

■設置台数(全てシティサイクル型)
  電動アシスト…2台(24インチ)
  普通自転車…2台(26インチ、24インチ)

■使用料
  電動アシスト車…4時間以内:400円、1日料金700円
  普通自転車…4時間以内:300円、1日料金500円

■利用可能時間
  8:30~17:15(三次市交通観光センター観光案内所開所時間)

■休業日
  年末年始及び季節に一度程度の催事開催日(当HPにて告知します)

■注意事項
  台数が少ない為、予約取り置きは行っておりません。当日お越しの順に貸出致します。
  複数日にまたがっての貸出は行っておりません。当日の営業時間内にご返却ください。
  ご利用中、自転車の破損・紛失・盗難などがあった場合は、利用者の負担とさせて頂きます。

■問合せ先
  (一社)三次市観光協会 TEL:0824-63-9268