宮沢隆仁 オフィシャルブログ 100年後の子どもたちのために」Powered by Ameba

宮沢隆仁 オフィシャルブログ「100年後の子どもたちのために!」Powered by Ameba


テーマ:
天皇陛下の譲位についてネットで勉強し、じっくり考えてみました。
 
■現時点では、以下のサイトにある 八木秀次氏(麗澤大学教授)の考えが、私には最もしっくり来ました。ただ、数百年先のことを考えると、いつまでも「柔軟な解釈」で済ませることは好ましくありません。皇室制度の改正はいずれ必要になるでしょうから、緻密な議論を続けるべきでしょう。
http://ironna.jp/article/3715?p=1 (以下、引用)
 
『皇室典範には「天皇が、精神若しくは身体の重患又は重大な事故により、国事に関する行為をみずからすることができないときは、皇室会議の議により、摂政を置く」(第16条2項)との規定もある。この規定を柔軟に解釈して摂政を置き、皇太子殿下に就任して頂くことも有力な選択肢の一つであろう。天皇陛下はそのまま在位されるので、これまで述べて来たような制度の大幅な見直しは必要ない。元号も変わらない。
 
憲法上の国事行為については天皇陛下にしかできないが、「国事行為の臨時代行に関する法律」によって臨時に代行できる。これまでは天皇陛下の病気療養と外国ご訪問に限られているが、要件を緩和し、国事行為の一部代行を検討してもよい。この場合も天皇陛下は在位されることから、皇室制度の大幅な見直しは必要ない。
 
天皇陛下は、ご自身が在位されることで迷惑を掛けるとお思いであると拝察するが、国民の一人としては在位して頂くだけで十分にありがたいという気持ちである。在位され、その上でご公務の負担をどのようにして軽減していくことができるかを具体的に検討していくことの方が、時間も掛からず、本当の意味で陛下のご意向にかなうのではないかと思われる。
 

■天皇陛下はご自身の健康上の不安・限界と同時に、国民にとって相応しい象徴天皇であるためにはどのような仕組みが必要かを「科学的に」検証し、先のようなお言葉を述べられたのだと思います。天皇陛下ご自身も科学者ですので、バランスのとれた考え方と思います。
 
一方で、天皇陛下の譲位を議論する「識者」の方々の意見を見ると、高齢となった天皇陛下に対して厳しすぎるのではないかと思わせる意見があります。国民の多くは、天皇陛下を激務から解放し、楽にしてあげたいと願っているはずです。
 
政治判断の中には、科学的(または医学的)センス無く議論すると、迷走してしまうイシューがたくさんあります。天皇陛下譲位の議論に参加する方々には、法的センスと政治的センスだけでなく、科学的(または医学的)センスを加味して議論して頂きたいものです。
 
 
【参考】
 
●賢い世代交代
http://ameblo.jp/miyazawa007/entry-12189976264.html
●政治家の適齢期と条件
http://ameblo.jp/miyazawa007/entry-12180654022.html
●18歳選挙権
http://ameblo.jp/miyazawa007/entry-11994685063.html
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

宮沢隆仁のブログさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース