新旧の街並みが共存する佃島を散歩 | 宮崎留美子 ~美しくなりたい女装の私~

宮崎留美子 ~美しくなりたい女装の私~

女装(ニューハーフ)がまだ認知されていないころ
から女装を続けてきました。美しくなりたい。そん
な気持ちを持ちながら女装の技術を磨いています。
そんな私の女装での散歩と旅、そして美味しいもの
の紹介などをお届けいたします。


テーマ:

あなたは、この私のブログの 番目の訪問者です

また、私のホームページ(Since1997)とブログとをあわせて  番目の訪問者となります。 ご訪問、どうもありがとうございます。

 私、宮崎留美子は、1997年から始めたホームページを持っています。途中、2015年から、コンセプトを変更してリニューアルしたことがありますが、1997年からの私のホームページへのアクセス数は、やがて200万アクセスを迎えようとしています。

この私のホームページの方も、よろしければ、ぜひご訪問下さい。

ホームページのURLは、つぎのところです。

http://miyazakirumiko.jp

この文字列をクリックしてくださと、リンクいたします。

----------------------------------------------------------------------

 東京の中央区の一角に、佃島という地名のところがあって、ここは、古くからの雰囲気が残る場所に隣りあわせて、大川端リバーシティ21という現代的な高層マンション群が共存しているところです。今回の散歩は、この場所です。

 まずは、昭和の雰囲気が残る佃島界隈を散歩してみました。地下鉄大江戸線で月島という駅で降りると、だいたい10分ぐらいのところがこのエリアになります。佃小橋という朱塗りの小さな橋が、佃島エリア界隈にかかっています。だいたいこのあたりが昭和の雰囲気を残す場所なのですが、遠景には聖路加ガーデンの高層ビルがのぞめ、新旧の景色が共存しています。途中、江戸時代につくられた住吉神社があったりして、こんなところを見学しながら歩いて行きます。

 さらに歩き、隅田川の岸辺に出ましょう。ここには散策のウォークがあり、涼しい風に吹かれながら聖路加ガーデンを対岸に見ながら散策していてきます。

 しばらく歩くと(10分ぐらいでしょうか)、パリ広場といわれているテラスにつきます。パリ広場と言われているのは、隅田川の中州のようなところでの先端部が、パリのセーヌ川のシテ島の先端部に似ているからではないでしょうか。

 写真には曇っていたためとらえられていませんが、肉眼ではかすかにスカイツリーものぞめる先端部で写真をとります。この広場の横には大川端リバーシティ21という高層マンション群が建っています。

 隅田川をゆくシーバスという高速船を背景に写真をとったり、リバーシティ21にいく階段で写真を撮ったり、このあたりはカメラで撮りたいところがたくさんありますよ。

 

 さて、この日のボトムには、今年の流行りらしいストライプ柄のパンツ、トップスはちょっと透ける生地のシャツ。黒のブラジャーがちょっと透ける感じになっています。
 帽子をかぶっての外出で、ちょっとお洒落にきめたつもりです。

-----------------------------------

女装関連のランキングに参加しています

下の2つのバナーをポチッと押してね

       にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ

宮崎留美子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス