エーゲ海のミコノス島は、女装者やゲイカップル、ヌーディストなど多様な人が集う | 宮崎留美子 ~美しくなりたい女装の私~

宮崎留美子 ~美しくなりたい女装の私~

女装(ニューハーフ)がまだ認知されていないころ
から女装を続けてきました。美しくなりたい。そん
な気持ちを持ちながら女装の技術を磨いています。
そんな私の女装での散歩と旅、そして美味しいもの
の紹介などをお届けいたします。


テーマ:

あなたは、この私のブログの 番目の訪問者です

また、私のホームページ(Since1997)とブログとをあわせて  番目の訪問者となります。 ご訪問、どうもありがとうございます。

 私、宮崎留美子は、1997年から始めたホームページを持っています。途中、2015年から、コンセプトを変更してリニューアルしたことがありますが、1997年からの私のホームページへのアクセス数は、やがて200万アクセスを迎えようとしています。

この私のホームページの方も、よろしければ、ぜひご訪問下さい。

ホームページのURLは、つぎのところです。

http://miyazakirumiko.jp

この文字列をクリックしてくださと、リンクいたします。

----------------------------------------------------------------------

 ミコノス島ってご存じですか?
 エーゲ海に浮かぶ島。エーゲ海の真珠などとも言われているようです。ここはなかなか日本からは行きにくい所です。日本からギリシャへの直行便はないので乗りつぎでギリシャまで行く必要があります。私の場合は、イタリアとギリシャをまわるというプランをたてて、まずは、成田空港からローマへの航空機に乗りました。イタリアのアリタリア航空です。ローマ、ナポリ、フィレンツェ、ベネチアと見学し、ベネチアからアテネ行きの航空機に乗りアテネに到着。アテネからは、近郊のピレウス港まで列車で行き、そこからさらにフェリーで4,5時間かかることになります。こうしてようやくミコノス島に行くことができました。ミコノス島での宿泊は、アテネから電話で予約を入れます。片言の英語でなんとかホテルを確保できました。
 でも、苦労して行けたら、行った甲斐があるところだと思います。
 エーゲアンブルーのきれいな海(熱帯の島々のエメラルドグリーンの海ともまたちがう海の色)、明るい太陽のもとでの明るい感じのヌーディストビーチ。昼、夜と、ヨーロッパ各国から、ゲイやトランスジェンダー(女装者)が集まってきて、そして賑やかなさざめきが聞こえてきます。

 1枚目・・・エーゲアンブルーの海
 2枚目・・・ミコノス島の夜、フランスとドイツの女装者と一緒に撮りました

 3枚目・・・ミコノス島で出会ったカップル

 4枚目・・・いかにもエーゲ海の島らしい、白い家並み

-----------------------------------

「 Ts’LOVE 」というトランス(女装)系のコミュニティに参加しています。下のバナーをクリックするとこのサイトにリンクいたしますが、あなたのメールアドレスやパスワードの入力がもとめられる会員制となっています。会員になるには招待制であるため、私からの招待が必要です。招待をご希望の方は、T'sLOVEから届くことができるメールアドレス(着信を有効にして下さい)を明記して、私の方にメッセージを送ってください。メッセージが届きましたら招待手続きを行います。

-----------------------------------

女装関連のランキングに参加しています

下の2つのバナーをポチッと押してね

       にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ

宮崎留美子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス