その2、ついに100回目のがんの勉強会 | がん治療の虚実
2018-07-30 20:04:32

その2、ついに100回目のがんの勉強会

テーマ:がん患者共同勉強会

昨日2018年7月29日に100回目のNPO法人宮崎がん共同勉強会の定例会が開催されました。

40人がお互い向き合って、自己紹介、近況報告、助言、相談するがん患者会というのはなかなか類を見ないのではないかと思います。
 
花束をいただくなど、思ってもみなかったプレゼントをいただいた。
少ないときは10人以下ということもあったが、最近は写真のように30〜40人ぐらいが、集まってくれるようになりました。
 
こうなると、質問コーナーと自己紹介と近況報告の時間が逼迫(ひっぱく)し、先に質問ある人を募って、大急ぎで回答し、残り時間「すいません!1人20秒で自己紹介及び近況報告時間をお願いします」と無理なお願いをするようになってきました。
それでも30分オーバーでようやく終了するぐらい。
常に新しい事をチャレンジすることをモットーとしてきましたが、さらなる改良が必要なようです。

 

ーーー新しい緩和ケアの概念を公開しましたーーー

 

 

視聴はこちらから

 

本当は2018年7月24日〜7月29日までの限定公開だったのですが、周知広報のため、そのまま継続公開としました。

がん関連学会でも絶対視聴できない、全く新しい最先端の緩和ケア理論をどうぞ。

【当方の解説】

総論編なので、まだ漠然としすぎているという批判もあります。もちろん、来月には各論編で、具体的な方策を提案しますが、おおもとの背景が理解できていないと、納得感が出てこないという問題がありました。

がん治療というのは、実はものすごく「創意工夫」が要求されるものです。

そしてそれは医療者だけでなく、患者さんや家族こそ、その源泉となるアイデアを作り上げられる存在だと確信しています。

皆さん、果たしてそこまで「創意工夫」を心がけておられるでしょうか?

やっていないのなら、今からでも、やれることはたくさんあると断言します。

一緒に研究していきましょう。

 ーーー補足ーーー

 

がん治療の虚実ブログとして、以下のリンクで現在唯一、公式推奨早期緩和ケア施設を紹介しています。

 

早期から緩和ケア外来を受けることができる5つの方法

https://soukikanwa.jp/home/palliativecare-outpatient/

 

誰でもわかる緩和ケア情報

https://soukikanwa.jp/home/

 

早期緩和ケア外来相談

https://soukikanwa.jp/home/service/

 

 

ーーーー備忘録ーーーー

 

・製薬会社講演会での医師洗脳マーケティング

・なぜ、腫瘍内科医は冷たいのか?

・なぜ、外科医は手術をしたがるのか?

・なぜ、緩和ケア医は苦痛緩和できても、希望を持たせられないのか?

・現状維持希望は退化と同じ

・リスクを恐れるリスク

・〇年再発しなかった、あるいは再発しても〇年たっても生きていることを喜びすぎてはいけない理由

・なぜ医療者と一般人が反目するのか?

・当方が政治的発言しないわけ

・がん治療の目標は勝つことではない、勝ち続けることだ。

・治療期間は治療だけが人生ではない

・病院に長くいるほど寿命が短くなります

・「その説明はすでにしました」とは?

ーーーー備忘録ーーーー

 

ーーー本日の動画ーーー

◎ 膵がん切除後、今からできることは何?#70

 

 

(20分51秒)

 

相談者は74歳男性ですい臓がんステージIVaで、切除手術はできました。術後補助化学療法も終了して、再発はない状態ですが、再発率の高さから将来を悲観しています。

ここでは膵内分泌腫瘍で肝移植までやった、スティーブ・ジョブズの考え方を紹介して、不安な人生をどう過ごしていけば良いのかという助言をしています。

 

ーーーーーーーーーお知らせーーーーーーーー

 

がん治療の虚実のYouTube動画チャンネル

2018年は新規動画登録が加速度的に増大します。

がん治療に絶対役立つ動画を見逃したくない人は

こちらからどうぞ

 

チャンネル登録のメリットは…

 

(1)新着動画をいち早く見ることができます。

 

(2)公開セカンドオピニオンYouTubeライブが始まったら、メールで「お知らせ」がきます。Facebookをやっていなくても、良いと言うメリットもあります。

 

(3)すでに見た動画が区別されますから、無駄に同じ動画を見なくてもすみます。

 

チャンネル登録して、是非ともこのブログを応援してください。

ーーーーーーーーーーーーー

次回案内

 

◎ 第32回NPO法人宮崎がん共同勉強会東京支部会

 

がん患者さんやその家族、あるいはがんについて興味ある人は誰でもご参加いただけます。

ご自身あるいは当該がん患者さんの診療情報をお持ちください。

セカンドオピニオン以上に、応用の利く助言ができると思います(ただし個別相談ではなく、出席者全員の前での助言となります)。

 

日時:2018年8月18日(土曜日) 11:00 ~ 17:00

 

場所: 『NATULUCK神田北口駅前店 3階大会議室』 

東京都千代田区神田鍛冶町3-3-3 高遠ビル3階

JR神田駅北口:徒歩3分 

 

プログラム

11:00 開場(会場準備設定含むので、自由歓談)

11:30~12:00 ミニレクチャー

「アクティブ緩和ケアとは(各論、質疑応答編)」

12:10~12:50 自己紹介、近況報告

13:00 ~15:00 質疑応答(Facebook、YouTubeライブ動画配信あり、ただし出席者の顔は写りません)

15:00〜17:00 懇親会あり(参加される場合+500円)

 

ここからお申し込み

 

 

※ 今回60人限定となり、事前登録が必要です。

先着順で60人に達すると自動的に終了となります。

当日予約無しで来られた場合、お断りすることがあります。

 

今後の東京支部会の予定日

・平成30年 9月15日 (土) 11:00~17:00  東京都 茅場町

(2時間の会場での懇親会あり)

・平成30年10月13日 (土)  11:00 〜 17:00 東京都 茅場町

(2時間の会場での懇親会あり)

 

 

◎ 第70回宮崎善仁会病院院内がんサロンは2018年8月11日土曜日13:30~

15:30です。

場所: 宮崎市新別府町江口950番地1 宮崎善仁会病院2F多目的ホール

予約不要です。

 

◎ 第100回宮崎がん共同勉強会
日時: 2018年7月29日日曜日(土曜日ではありません)
場所: 宮崎市新別府町船戸738-1
宮崎市郡医師会病院研修棟研修室。駐車場は病院

今回のテーマ: 

「がん治療で他の患者さんの体験談を参考にすると危険な理由とは?」

11:30~13:00 患者さんだけの気軽なおしゃべり会
13:00~15:00 がん専門医によるレクチャーと質疑応答
15:00~16:00 FacebookとLINEなどを使ったスマホ勉強会をします。みんなで教え合いましょう。
初めての方も気軽にご参加ください。

 

ーーーーお知らせーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

------メルマガではブログに書けない事をかくことにしました。

時々、シークレット情報とブログに書けない本音を配信します。

 

世の中がん関連ニュースは多くなりましたが、偽情報だらけです。一説によるとネット情報は半分以上が不適切出という論文もあります。

そこで、がんについてのニュースピックアップと現場の専門医としての評価と、意見を書く記事も随時入れていきます。

登録時にメルマガ創刊準備号+がん患者心得集2017年4月版(PDF)をもれなくプレゼント。

バックナンバーは無く、後でさかのぼっての閲覧は不可能なので、今のうちに登録することをお勧めします。

↓↓以下のリンクからどうぞ↓↓

メールマガジン「がん治療の虚実」創刊告示

 

------2016年7月新刊紹介--------

孤独を克服するがん治療〜患者と家族のための心の処方箋〜

孤独を克服するがん治療〜患者と家族のための心の処方箋〜

1,620円

Amazon

 

がんに悩む友人へのプレゼントとしてもご活用ください。

残念ながら近日中に絶版となるかも。

(といっても絶版にならないのは、細々と買っていただけるおかげかも)

入手不可となる前にどうぞ。
---------------------------------

Sho(がん治療の虚実)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]