近藤誠氏の誤った理論が受け入れられる背景とその不利益①予告編 | がん治療の虚実
2013-06-10 22:47:21

近藤誠氏の誤った理論が受け入れられる背景とその不利益①予告編

テーマ:近藤誠氏への反論

最近また近藤誠氏の新刊本が立て続けて発行されている。

・がん放置療法のすすめ―患者150人の証言
・医者に殺されない47の心得
・「余命3カ月」のウソ
等々

2年前に近藤誠氏への反論シリーズを当ブログに連載した。
全部で27エントリーあり、相当な分量になったが、「抗がん剤は効かない」など著作への包括的な反論を試みた。

当時、文藝春秋誌で標準的ながん治療を批判するセンセーショナルな記事が載ったことから、がん患者さんから疑念や質問に個別に対応するのは大変だと思い、簡単に参照出来るようにと作成した。

医療界からは雑誌、ブログも含め反論記事がそれなりに出ていたが、当の近藤誠氏の言動はますます盛んになっているようだ。

前回までのシリーズは医学論理的な理詰めの反論だったが、多くのがん種にわたる細かな議論は一般の方々にはなかなか理解してついて行くのは難しかっただろう。

最近の彼の著作についても同様に個別の医学的反論をしても良いのだが、再び専門的議論だけで重箱の隅をつつく事を繰り返すのもおもしろくない(もちろん多少は書くが)。

彼は自分の著作は一般向けに分かりやすく書いたと述べているが、本当の意味で理解し、正しいがん治療が認識出来る人は少ないと思う。

たとえばアインシュタインの一般相対性理論を分かりやすく解説した本があるが、一般人が読んで素直に理解するには相当な忍耐と努力が必要だ(当方はさっぱりわからなかったが)。

一方、近藤誠氏の本はがん治療について理解出来たように錯覚させるのがうまい(あるいは面倒でそのまま受け入れやすい)ので、売れるのだろう。

そこで今回は、視点を大きく変えて近藤誠氏の誤った理論が受け入れられる背景と理由について解説することにした。
彼の言動を軸に今のがん治療の問題点をあぶり出し、その上で近藤理論の欠陥も指摘したい。

なお当方は腫瘍内科医であるが、緩和ケアも主体としており、がん患者会を主催して、自分の受持以外の他病院の患者さんの意見もよく聞く立場でもある。

まずは多くの一般人が疑問に思う点とがんの臨床医としておかしいと感じる項目を以下に羅列して、それぞれ解説する予定とした。

・なぜ近藤理論が一般がん患者に受け入れられる素地があるか
・がん治療の専門化が近藤理論に利する理由
・斬新な理論のように見えるが、患者にとって最終的な有用性は高くない
・専門家を説得出来ない近藤理論の手法の問題
・なぜがん医療界は組織的に反論しないのか
・なぜ個別に反論するがん治療医が少ないのか
・製薬会社とがん関連学会、がん治療医の間に陰謀は存在するか
・がん医療が専門外だとそれなりに見識のある医師でも近藤理論に賛成してしまう理由
・近藤理論が今後がん治療の主流になり得ない理由
・近藤誠氏自身ががん関連学会内で活動しない理由(推測)
・慶応大学医学部の准教授の立場であり続けられた理由(推測)
・がん放置療法がいかにもまともに見える理由
・近藤理論でのがん治療がいずれ不幸となる理由
・一般論としての近藤理論をがん患者自身が自分に適応することの愚
・極論は身体症状が無く、まだ切迫していない患者さんの抗不安剤でしかない
・医者を敵視する患者さんの雰囲気は主治医に敏感に伝わる
・苦しまない人生というゴールを共に目指す患者と医師に、ボールの取り合いをさせる不幸な理論

(なお各項目は順番が入れ替わったり変更する可能性あり)

実は前回までのシリーズ「早期緩和ケア導入が生存期間を延長する」の論文自体が近藤理論の古さを証明していると言って良い。これについてもいずれ解説する。

--追加--
今週発売の週刊朝日6月21日号に近藤誠「医者に殺されない47の心得」の真実が記載されています。がん専門医と近藤誠氏の誌上討論が行われており、なかなかおもしろい内容です。ちょっと立ち読みしてみてはどうでしょう。

Sho(がん治療の虚実)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]