近藤誠氏への反論III②治らないと意味がない? | がん治療の虚実
2011-02-03 19:21:20

近藤誠氏への反論III②治らないと意味がない?

テーマ:近藤誠氏への反論

文藝春秋2月号で対談している立花隆氏が腫瘍増大しないのは患者にとってものすごく意味があると指摘しているように延命だけではなく、症状悪化しない事にもつながる。
記事内に効く抗がん剤がなくなったら単独承認が取り消された例のクレスチンでさえ使うという人の話の中で高額で意味不明な代替療法よりましかも、と近藤誠氏はぽろっと論理破綻した本心を吐露している。

近藤誠氏が延命しているかの様に見えるのは検査機器の発達で小さい転移が早く見つかり早めに治療開始しているためという主張は根拠がないのはすでに説明した。

各種固形がんに抗がん剤治療をしつつ、効かなくなっても途中で新規抗がん剤(分子標的薬を含む)が使用可能となり、つなぎつなぎで生き延びている患者さんも実地診療では珍しい光景ではなくなった。
生き延びても副作用が問題となるが10年前と比較すると患者さんに我慢させない意識がかなり浸透して来た(それでもまだまだ改善の余地がある⇨今後患者さん側のできる事をブログに記載します)。
治らない病気は他にもたくさんある。ただ抗がん剤治療は患者さん側にかなりの努力を要するのは事実。それでも生き延びて、充実した人生を送るためには必要な事だ。

結論
治らなくても治療でき、腫瘍増大しないことは患者にとって大きな意味を持つ

残りの反論テーマ」
・「腫瘍内科医になると患者さんの苦悶に鈍感になる」

Sho(がん治療の虚実)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]