近藤氏「抗がん剤は効かない」への反論II-②ベクティビックス | がん治療の虚実
2011-01-23 19:50:27

近藤氏「抗がん剤は効かない」への反論II-②ベクティビックス

テーマ:近藤誠氏への反論

文藝春秋2月号の立花隆氏との対談で出てきた大腸がん新規分子標的薬ベクティビックスの承認の問題が取り上げられています。
要旨は
日本でのベクティビックスの認可条件がPFS(無増悪生存期間:がんのある程度の増悪や新しい転移が出るまでの期間の事)という指標で行われている事を批判しています。
1,2次治療が効かなくなった患者さんを対象にこのベクティビックスを投与した患者さんとBSC(抗がん剤治療以外の症状緩和のみ行った患者さん)で比較した臨床試験でこのPFSの曲線がベクティビックス使った患者群の方がBSC患者群のグラフを上回っている(つまり長くがんを抑えていると言う意味)とされている。
ところが、OS(全生存期間:本当の意味での死亡するまでの期間)のグラフは両群ともほぼ重なっており、つまりベクティビックスを使っても使わなくても寿命は変わらないと主張している。立花隆氏もそのグラフを見て驚いたと言っている。
しかしこれは大きな誤認である。
立花隆氏は専門家では無いのでしょうがないが、近藤誠氏はわざと読者をあさむこうとしているのかと思うような事実を隠している(気づいていないはず無いので)。
キーワードはこの試験はクロスオーバー試験だということだ。
近藤誠氏は製薬会社の意向で抗がん剤の成績を操作していると邪推していますが(現実的には不可能に近い、理由は後日記載)、氏こそ情報操作の常習犯ではないかと思ってしまいます。
次回その根拠を記載します。

(実は雑誌記事中の以下の引用文献を読めばわかるのですが)
ベクティビックス審議結果報告書
http://www.info.pmda.go.jp/shinyaku/P201000024/400256000_22200AMX00307_A100_2.pdf
ベクティビックス承認議事録
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2010/02/txt/s0222-10.txt

Sho(がん治療の虚実)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]