近藤誠氏の「抗がん剤は効かない」に対する反論II-①コメントへの回答 | がん治療の虚実
2011-01-21 19:09:02

近藤誠氏の「抗がん剤は効かない」に対する反論II-①コメントへの回答

テーマ:近藤誠氏への反論

近藤誠氏の「抗がん剤は効かない」に対する反論まとめ<後篇>
http://ameblo.jp/miyazakigkkb/entry-10753392948.html
への、しょう 2011-01-21 02:14:01さんからのコメントいただきました。

>この車のたとえは明らかな間違い。
>車にたとえるなら、近藤氏は車社会から受ける利益は(全く?、少ししか?)ないのに、交通事故で多>くの死傷者が出ているから、車は使うなと言っているのです。
>つまり、抗ガン剤は治療効果はあるけど副作用もあるから使うなといってるのではなく、治療効果は認>められず副作用は確実にあるから使うなと主張しています。
>患者として知りたいことは、治療効果があるかないかということ。
>車にたとえるなら、車社会から受ける利益があるかないかということ。
>そこが論点

わかりやすいたとえ話をしたつもりですが、記事に受ける印象については各自様々と思います。
なのでこちらが説明した背景を書きます。
まず副作用は確実にあるから使うなという点に関してはその大いなる誤解を後日解説します。
近藤誠氏は癌が早く見つかるからその時点からの死亡までの期間が延びているだけ(リードオブタイム)で利益がないと記載していますが、その点についての反論はすでに記載しました。
近藤誠氏は最低限の根拠と思われるリードオブタイムの論文さえ挙げてません。
一方各がんに対する化学療法の延命効果は既に数多くのエビデンスがありとても覆せるとは思えません。

stage IV患者さんの生存期間中央値(MST:100人の患者さんのうち50番目の患者さんが亡くなるまでの期間)は無治療、10年前、現在の化学療法を行った患者さんで分けると胃がんではそれぞれ4か月、7か月、13ヶ月、大腸がんでは8ヶ月、15ヶ月、20-26ヶ月となっており非常に明確な延命効果が報告されています。

とここまではがん治療医はすごい進歩だと思ってしまうですが、残念ながらこれはがんと診断されたばかりの患者さんの視点ではないと気づいていない医師が多いのが大きな問題(この点は別の機会で取り上げます)なのです。

がんと診断される前は漠然と平均寿命まで生きるつもりだった人にとっては「なんだ人生80年なのにたった1年や2年の延命なら1-2%の延命効果しか進歩していないじゃないか」と思ってしまうのです。

これに関しては残念ながらその通りですと言わざるを得ません。

しかしこれは以下の重要な観点が欠如しています。

・これはMSTというワンポイントでの比較ですから、生存曲線での比較になるともっと広範な範囲の患者さんに影響するような大きな差が出てきている(参照)。
例えば胃がんであれば2年生存率となると10年間で約1割から2割に倍増している。
また大腸がんでは特に化学療法で手術不能肝転移例のうち治癒切除可能となるケースが10%前後出てきている。

・治癒不能がんとわかる前とわかった後では本人の感じる時間の大切さが全く違うことに気がついていない人(医療者を含む)が多すぎる。
気がついたら人生の終焉間近だったところをもう一度苦痛を減じ、元気な時間を持てるチャンス(抗がん剤治療)があるのは大きな意味です。
サッカー試合で言うところの終了間際の「ロスタイム」に相当するものを提供する事になるわけです。
このわずかな時間でも死を認識せざるを得なくなった患者さんにとっては計り知れない価値を持ちます(仕事の引き継ぎ、遺産相続、家族と暮らす時間など本人にとっての最重要事項を優先実行出来るという以前より遙かに濃密な時間を確保できる)。
・さらに希望が全く残されていないのとわずかでも効く可能性があるのとでは本人の感じる不幸度には莫大な差があります。これは抗がん剤が無効となった後に高額で怪しげな「代替医療」へ走ってしまう人が少なくないことからもわかることです。
前述した「副作用」や「余命」、「科学的根拠」、「効く」などの言葉は不幸な誤解を招く曲者(くせもの)医学用語で誰もその意味や定義を明確にする重要性を認識していないようです。そこで近日中にその解説シリーズを開始する予定です。

なお現時点では週刊文春の先週号、今週号の腫瘍内科医からの反論、近藤誠氏からの再反論はまだ読んでないので後日言及します。

Sho(がん治療の虚実)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]