近藤誠氏の「抗がん剤は効かない」に対する反論④ | がん治療の虚実
2010-12-23 16:04:42

近藤誠氏の「抗がん剤は効かない」に対する反論④

テーマ:近藤誠氏への反論
近藤誠氏の主張
・抗がん剤治療した患者群の生存期間が延長しているのは抗がん剤の進歩でない。抗がん剤を使わなくても手厚いケアをすると生存期間が延長するという論文があり、抗がん剤使用患者群が数ヶ月生存期間が長いのはそのためではないか

反論: 個人的な経験でも手厚いケアをするほど患者さんは長生きする印象は確かにある。緩和ケアがしっかりしていれば患者さんの精神的身体的消耗を軽くでき、希望を持たせられることが生存期間の延長につながると思われる。
近藤誠氏は臨床試験で抗がん剤を使っている患者群のほうが生存期間が延長しているのはそのためだと言っている。しかしその患者群で特にそういう手厚いケアをしているという事実があるわけではなく憶測で言っているだけだ。常識的には抗がん剤を使った群、使わなかった群で違うケアをするはずがない。抗がん剤の効果は手厚いケア程度でしかないと主張したいようだ。

Sho(がん治療の虚実)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]