がん治療の虚実

YouTube動画チャンネル登録はこちらからどうぞ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://goo.gl/NNB19C
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

19時よりがん相談飲み会です!

本日も19時よりYouTubeがん相談飲み会をします♪

 

◎がん相談飲み会(第118回)2022年8月14日(19時〜21時)

メインチャンネルでの前半配信はコチラから 

 

 

 

 

 

後半は

◎ がん相談飲み会Deep二次会(第118回)2022年8月14日(21時〜)

 

 

 

 

今回は「抗がん剤で果たして生活を守れる?」というテーマです。

後半はこちらからお送ります。

オリビア・ニュートン・ジョンさんの乳がん治療人生から希望を見出す

◎【がん専門医解説】オリビア・ニュートン・ジョンさんの乳がん治療人生から希望を見出す・有名人がん解説#40

 

 

 

(11分)

 

 

■ はじめに

───────────────────

新型コロナウイルス感染症の流行で皆さん大変でしょう。

本当に災害レベルですが、じっと嵐が過ぎ去るのを待つのではなく、是非行動してください。

・スマホでのZOOM,LINEテレビ電話

・人がいないところに行く

・4回目のワクチンは早めに

このウイルス騒動は10年続くと2年前に予言しましたが、待ちの姿勢だと人生が終わってしまいます。

 

ところで、上記の動画コメントで教えてもらったのですが、wikipediaの悪性腫瘍の項目の事です。

「末期がんとも言えるステージIV…」という大間違いのこと、今まで頻繁に動画などで訴えていたのですが、いつの間にか訂正されていました。

ほほう、遂に悔い改めたかと引用文献は何かなと思ってみると、なんと当方の監修した「がん防災マニュアル」!?ということで爆笑してしまいました。

いやいやもっとちゃんとした査読つきの医学論文から引用しないとと思いましたが、良く考えてみたら「末期がん」の医学定義は存在せず、行政用語だったので不可能だったのかな。

まあ元はといえば末期がんとステージIVを同じとした記述がwikipedia記載者の思い込みだったわけですけどね。

https://ja.wikipedia.org/wiki/悪性腫瘍#cite_note-85

(リンクが働かない場合は「悪性腫瘍+wikipedia」で検索)

 

■ 本日の有用情報

───────────────────

◎抗がん剤の副作用ケモブレインって何ですか?

がん患者で自分自身ぼけたかなと思ったり、年のせいかなと思っている人が非常に多いです。主治医がケモブレインの事を知っているか質問してみてください。

https://shinsho.kobunsha.com/n/n7f5a55b3b318

 

↑こちらのweb漫画は年末ぐらいに加筆されて書籍出版される可能性が高いです。

 

 

 

───────────────────

 

◯重粒子線無効ながん種・転移とは?・医事問題*33

 

18分53秒

・適応拡大から漏れたがん種、転移はなぜダメだったのか? ・粒子線治療の効果が期待できない病態を解説 ・粒子線治療効果があっても保険適応拡大されないがん種、転移の理由は何? ・そもそも粒子線治療が全くダメながん種は何か

 

 

◯膵がんはMRIで早く見つけられるのか?・質問回答#88

 

 

膵がんが心配でMRI検査なら早めに見つけられるのかという質問が来ました。

9分32秒

 

 

■ がんここ通信

───────────────────

 

◎がんここサブスクリプション

https://community.camp-fire.jp/projects/view/460455

※特典として過去のセミナー全部をアーカイブ視聴可能

 

▼全6回のタイトル▼

1.5/12(木)20:00~「医療者が意外と知らないがんの常識」→終了(YouTubeで視聴可)

2.5/26(木)20:00~「薬剤師が見逃しているがん患者の本音」

◎ゲストミニレクチャー/調剤薬局薬剤師・肺がん患者 脇坂匡美さん「医療用麻薬について」

3.6/9(木) 20:00~「メディカルスタッフしかできないがん治療の調整技とは」

4.6/23(木)20:00~「がん患者支援の秘策で薬剤師はもっと楽になれる」

◎ゲストミニレクチャー/ピアサポート、学校がん教育家 轟千代花さん「ピアサポートやがん教育の経験から、医師や薬剤師さんに伝えたいこと」

5.7/14(木)20:00~「患者への効果的な声かけ方法で心の重圧を軽くしよう」

◎ゲストミニレクチャー/会社経営・肺腺がん患者 白川勝さん「患者の立場で薬剤師さんに伝えたい想い」

6.7/28(木)20:00~「押川への何でも質問大会」

 

8月以降も続けています。

◎がんここサブスクリプション

https://community.camp-fire.jp/projects/view/460455

 

ーーー参加者アンケートの一部ーーー

・知識を身の回りの実践に落とし込む難しさを改めて思いました

・大腸がんの患者会がない?という話が出ました。

・抗がん剤暴露について再度勉強します。

・毎回様々な方とお話が出来るので勉強になります

・押川先生が質問にどんどん答えてくださることに、いつものことながら圧倒されています。がんここに参加し、約1年になろうとしていますが、何度か話題に上がったことだったり、聞いたことがあるなと思うことでも、理解するということが難しいと感じています。何度も何度も伺って、それを自分で実践したりして、ようやく腑に落ちるのかなと感じました。

抗がん剤の曝露の話では、医療者側のアップデートがされていないこともあるとお聞きし、がん治療のスピードの速さを感じました。押川先生が仰るように、医療者へ根拠のある資料を元に質問をして、医療者も患者もWin-Winの関係が築ければいいなと思います。

 

 

■ おしらせ 

───────────────────

「近畿大学病院がん相談支援センター ともに生きる会~公開セカンドオピニオン~」につきまして、

下記日程で開催させていただきます。

日時:2022年8月20日(土)13:30~16:00

 

-----------------------------------------------

お申込みはこちらから

https://forms.gle/XvHA6iHAnuN2n52j6

 

 

【当方のコメント】

今回は大腸がんがテーマ。

以前もあった近畿大学の公開セカンドオピニオンライブです。

大学病院の大腸癌治療最先端の研究者、医師、メディカルスタッフに匿名、顔出し無しで直接質問をぶつけられる会は他にほとんどありません。

押川もチャット欄で参入して、突き上げますので、是非皆さんも事前登録して(8月19日〆切)、事前質問を送ってください。結構な確率で回答してもらえると思います。

 

 

 

───────────────────

■ 匿名相談用LINEオープンチャットより

───────────────────

 

がんに罹患したばかりで混乱している方々を対象に、地元の様々な職種の方々と共同して匿名相談用LINEオープンチャットを作ってみました。

2チャンネルのLINE版みたいなゆるゆるの掲示板です。

この敷居の低さで、がん治療以外の困りごとについても、どこまで支援出来るか試してみようと思います。

 

◎オープンチャット「がんサバイバーの為の専門職によるサバイバル術(よろず相談室はこちらです)」での質問

 

https://line.me/ti/g2/E3g3SnUWR9YXkfjhjNs-ew?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default

 

 

◎オープンチャット「がん専門医の部屋」より質問

https://line.me/ti/g2/xTnTW-Omnx6V2gZDhV2fpg?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default

 

◎押川先生こんにちは。よろしくお願いします。

癌治療のために体力をつけることが大事だということで、女性専用30分のジム(カーブス)に入会して筋トレしてました。骨転移があったのですが、抗がん剤治療で消失したので入会して筋トレに励んでいたら腰の辺りがとても痛くなり、腫瘍マーカーも上がってるのでPET-CT検査を先日して今日結果を聞きに行きました。そしたら腰の別の場所に2箇所新たな骨転移が見られました。それで腰が痛かったのだと分かったのですが、その痛みは鎮痛薬や放射線でコントロールするとして、骨転移がある場合の筋トレや体力作りは具体的にどんなことをするといいのでしょうか?ご教示お願いします。

 

【当方のコメント】

骨転移がある場合の運動や筋トレは一度主治医に相談して、可能なら整形外科医へのコンサルト、理学療法士からのアドバイスを受けた上で病的骨折や痛み増強につながらないようなやり方を教えてもらう事が大事です。

特に体重がかかる部分は要注意で、「ねじる」動作などは危険です。

体重や力が骨転移部分にかからない範囲であれば、負担に注意しながら少しずつやっていけることが多いです。

 

◎押川先生、初めまして。

 

S状結腸癌ステージ1の所見で、腹腔鏡下結腸切除術、D2までリンパ節郭清をしました。

病理診断で

腫瘍の深さはT1、リンパ節転移1個

と言われました。

ガイドライン上は補助的化学療法を推奨しているが、どちらでも決めて良いと言われました。

再発率を調べてもステージⅢでまとめてあり、ステージⅢaのみのデータはほぼありませんでした。

先生はこの状況補助的化学療法を薦められますか?

私は42歳、重度のアトピー、軽度の喘息、繰り返す帯状疱疹、不安障害、HSP気質などあります。

術後化学療法は経口薬(4錠か5錠)2週、休薬1週を半年とのことでした。

途中で休薬の延長や減薬、中止も可能とのことでしたので、まずは挑戦してみようと思います。

 

ステージⅢ(a~c)の再発率は30%とのことですが、ステージⅢaのみの再発率というのは出ていないのでしょうか?

 

腫瘍は2.5センチ、T1、N1、M0、脈管侵襲なし、リンパ管侵襲なし、低分化等の危険因子なしです。

 

【当方のコメント】

 

持病が悪化するかどうかは注意が必要ですが、普通なら5〜7%程度再発率を下げる術後補助化学療法を一度は勧めます。

 

がんが再発したら基本的に治らないので、人生が全く変わるからです。

 

もし再発したら後で悔やむ可能性が高くなることと、キツかったら止めることも可能だからです。しかし最終的には本人の判断次第です。

 

↓を参考にしてください。

 

最良の大腸がん術後再発予防法はどうやって決まったのか?Q&A#336

 

https://youtu.be/OPIr3p9CNVA

 

ステージⅢaのみの再発率のデータはどこかにあるかもしれませんが、あまり意味がありません。そのデータの母集団背景によって変化しますし、集団としての患者データで個人の命運は実は分からないからです。

予後の良いがんであっても、残念な結果になる人もたくさんいますし、その逆も然りです。

 

 

◎痺れのお話しが出ていたので便乗させてください。

私の母は子宮体癌ステージ4bと診断され、全摘してからTC療法、DC療法を計15回行って幸いなことに寛解しました。

最後の抗がん剤投与から半年経ちます。

週2回のリハビリに行ったり近所の買い物などは1人でも行けるようになるぐらいに回復してきましたが、回復した分足の痺れが気になって仕方ないようです。

担当医にも治るとしても本当に少しずつというお話しも聞いていて私も理解しております。

高齢なこともありますし、痺れぐらいで済んでいるのなら…と思ってしまうのですが、やはり少しでも良くなったらいいなという気持ちもあります。

投薬以外に何か試してみたらという方法はございますか?

ずっと治らないと考えていた方が良いと思われますか?

ご意見を伺いたくコメントさせていただきました。

【当方のコメント】

抗がん剤による末梢神経障害はなかなか治らないのですが、年単位で考える必要があります。ただその症状に注意を向けると辛くなるので、それを気にする余裕がないところ、他に気を取られるところに行くという行動習慣が大事になってきます。

静かな夜中に耳鳴りを気にし始めるとどうにもならなくなりますが、こんなものだと思うと忘れてしまうのと同じです。

あとむしろ運動や足のリハビリをやった方が経過は良くなります。

足の症状が気になるからと言って、足を使わないと足の筋肉萎縮から転倒骨折のリスクが高まるからです。

 

◎こんにちは

30センチ大の後腹膜腫瘍を摘出し副腎もとりました

 

やっと病名がつき

脱分化型脂肪肉腫との診断がつきました

 

希少らしく色々調べようとも資料もなく…

先生ならどんな治療考えるか

この病気に関してのこと

何か教えていただきたくメッセージさせてもらいました

【当方のコメント】

以下のリンクに軟部腫瘍のガイドラインがあります。

当方も何人か治療したことがありますが、ドキソルビシンを中心に治療することが多いでしょう。

しかし患者さん側の向き合い方は他の固形がんの場合と同じと考えていいです。

https://minds.jcqhc.or.jp/docs/gl_pdf/G0001212/4/Soft_tissue_tumor.pdf

 

◎乳がんトリネガです。術前抗がん剤後、全摘手術をし、センチネルリンパ節生検は一個取り、転移なし。今は経過観察になっています。告知の時に2cmあったガンは、病理検査で2mmになっていました。同じ状況の人で、術後に放射線治療をしている人もいるようですが、放射線治療をする、しないは主治医の考えで違うものでしょうか?また、リンパ節生検は、複数取って検査する人が多いようですが、これも主治医判断によりますか?ちょっとした体の不調で、再発転移が心配になってしまいます。

 

【当方のコメント】

術後放射線照射の適応や禁忌などは個別の患者さんでかなり違ってきますので、簡単に回答できるものではありません。

実際の所は一番情報を持っている主治医以外に質問しても適切な回答にはならないでしょう。

それよりも体調不良で転移再発の心配とは切り離すべきで、心配なら受診して疑念を晴らす方が先決だと思います。

 

◎こんにちは、よろしくお願いします。

父76歳、胃がんステージ4、HER2陽性、腹膜播種あり、昨年9月から抗がん剤治療していて今のところ引き分け判定勝ち状態で1stライン継続中です。胃がんの方は落ち着いているのですが、2月くらいから膀胱炎のような症状(血尿、排尿痛、頻尿など)が続き、抗生剤で治らず、泌尿器科を受診し膀胱鏡したところ膀胱がん疑いで、その後MRI検査や細胞診をしましたが、結果膀胱がんでは無いとのこと、腹膜播種が膀胱の外から悪さをしてることも無いようで、抗がん剤治療が続いているので膀胱内部が酷く荒れてしまってる状態かもしれないと言われました。とりあえず経過観察で、排尿痛に関しては痛み止めで抑えている感じです。抗がん剤をしていて細菌感染の膀胱炎になられる方は多いと聞きますが、薬剤の影響で膀胱を痛めてしまうことはよくあるのでしょうか?

 

【当方のコメント】

抗がん剤の種類によっては出血性膀胱炎などを起こすものはありますが、それほど多いものではありません。実際に専門医の診察でも原因がはっきりしないことは良くありますし、それ以上の回答は困難です。

 

◎以前も相談のってもらったものです。

脱分化型脂肪肉腫の診断がつき

一部取り切れない腫瘍が骨や胃などについております。

ドキソルビシン単体での治療を開始しようと思いますが

主治医が腫瘍をとってしまったので抗がん剤が効いているかの効果がわかる対象物がないとのこと。

副作用のこともあるし

抗がん剤治療をしないとの選択もある。

私としては残ってる腫瘍が少しでも悪さしないようにしていきたいのですが

先生でしたらどう判断されますか??

 

【当方のコメント】

切除できなかった残存腫瘍があるのなら抗がん剤治療しないと再増悪する可能性は高いでしょうね。

効果判定ができないから大きくなるまで末という考え方もあるでしょうが、抗がん剤治療ができるような条件なら、残存腫瘍が小さいうちに開始するという考え方もあるでしょうね。

 

◎子宮体癌患者です。

癌患者がワクチン接種を受けると、癌細胞が暴れて再発や転移すると聞いたのですが、本当ですか?

3回目のワクチン接種を迷っています。

 

【当方のコメント】

全くのデマですね。

ちゃんと学会で3回目ワクチンを推奨しています↓

日本癌治療学会,日本癌学会,日本臨床腫瘍学会(3学会合同作成)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)とがん診療についてQ&A

-患者さんと医療従事者向け ワクチン編 第2版-

https://www.jsmo.or.jp/news/coronavirus-information/qa_vaccinel_3gakkai.html

 

◎乳がん再発で今ベージニオ50を一日二錠とミヤBM服用してます。担当の先生は脱毛はないと言っていましたが毎日大量に抜けますが飲み合わせなのでしょうか?抜ける原因と何か抜けない方法があれば教えて下さい。

 

【当方のコメント】

実際には脱毛の副作用はあるようですね。

抜けない方法は残念ながら分かりません。

<効能共通> ベージニオ(アベマシクリブ)の副作用「脱毛症」の発現状況は?

https://www.lillymedical.jp/ja-jp/answers/89992

 

◎胃瘻設置手術自体の身体への負担を知りたいです。

 

放射線性顎骨壊死で痛みと開口障害があります。

 

痛みはオキノームとオキシコンチンで対応しています。

随分痩せて体力がないのですが、もう女性の人差し指1本程度しか開きません。

当日か最低でも翌日からでも開口訓練しなければきっと口が閉じてしまうと思います。

訓練はかなり痛みを伴うのですが行うことはできる様な手術なのでしょうか?

 

【当方のコメント】

内視鏡的胃瘻造設術は色々な方法がありますが、細い経鼻内視鏡などで胃内腔壁を見ながら腹壁側から局所麻酔下で胃瘻造設するので、口腔内や顎関節への直接の影響はありません。

 

ーーーーーーーーお知らせーーーーーーーー

 

 

◎新登場!押川勝太郎の全てのSNSを全部一括チェック可能です。

↓↓

https://lit.link/oshikawa

 

 

◎   第149回宮崎がん共同勉強会

日時:   2022年8月28日日曜日 13時〜15時

がん治療を受けている患者さん同士で一緒にZOOMビデオ会議勉強してみませんか

 

場所: オンラインのみとなりました。

11:30 ZOOMスタート→オンラインお茶会

 

13:00〜15:00 がん専門医レクチャーと質疑応答+少人数おしゃべり会(ZOOMブレイクアウトルーム活用)

 

今回のテーマ: 「未定」

 

ZOOM参加は事前申し込みが必要です。ZOOMでは参加者のプライバシーを保つための処置です。

 

ーー参加資格ーー

 

・がん患者本人とその身内

・がんに興味ある常識人

・医療関係者

・会の和を乱さず、配慮できるかた

 

当日13:00ごろよりZOOMからご参加可能です。(事情で開始が遅れることもあります8

 

内容はがん治療医・押川勝太郎のミニレクチャー20分+ZOOM参加者の自己紹介+近況報告(2分以内でZOOM参加者もです)+公開セカンドオピニオンとなります(時間制限あり)。

 

申込は以下のメルアドから申し込んで、下の方にあるZOOMリンクをタップして参加してください。

 

事前申込名と一致している人だけZOOMへの入室を許可します。

 

【申込方法】

↓ここからメールで申し込んでください↓

 

tomoko37tkg@gmail.com

 

竹上とも子さんという方が手伝ってくれます。

 

ただしこの方はボランティアで連絡係をしてくれるだけなので、質問は事務的なもののみでお願いします。

 

申込に際して必要記入事項は

 

1氏名(仮名で結構ですが当日ZOOM表示名と一致しないと入室許可が出せません)

2年齢

3性別

4がん種

5参加者種類(本人、家族など)

6居住地(都道府県)

7緊急時の電話番号

を記入してメールで送付してください。

折り返しメールが一両日中に届くと思いますが、来ない場合は迷惑メール扱いになっていないかチェックしてください。

 

【当日参加方法】当日のZOOM参加リンクは以下をタップしてZOOMでアクセスしてください。↓↓

 

https://us02web.zoom.us/j/8596022090

 

【ZOOMアプリの入手法や使い方は以下のリンク】

 

https://zoomy.info/zoom_perfect_manual/joining/with_smartphone/

 

を見てください。文章か動画で簡単に学べます。_

ZOOMからの参加費用は現時点で無料です。

当日は色々トラブルもあるでしょうが、ご容赦ください。

 

ーー参加約束事ーー

 

話された個人のことは、ここに置いて帰り、他の場所では話しません。他言は厳禁です。

健康食品や健康器具などの物品を勧めたり販売することはしません。

宗教団体への勧誘はしません。

他の人が受けている治療は、自分に合うとは限りません。医師に相談しましょう。

大切な時間です。参加された方が平等に話せるよう、お互いに気を配りましょう。

安易なアドバイスや励ましをされると、負担になることがあります。お互いに聴き上手になりましょう。

 

ーー個人情報取り決めーー

当日の会で収集した個人情報は外部へ漏らすことはしません。

ただし、個人を特定できない形でのFacebookライブ動画配信、YouTube動画チャンネル登録、学会発表などに使用します。

 

ーーーがん防災マニュアルの無料配布ーーー

皆さんの応援のおかげで大好評で、がん防災マニュアル冊子版が遂に20万部近く印刷・配布されようとしています。

この一冊28ページでで、がん予防、発病時の対応方法、家族の支え方や職場関係、経済的支援の受け方、情報の探し方から怪しいがん治療の見分け方等、がん治療人生のざっくりとした全体像が短時間でつかめます。今まで類書がなかった画期的な「一家に一冊」のPDFです。 

 

無料PDF版はずっとあったのですが、やはり気軽に手に取れる冊子版の良さは捨てがたいものがあります。

今回3冊の無料冊子+諸経費=280円で入手できます。

またもっとまとめて購入することも簡単にできるようになりました。

さらに今まで面倒だった支払い方法も

クレジットカード、アマゾンペイ、ドコモ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、銀行振込が利用できます(それぞれ別の手数料がかかることがあります)。

 

こちらから↓入手してください。

がん防災マニュアル無料PDF or 冊子版入手リンク

https://www.gh-ouendan.com/ganbousai

 

 

ーー書籍紹介ーー

 

◎孤独を克服するがん治療~患者と家族のための心の処方箋~

https://www.amazon.co.jp/dp/4434262491/

1,620円

Amazon

がんに悩む友人へのプレゼントとしてもご活用ください。

 

 

19時よりがん相談飲み会です♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

本日も19時よりYouTubeがん相談飲み会をします♪

 

◎がん相談飲み会(第117回)2022年8月7日(19時〜21時)

メインチャンネルでの前半配信はコチラから 

 

後半は

◎ がん相談飲み会Deep二次会(第117回)2022年8月7日(21時〜)

 

 

 

今回は「医者はなぜ希望持てる説明ができないのか? 」というテーマです。

後半はこちらからお送ります。

本日は20時よりがん相談飲み会をおこないます!

本日はYouTubeがん相談飲み会は20時〜22時で行います。

 

通常のDEEP二次会は本日行いませんので、ご了承ください。

 

◎がん相談飲み会(第116回)2022年7月31日(20時〜22時)

配信はコチラから 

 

 

秋野暢子さんの食道がん公表の医学的メリットは?

◎秋野暢子さんの食道がん公表の医学的メリットは?

(10分)

 

 

 

 

 

■ はじめに

───────────────────

新型コロナウイルス感染症第7波が押し寄せて、いよいよ医療機関も危なくなってきました。

ワクチン打っていれば重症化しにくいのは事実ですが、ワクチン打てていない方もいるわけで、完全防備が至上命題の病院においてはクラスター発生によるがん治療への影響が懸念されます。

運動しようにも熱中症に注意しないといけないのがなかなか厳しい。

しかし自粛しすぎでの筋力低下やフレイル進行は寿命に影響します。

せめてスマホを自宅のTVにつなぎ、冷房かけてYouTubeで「NHKの筋肉体操」をやるという方法もあります。

皆さんも色々知恵を絞って運動してください。

 

■ 本日の有用情報

───────────────────

◎緩和ケア医で有名な山崎 章郎先生が抗がん剤治療受けてひどい目に遭い、抗がん剤を否定する本を出版されています。

ーー書籍「がんを悪化させない試み」の内容ーー

・緩和ケア・往診医のベテラン医師が遂に大腸がんにかかってしまった。

・手術後再発予防のために術後補助化学療法を苦しみながらなんとか終わらせたが、肺転移が起こってしまった。

・あの抗がん剤の苦しみはもう無理だとして補完代替療法(糖質制限、丸山ワクチン、クエン酸療法、低用量抗がん剤治療など)を始めたが、こちらの方が良さそうだと感じて、臨床試験まで始めている。

ーーーーーーーーーーー

これに反論できないと標準治療をがん患者さんには推奨することはできません。

別投稿で反論動画を紹介しましたが、20分あって長いので、そのダイジェストスライドを2枚載せます。可能なら↓動画の方がしっかり理解できると思います。

◎【がん治療医が反論】緩和ケア医の抗がん剤否定本は危険・医事問題*34

(23分)

 

 

 

 

 

 

■ 本日の動画

───────────────────

◯食道がん早期発見してもらえる裏技公開

 

 

 

 

16分34秒

食道がんを早期発見するのは意外と難しいのですが、検査を受けるときの心がけで早期発見できるチャンスを増やすことができます。

 

 

◯抗がん剤を拒否する理由・がんのDEEPな話#68

 

 

 

 

13分45秒

がん標準治療をわかっていない人ほど標準治療を否定する理由があります。もちろん標準治療でひどい目に遭ったから否定するのだという意見も分かりますが、それも含めて誤解している諸悪の根源を解説しました。

 

■ がんここ通信

───────────────────

【がんここ・薬剤師さん対象シーズン4】

今回のテーマは『患者への効果的な声かけ方法で心の重圧を軽くしよう』

医療者&患者24名で開催しました。

 

レクチャーゲストは、建設保守会社社長で、肺腺がんYouTuberの白川勝さん。

『患者の立場で薬剤師さんに伝えたい想い』を丁寧にお話しいただきました。

 

薬剤師さんとの関わりは、薬を渡される時だけ(=服薬指導だけ)になりがちですが、彼らは薬の専門家で副作用の専門家。

飲んでいる薬に不安があったら、迷わず相談できるような気さくな関係を日頃から作っておきたい、と実感しました。

 

押川先生のレクチャーは、薬剤師さんに向けたものでしたが、

ものすごく広い意味で『人生をいかに生きるか』がテーマ。深い!

 

・ 表現を変えることですぐ人生を変えることが可能

「がんと診断されてショック」

でも、「自分の人生を問い直すチャンス!」「人に遠慮するのはやめて、自分が優先したいことを考えられるぞ!」と表現を変えてみよう。

 

・薬剤師は言葉のリフレーミングで患者をレスキューできる

患者さん「白血球が上がらずに、抗がん治療が延期になりました」

レスキューのことば「体の中に治療薬が充分に入っていると言う証拠です」

「治療をお休みできるから、旅行でも遊びでも、普段できないことをやるチャンスです」

 

押川先生が最後に、

『すでに起こったことは変えられない、でも解釈は変えられる!』

『コントロールできることにエネルギーを注ごう!』

とおっしゃって、またまた感動しました。

そう。

がんになろうが、健康であろうがそんなことに関係なく、人生を豊かに生きるために「自分をレスキューする工夫」を日頃から準備しておきたいです。

1ヶ月に2回、楽しく開催しています。

 

メディカルの方も患者さんも、ぜひお気軽にいらして下さい。

 

◎がんここサブスクリプション

https://community.camp-fire.jp/projects/view/460455

※特典として過去のセミナー全部をアーカイブ視聴可能

◎がんここシーズン4

・7/28(木)単発

http://ptix.at/3jer6I

▼全6回のタイトル▼

1.5/12(木)20:00~「医療者が意外と知らないがんの常識」→終了(YouTubeで視聴可)

2.5/26(木)20:00~「薬剤師が見逃しているがん患者の本音」

◎ゲストミニレクチャー/調剤薬局薬剤師・肺がん患者 脇坂匡美さん「医療用麻薬について」

3.6/9(木) 20:00~「メディカルスタッフしかできないがん治療の調整技とは」

4.6/23(木)20:00~「がん患者支援の秘策で薬剤師はもっと楽になれる」

◎ゲストミニレクチャー/ピアサポート、学校がん教育家 轟千代花さん「ピアサポートやがん教育の経験から、医師や薬剤師さんに伝えたいこと」

5.7/14(木)20:00~「患者への効果的な声かけ方法で心の重圧を軽くしよう」

◎ゲストミニレクチャー/会社経営・肺腺がん患者 白川勝さん「患者の立場で薬剤師さんに伝えたい想い」

6.7/28(木)20:00~「押川への何でも質問大会」

 

ーーー参加者アンケートの一部ーーー

具体的内容が勉強になる。

もっと薬剤師や栄養士の存在をアピールできたらいい。

患者と医療者のコミュニケーションについて改めて考えさせられました

薬剤師の役割を再認識した。

ドラッグインフォメーションについては、主治医が、外来で薬について電話で薬剤師に相談したり、医師のフォローをする事を、初めて知ってとても勉強になりました。

かかりつけ薬剤師の存在を知ることが出来ました。

白川さんのレクチャー、薬剤師さんへの認識は酷かったですね。 医者70%の円グラフのやつです。  もうちょっと勉強して欲しいものです。

患者が思っているよりもはるかに薬剤師・栄養士の皆さんが患者のことを考えてくださっていることに驚きを感じました。裏方の方々への感謝を忘れないようにしたいと思います。

白川さんのレクチャーで。 病院薬剤師さんについて、主治医はもちろんですが、看護師さんもとても忙しくしておられるので、話しかけづらく、薬のことだけでも話せるといいと思いました。また白川さんの患者会もどきの活動に大変楽しく参加させていただき、孤独から救われています。 押川先生のレクチャーで。 がんここで学ぶ前は、主治医のちょっとした発言や、血液検査の値が低くて化学療法がスキップになるときなど、もやもやと不安を抱えていました。がんここで1年近く学び、自分と違う考えなどにぶつかったときは、背景を考えてみようと思えるようになりました。また同じ現象でも視点を変えることできるようになり、化学療法ができないからただ不安を感じるのではなく、お休みの間に旅行をしたり、美味しいものを食べたり楽しめるようになりました。今は罹患時よりも、心に少し余裕ができたのではないかと思います。

毎回様々な方のご意見が伺えるので参考になります

 

 

 

■ おしらせ 

───────────────────

 

7月30日(土)に東京都内で、がん患者さんが人生を謳歌している姿を無料でプロカメラマンに写真を撮ってもらえるイベントあります。

まだ枠がありで、早い者勝ちの申込順かもしれません。

 

https://clubcanow.com/event_220730.html

 

───────────────────

■ 匿名相談用LINEオープンチャットより

───────────────────

 

がんに罹患したばかりで混乱している方々を対象に、地元の様々な職種の方々と共同して匿名相談用LINEオープンチャットを作ってみました。

2チャンネルのLINE版みたいなゆるゆるの掲示板です。

この敷居の低さで、がん治療以外の困りごとについても、どこまで支援出来るか試してみようと思います。

 

◎オープンチャット「がんサバイバーの為の専門職によるサバイバル術(よろず相談室はこちらです)」での質問

 

https://line.me/ti/g2/E3g3SnUWR9YXkfjhjNs-ew?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default

 

 

◎オープンチャット「がん専門医の部屋」より質問

https://line.me/ti/g2/xTnTW-Omnx6V2gZDhV2fpg?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default

 

◎胃癌で2年程前に2/3切除しました

下痢をするとお腹が空いた時の様に鳴ります

数十分続くので人と会う場合等困ってしまうのですが、原因と対策がありましたら教えて下さい

 

【当方のコメント】

下痢や食事時間とのタイミングを記録して鼓腸の傾向を調べてみてはどうでしょうか。

それによって面会の数時間前は食事を控えるとかが有効かもしれません。

あとは腸管の動きを止めるブスコパンという薬剤を主治医に事情話して処方してもらうのもありかもしれません。

ただし副作用が出る事があるので注意です(どの副作用が出るかは個人差があります)

 

◎50代女性、PTSD、肺癌StageIVです。

転移性脳腫瘍が複数あり、脳浮腫の広がりもあります。

左上腕骨に転移、再発しています。

認知症の母の介護もあり、ストレスからから、突発性難聴にもなり、右耳の聴力は回復しませんでした。

あまりの倦怠感から、通院も出来なくなり、メンタルの方で入院。

主治医の先生も悩み抜いた結果、コンサータ45mg,

リタリンの処方に踏み切りました。

それで何とか日常生活を送れるようになったのですが、半年でダウンし、右上腕部の痛みと倦怠感で寝込んでしまっています。

体力低下しないよう、週40〜50キロを目標に移り変わる景色を楽しみながら、ウォーキングしています。

3月の血液検査ではCEA4.0まで下がり、

写真は8週間後となりました。

脳、骨転移ともに放射線治療を受けた後、再発したところで、タグリッソ40mgを開始し、来月で丸2年となります。

 

右腕の痛みは、2ヶ月程ほど経ちますが、10段階の痛みレベルでいうと、3〜7と変動があり、経験上、今の状態では、PET-CTを撮っても見つからないと思っているので、受診を早める事を躊躇しています。

コンサータ、リタリンも効かないこの倦怠感は、どこから来ていると思われますか?

私は、押川先生がおっしゃっておられる

「人生のおまけの時間」を

諦めるのではなく、

明らめながら、楽しく過ごしていきたいと思っています。

【当方のコメント】

こういった症状関連のネット上の相談は基本的に危険です。

診察や検査をやった上でも診断がなかなか難しいことも多く、誤診と適切な処置が遅れることにつながるからです。

その上で一般的なことになりますが、がん進行による悪液質→全身倦怠感の可能性もあるし、鬱からの可能性もあるでしょう。

ただ注意してほしいのは骨転移もあるので高カルシウム血症から来ている全身倦怠感を血液検査でチェックする必要があると感じました。

 

◎こんばんは。乳がん初発より、ステージ4 肺転移あり、37歳。あれから脳転移、骨転移してしまいました。

股関節の痛みがひどく、タペンタ麻薬で痛み止めしておりますが、お尻の感覚がなくなってしまい、排尿、排便障害になっております。お尻の感覚を戻す方法はありますでしょうか。

【当方のコメント】

これもその人の詳しい状況が分からないと回答しようがないので、この文章を手紙にして主治医に送った方が良いと思います。

ただ会陰部のがん性疼痛はかなり辛いので、膀胱直腸障害を承知の上で担当医が疼痛コントロールしている可能性があるのかもしれません。良くあるのはくも膜下ブロック鎮痛などの局所療法です。

 

◎癌性腹膜炎により全く飲めず、食べれず。CVポートから24時間持続点滴です。唾液が飲み込めず夜間もあまり眠れません。貼り薬や坐薬での眠剤はあるのでしょうか?

始終口に溜まる唾液の為、ビニール袋を離せないこの状況は、何とかならないでしょうか。

だるさはありますが、今はまだ痛み止めを使う程ではなく鎮痛剤は何も使っていません。

常に気分不快が酷いです。吐きたいのに吐けない!

プリンペランは全く効きません。この症状を和らげる方法はありませんか?

【当方のコメント】

可能ならば症状緩和の専門としての緩和ケア医へ紹介してもらったほうがいいでしょう。

腹膜播種→腸閉塞による症状であればステロイド+オクトレオチド持続皮下注という方法があります。

薬剤も色々担当医に提案して試してみた方が良いと思います。

たとえば、エチゾラム、オランザピンなどです。

また点滴が多いと腹水、消化液増加で上に上がってくる液が増える傾向があります。

 

◎深夜に失礼します。

いつもありがとうございます。

一つ、質問があります。

ガン患者が、まだ、治療法がある中で、

精神的、経済的な事などの理由から

「治療終了」

と決断した際、

ターミナルケア専門病院に入院(所)する事は、

可能なのでしょうか?

院長(施設長)判断となるとは、思うのですが、

可能性としてあるのかを知りたいです。

お手隙の時で構いませんので、よろしくお願いします。

【当方のコメント】

緩和ケア病院、ホスピスの事だと思うのですが、治療法選択は本人の自由ですし、状態悪ければ入院も可能でしょう。

この領域の問題があるとすれば入院判定などに多少時間がかかることですが、状態がそれほど悪くなく入院が長期になった場合は一時自宅退院して在宅緩和ケアも併用となる可能性があります。

 

◎肺腺癌4期 今 ほとんど症状はなく普通に生活できています。

ガン患者はタンパク質をたくさん摂取すべきと聞き、せっせとタンパク質を毎食摂取していたら、半年で、約4キロ太りました。(ガンになる以前に3年位かけて3キロ落とした経緯あり、まあ以前の体重位なのですが)

この食事の摂り方に問題ありますか?どのようにタンパク質を摂取するのがいい方法でしょうか?

また、毎回の血液検査時にどういうところに注意すればいいでしょうか?

 

もう1点 オミクロンに関して質問です。

普通の人は重症化しないという事で、世間は随分普通の生活に戻っていると思いますが、感染力が強く無症状患者がたくさんいると思うと、抗がん剤を使い肺に疾患のある者としては逆に危険度が上がっているように思うのですがどうですか?患者数の推移を見守って、まだしばらく、慎重に警戒した生活を送るのがいいのでしょうか?

 

【当方のコメント】

腹水や心不全による体液貯留には注意する必要がありますが、食事量が多くて体重がやや増えることはがん患者さんの場合望ましいでしょう。可能なら筋トレ、ウオーキングなど運動対応能力を上げるチャンスでもあります。

見た目の体力や表情を見ることで血液検査はあまり気にしなくても良いと思います。

効率的にタンパク質を取るのはお金をかけて上等なものを食べるので良いと思いますが、筋トレ用のプロテインを毎日摂取するのもお勧めです(人工甘味料が少ない方が良い→カロリーもったいないので)

オミクロンコロナの感染時のリスクですが、肺癌患者であっても結局は罹患前の肺機能や運動対応能力、栄養状態でかなり左右されるので、注意しつつも自宅に引きこもりは避けた方が良いでしょう。用は人がいないところに行けば良いわけです。

 

◎昨日の動画でB12の話しがありましたが

自分は去年の7月に中咽頭癌の手術と頸部リンパ郭清をして、麻痺、痺れがありメチコバールを今でも1日3錠飲んでます

これ以上改善しないなら

飲まない方が良いですか?

1日3錠は多いですか?

◎私も@くろ さんと同じくメコバラミン500μgを一日3錠服用しています。脚に痺れがでたため、整形外科から処方されました。側彎症のため、腰椎の問題による末梢神経障害だそうです。これはサプリメントと捉えるものなのですか? 明らかな効果は今のところなさそうです。私は既にがんが再発しているので、関係があるとすれば、死亡率だと思うのですが。

 

【当方のコメント】

メチコバールの末梢神経障害への効用はある人にはありますが、実際には怪しい方も多く、本人がその効果を実感しない場合、あまり継続する意味はないのかもしれません。

他に代用できる薬剤がないのでしょうがなく使っている状況があります。

となると先の動画のビタミンB12の常用で予後が悪くなるデータがある事から本当に継続すべきか主治医と相談した方が良いでしょう。

痛み止めの臨床試験では偽薬と分かっているのにそれを飲んだ被験者の腰痛が改善したという報告もあり、人間の感覚は不思議なものです。

 

 

 

 

ーーーーーーーーお知らせーーーーーーーー

 

 

◎新登場!押川勝太郎の全てのSNSを全部一括チェック可能です。

↓↓

https://lit.link/oshikawa

 

 

◎   第148回宮崎がん共同勉強会

日時:   2022年7月24日日曜日 13時〜15時

がん治療を受けている患者さん同士で一緒にZOOMビデオ会議勉強してみませんか

 

場所: オンラインのみとなりました。

11:30 ZOOMスタート→オンラインお茶会

 

13:00〜15:00 がん専門医レクチャーと質疑応答+少人数おしゃべり会(ZOOMブレイクアウトルーム活用)

 

今回のテーマ: 「がん治療で希望を見出す方法」

 

ZOOM参加は事前申し込みが必要です。ZOOMでは参加者のプライバシーを保つための処置です。

 

ーー参加資格ーー

 

・がん患者本人とその身内

・がんに興味ある常識人

・医療関係者

・会の和を乱さず、配慮できるかた

 

当日13:00ごろよりZOOMからご参加可能です。(事情で開始が遅れることもあります8

 

内容はがん治療医・押川勝太郎のミニレクチャー20分+ZOOM参加者の自己紹介+近況報告(2分以内でZOOM参加者もです)+公開セカンドオピニオンとなります(時間制限あり)。

 

申込は以下のメルアドから申し込んで、下の方にあるZOOMリンクをタップして参加してください。

 

事前申込名と一致している人だけZOOMへの入室を許可します。

 

【申込方法】

↓ここからメールで申し込んでください↓

 

tomoko37tkg@gmail.com

 

竹上とも子さんという方が手伝ってくれます。

 

ただしこの方はボランティアで連絡係をしてくれるだけなので、質問は事務的なもののみでお願いします。

 

申込に際して必要記入事項は

 

1氏名(仮名で結構ですが当日ZOOM表示名と一致しないと入室許可が出せません)

2年齢

3性別

4がん種

5参加者種類(本人、家族など)

6居住地(都道府県)

7緊急時の電話番号

を記入してメールで送付してください。

折り返しメールが一両日中に届くと思いますが、来ない場合は迷惑メール扱いになっていないかチェックしてください。

 

【当日参加方法】当日のZOOM参加リンクは以下をタップしてZOOMでアクセスしてください。↓↓

 

https://us02web.zoom.us/j/8596022090

 

【ZOOMアプリの入手法や使い方は以下のリンク】

 

https://zoomy.info/zoom_perfect_manual/joining/with_smartphone/

 

を見てください。文章か動画で簡単に学べます。_

ZOOMからの参加費用は現時点で無料です。

当日は色々トラブルもあるでしょうが、ご容赦ください。

 

ーー参加約束事ーー

 

話された個人のことは、ここに置いて帰り、他の場所では話しません。他言は厳禁です。

健康食品や健康器具などの物品を勧めたり販売することはしません。

宗教団体への勧誘はしません。

他の人が受けている治療は、自分に合うとは限りません。医師に相談しましょう。

大切な時間です。参加された方が平等に話せるよう、お互いに気を配りましょう。

安易なアドバイスや励ましをされると、負担になることがあります。お互いに聴き上手になりましょう。

 

ーー個人情報取り決めーー

当日の会で収集した個人情報は外部へ漏らすことはしません。

ただし、個人を特定できない形でのFacebookライブ動画配信、YouTube動画チャンネル登録、学会発表などに使用します。

 

ーーーがん防災マニュアルの無料配布ーーー

皆さんの応援のおかげで大好評で、がん防災マニュアル冊子版が遂に20万部近く印刷・配布されようとしています。

この一冊28ページでで、がん予防、発病時の対応方法、家族の支え方や職場関係、経済的支援の受け方、情報の探し方から怪しいがん治療の見分け方等、がん治療人生のざっくりとした全体像が短時間でつかめます。今まで類書がなかった画期的な「一家に一冊」のPDFです。 

 

無料PDF版はずっとあったのですが、やはり気軽に手に取れる冊子版の良さは捨てがたいものがあります。

今回3冊の無料冊子+諸経費=280円で入手できます。

またもっとまとめて購入することも簡単にできるようになりました。

さらに今まで面倒だった支払い方法も

クレジットカード、アマゾンペイ、ドコモ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、銀行振込が利用できます(それぞれ別の手数料がかかることがあります)。

 

こちらから↓入手してください。

がん防災マニュアル無料PDF or 冊子版入手リンク

https://www.gh-ouendan.com/ganbousai

 

がん相談飲み会ライブをします♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

本日も19時よりYouTubeがん相談飲み会をします♪

 

◎がん相談飲み会(第113回)2022年7月10日(19時〜21時)

メインチャンネルでの前半配信はコチラから 

 

 

 

 

 

後半は

◎ がん相談飲み会Deep二次会(第113回)2022年7月10日(21時〜)

 

 

 

 

今回は「がん発病を公開して良かったこと悪かったことは何? 」というテーマです。

本日も19時よりがん相談飲み会です

本日も19時よりYouTubeがん相談飲み会をします♪

 

◎がん相談飲み会(第112回)2022年7月3日(19時〜21時)

メインチャンネルでの前半配信はコチラから 

 

 

 

 

 

後半は

◎ がん相談飲み会Deep二次会(第112回)2022年7月3日(21時〜)

今回は「 知られざるがん薬物療法の失敗理由」というテーマです。

 

 

後半はこちらからお送ります。

葛城ユキさんの腹膜がんとは?早期発見方法は?

◎葛城ユキさんの腹膜がんの早期発見方法は?有名人がん解説#32

歌手の葛城ユキさんが発症した腹膜がんはあまり知られていないので、分かりやすく解説しました。

 

 

■ はじめに

───────────────────

ものすごく久しぶりのメルマガです。

YouTubeの動画を毎日更新を優先していたのと、がん相談飲み会学会発表などいろいろあったためですが、やめずに性懲りもなく再開するしぶとさには自信があります(笑)。

先日日本がんサポーティブケア学会学術集会ハイブリッド開催でオンライン登壇し、学会で飲み会報告してしまいましたが、現地会場の反応が分からず。視聴者ドン引きしてたんじゃないかと危惧してたけど、知り合いの先生がそうでもなかったと連絡くれて胸をなで下ろす(笑)

 

■ 本日の有用情報

───────────────────

◎まんが連載【第15話】押川先生!「がん患者は、治療に専念してはいけない!」って本当ですか?|押川勝太郎×おちゃずけ

https://shinsho.kobunsha.com/n/nf2cb1467b98a

 

・おちゃずけさんコメント

おとなのためのがん学習まんが

第15話、更新しました。

がん治療の大きな特徴は

治療期間が長いことが

上げられます。

そんな長い治療期間を

乗り越えるための智慧を

押川先生からからお聞きしました。

お医者さんから

病気に対するアドバイスはあっても

病気の時の心についての

アドバイスを聞く機会が少ないので

とても参考になりました!

ぜひ、読んでね~

【当方のコメント】

治療がうまく行っても、先が見えない状況は大変辛いものです。純粋に医学的視点だけではなかなかアドバイスが難しいため、個人的ノウハウを活用しています。

 

◎生きるためにがんばろうとしてはいけない…桑野信義が「抗がん剤に殺される」とつぶやいた真意抗がん剤治療を否定するつもりはまったくないが…

ミュージシャンで「ラッツ&スター」メンバーの桑野信義さんは2020年に大腸がんが見つかり、現在は寛解に向けて治療を続けている。桑野さんは「抗がん剤治療の副作用は想像を絶するほどつらかった。がんとの闘いは『がんばろうとしないことが大切』と気づいた」という――

https://president.jp/articles/-/58169

 

【当方のコメント】

以前動画で解説したことはありますが、大腸がん術後補助化学療法の治療のきつさ、治療継続判断の難しさが良く分かる記事です。

当然ながら同じ治療していても、こんなきつめに遭わない人もたくさんいますので、そういう人もいるという感覚で読んでください。

 

◎末期がん患者に医師が動画の発信をすすめる理由「孤独を忘れ癒されることができる」

https://joshi-spa.jp/1165144

 

【当方のコメント】

 取材協力した記事です。

ただ注意が必要なのは、この雑誌で紹介されたがん患者の動画発信者は末期がんというよりステージIVの方が多かったです。

取材時にはどのYouTuberが紹介されるか分かっておらず、編集者がこういった題名をつけるとは思っていませんでした。

ステージIVと末期がんが未だ混同されているのが分かります。

末期がんは医学用語と言うよりむしろ行政用語で、治癒を目的とした治療に反応せず余命が6ヶ月程度とされています。

ステージIVのがんはがん種によっては5年生存率が6割ぐらいありますから、全く別個の概念です。

 

 

■ 本日の動画

───────────────────

「がん 希望という名の絶望とは?・がんのDEEPな話#56」

 

 

 

21分49秒

がんになると希望の大切さ、ありがたさが身にしみます。 一方で、その希望自体が絶望に直結することがあります。 がん治療において取扱注意とも言える話ですが、極めて大事な話となります。 今回の話はDEEPな話シリーズでも1〜2位を争うほど深い話でしょう。

 

「がん検診意味ある?・がんのDEEPな話・#57」

 

 

 

10分13秒

がん検診で異常なしだったのに翌月進行がんが見つかったという話はちらほら聞きます。なぜこんなことが起こるのか、がん検診は本当に役に立つのか、誤解していないかという話です。

 

■ がんここ通信

───────────────────

【がんここ】昨春スタートした メディカルスタッフ&がん患者さん向けのオンライン勉強会『がんここ』は、今回で27回、延べご参加人数が800名を超えました

6/24も2つのテーマ、

がんサバイバーの家庭で起きていること~がん防災からがん二次災害まで

がん患者支援の秘策で薬剤師はもっと楽になれるを24名で学びました

衝撃的だったのは、小・中学校でがん教育を進めているピアサポーターChiyoka Todoroki轟千代佳さんのミニレクチャー

「がんにも二次災害があるのを知っていますか」の切り出しにびっくり。

親ががんになったのは、子どもである自分のせい。誰にも話せず引きこもりになった

両親からがんを秘密にされ、どうしていいかわからず非行に走った

など、親ががんに罹患したことで子どもが孤立し、家庭にさまざまな問題が生じるケースが多いという事実でした

ぜんぜん知らなかった

彼女はこれを、がん治療には直接関係のない副次的な問題として、

『がん二次災害』と呼び、押川先生が提唱する『がん防災』と同じように広く知ってもらいたい、と提起されました

『がん二次災害マニュアル』も必要になりそう

押川 勝太郎先生からは、忙しくなるばかりの薬剤師さんが楽になれる、とっておきの秘策を披露

患者さんに薬の名前を覚えてもらう工夫をする

難しい治療説明を受ける時にはモバイルガジェットを使わせる

など、患者の主体的なチカラを借りることで、本人の治療効果も上がり、

主治医と薬剤師ー患者がwin-winになれるとのアドバイスをいただきました

そう、私たち患者も受け身になるだけではなく、自分の治療に工夫できることはないか

と探索する必要がありますね

次回のテーマは『患者への効果的な声かけ方法で心の重圧を軽くしよう』

ミニレクチャーゲストはYouTuberとしても積極的な活動をしている、会社経営・肺腺がん患者の白川勝さんです

メディカルの方も患者さんもぜひお気軽にいらして下さい

7/14(木)単発

https://peatix.com/event/3231062

 

◎がんここサブスクリプション

https://community.camp-fire.jp/projects/view/460455

※特典として過去のセミナー全部をアーカイブ視聴可能

◎がんここシーズン4

・7/28(木)単発

http://ptix.at/3jer6I

▼全6回のタイトル▼

1.5/12(木)20:00~「医療者が意外と知らないがんの常識」→終了(YouTubeで視聴可)

2.5/26(木)20:00~「薬剤師が見逃しているがん患者の本音」

◎ゲストミニレクチャー/調剤薬局薬剤師・肺がん患者 脇坂匡美さん「医療用麻薬について」

3.6/9(木) 20:00~「メディカルスタッフしかできないがん治療の調整技とは」

4.6/23(木)20:00~「がん患者支援の秘策で薬剤師はもっと楽になれる」

◎ゲストミニレクチャー/ピアサポート、学校がん教育家 轟千代花さん「ピアサポートやがん教育の経験から、医師や薬剤師さんに伝えたいこと」

5.7/14(木)20:00~「患者への効果的な声かけ方法で心の重圧を軽くしよう」

◎ゲストミニレクチャー/会社経営・肺腺がん患者 白川勝さん「患者の立場で薬剤師さんに伝えたい想い」

6.7/28(木)20:00~「押川への何でも質問大会」

 

ーーー参加者アンケートの一部ーーー

 

■ おしらせ 

───────────────────

★今晩2022/06/29 21時からライブです。

「詐欺医療を国政レベルで食い止める!上松先生参院選へ」

 

 

 

がん治療詐欺は何十年も前からありますが、未だにたくさんの被害者がいます。 放射線治療医の上松正和先生が今度の参議院選挙に立候補し、詐欺医療を食い止める活動を目指しておられるということで、その具体案を伺うこととなりました。 チャット欄から皆さんも色々質問お寄せください。

 

───────────────────

■ 匿名相談用LINEオープンチャットより

───────────────────

 

がんに罹患したばかりで混乱している方々を対象に、地元の様々な職種の方々と共同して匿名相談用LINEオープンチャットを作ってみました。

2チャンネルのLINE版みたいなゆるゆるの掲示板です。

この敷居の低さで、がん治療以外の困りごとについても、どこまで支援出来るか試してみようと思います。

 

◎オープンチャット「がんサバイバーの為の専門職によるサバイバル術(よろず相談室はこちらです)」での質問

 

https://line.me/ti/g2/E3g3SnUWR9YXkfjhjNs-ew?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default

 

 

◎オープンチャット「がん専門医の部屋」より質問

https://line.me/ti/g2/xTnTW-Omnx6V2gZDhV2fpg?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default

 

◎こんにちは早期肺がんははやく手術したがいいのですか?左下葉です。縮小、腫瘍とるだけではダメですか~

【当方のコメント】

こちらをどうぞ↓↓

2)縮小手術

肺をできるだけ温存することを目的として、肺葉の一部分のみを切除する手術です。非小細胞肺がんのごく早期か、Ⅰ期で肺の機能などに問題があり、肺葉切除ができない場合の手術です。再発の可能性が高くなるので、可能であれば肺葉切除術を行います。

ーーーー

がん情報サービス 肺がん

https://ganjoho.jp/public/cancer/lung/print.html

 

◎只今乳がん手術後4年程たち再発で1年たちエンドキサンとカペシタビンを飲んでいます。途中高額医療使用で高いお薬を2種類ぐらい使いましたが白血球がかなり下がってしまい飲むことができませんでした。今は徐々に腫瘍マーカーがあがり100を越えてしまいました。かなり不安な毎日ですが担当医のペースがスロー過ぎて何かこんなお薬で効いた人がいるとかいい事例を教えていただければと思います。

【当方のコメント】

再発がんの場合で、完治が難しい時は一時的な効果を目指しすぎるのはかえって良くありません。なぜならその時の治療効果を目指しすぎるあまり、長期的、全体的な治療経過を犠牲にしてしまうかもしれないからです。

マラソンに例えると、途中でスパートすると逆にタイムが落ちるのと同じです。

がんと共存をはかる戦略なら腫瘍マーカーが多少上下しても副作用の許容できる抗がん剤を大事に使っていく選択肢も捨てがたいものです。

 

◎2017年11月にS状結腸がんステージ3Bと診断され手術をしました。翌年10月に再発し再手術をしました。

今は肺とリンパ節と股関節に転移があり、ステージ4てす。抗がん剤フォルフィリの治療中です。3ヶ月毎にCTを撮っています。

骨転移への放射線治療を4月に入院して受けました。

 

先週の診察で主治医に「大腸内視鏡検査を2年近くしていないが、しないのか?」と質問したところ、「もう大腸はない。今更大腸に新しいがんが発見されたとしても仕方ない。もう体全体にあるのだから、今あるがんを何とかしなくてはならない」と言われました。

大腸がないという言葉が理解できません。ステージ4で、もう他の臓器への進行を抗がん剤で押さえるしかないという意味でしょうか?

 

「あとどれくらいの余命でしょうか?」の質問には「教科書どおりにいけば1~2年だ」との答えでした。

 

倦怠感が強く出たため、今年からイリノテカンを中止しています。様子を見てイリノテカンも復活させようとのことです。

もう、抗がん剤の効果を期待するしかないのでしょうか?フォルフォックスとUFTは各々半年間治療しました。

だんだん主治医とのコミュニケーションが上手く取れなくなったようにも感じ、今後が悲観的に思えて仕方ありません。

股関節の骨転移とそれに伴う病的骨折は、かなりの激痛があります。主治医は「手術はしない」とのことですが、それはやっても無意味あるいは手遅れということでしょうか?

 

【当方のコメント】

「大腸がない」という意味は「大腸にがんはない」という意味でないと「今更大腸に新しいがんが発見されたとしても仕方ない」という言葉につながらないでしょうね。

「もう、抗がん剤の効果を期待するしかないのでしょうか?」

といっても20年前までは大腸がんに抗がん剤は効かないから何もできないという時代でした。

まだロンサーフやスチバーガもあるし、がんはなくならなくても症状緩和して生活を守り、人生を延長できる方法は残っているので、治療を無理なく継続できるよう調節しないともったいない感じがします。

主治医とのコミュニケーションは手紙作戦やってみると良いでしょう。

股関節の手術に関しては人工関節置換術をするにしてもがんが少しでも残っていたら台無しなので、その労力と負担を考えるとやるメリットがないということでしょう。

 

こちらの動画を参考にしてください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎こんにちは、早期肺がんで縮小手術をしたとき術後の合併症、気をつけることはなんでしょうか~

 

【当方のコメント】

いつもと違った気になる症状が出てきたときは、再診予定日まで待たずに病院受診することでしょう。

問題が起こって対応が遅れる事で予後が悪くなることが知られています。

 

◎先月に30センチ大の後腹膜腫瘍を切除しました。

胃、横隔膜、骨に浸潤がありとりきれなかったのですが

今後治療方針を決めていくとのことですが

 

どんな治療が望ましいとおもいますか?

子供も小さいので長く生きたいのです。

【当方のコメント】

手術標本の病理組織診断と遺伝子検査に基づいて抗がん剤治療を行うと思います。

主治医もその辺のことを考えてくれると思います。

がんが残っても大きくならなければ判定勝ちで、生活を保つことができます。

その抗がん剤の副作用は筋力、栄養状態のいい人ほど少ないので、体力作りが最も重要でしょう。

◎ 63歳  ♀ です。食道がんを  宣告され  抗がん剤、放射線治療を 経て1年半程前に 食道と 胃袋を全摘 致しました。

癌細胞は  全て  摘出 出来たとの 事ですが  術後の ダンピングに 苦しんでいます。

ダンピングの 煩わしさから食欲も  失せ  元々の  細身が

更に 痩せ細り  体力、免疫力が  かなり 落ちてしまいました。

【当方のコメント】

腸ろうを入れて在宅経腸栄養をおこなうか、CV port挿入して在宅高カロリー輸液を併用するのが当面の根本的な解決方法だと思います。一度主治医に提案してみてはどうでしょう。

◎腹膜播種で全く飲食出来ず、CVポートから24時間高カロリー輸液中です

腸液逆流による胸熱、痛みが辛く夜間眠りが浅くなっています。

主治医からは、内服薬が飲めない中で使えるのは麻薬になってしまう、と

この場合、鎮痛薬はどうだしょうか?鎮痛貼り薬とか坐薬とかは使えないのでしょうか?

【当方のコメント】

アンペック座薬やフェントステープなどの内服以外の医療用麻薬の事を指しているのでしょう。

鎮痛剤の貼付剤(全身に効果のあるもの)として

ジクトルテープ

https://www.rad-ar.or.jp/siori/search/result?n=48941

等もあります。

がん性腹膜炎→腸閉塞からくる嘔吐や腸液逆流の場合、オクトレオチド持続皮下注+ステロイド皮下注で腸液を減らす方法があります。主治医に提案してみるか、ダメなら緩和ケア医へ紹介してもらってやってみてはどうでしょうか。

 

◎30歳男性,大腸印環細胞がんステージ3Cの治癒切除と術後補助化学療法を行い、術後1年9ヶ月後に腹膜再発疑いとなりました.SP療法2クールで造影CT上でがんが消失し,内視鏡検査をしたところ,吻合部近傍に元々腸管が詰まるほどあった浮腫がかなり小さくなって見つかりました.浮腫の生検は特に問題なかったのですが,外科の主治医によると浮腫の裏側(腹膜側)にがんが間違いなくありそうだとのことで局所再発として切除するとのことです.外科に紹介される直前の段階において,担当の腫瘍内科医はがんである可能性は低いけど,念の為切除しましょうと言うような説明だったのでびっくりしてしまいました.外科の先生,腫瘍内科の先生どちらが正しいのでしょう.手術に臨む際の気構えが全然変わってくるので,教えていただきたいです。悪い方を覚悟しておいたほうがぬか喜びしてしまうショックを避けれらるからがんのつもりでいた方がいいですか?

また、結腸がんの局所再発の場合は治癒を目指せますか?

【当方のコメント】

単なる炎症にしては症状が強すぎる事と再発の可能性が高い割にはがん細胞自体を生検で確認するのが困難、しかし今後の治療方針決定に非常に大事なのでtotal biopsyとして腸管切除を勧めてきたのだろうと推察しました。

局所再発で治癒を目指せる場合はありますが、難しいことが多いと思うので最悪のことは覚悟しておいた方が良いと医療側は言うものです。

◎十二指腸神経内分泌腫瘍(NEC)ステージ4、肝転移ありの主人が現在ナルサス錠を36mg、レスキューでナルラピド4mgを服用しているのですがどちらもほぼ効かず…の状態です。

これは薬の強さとしては強い方なのでしょうか?

 

【当方のコメント】

ナルサス36mgはモルヒネ内服薬に換算して180mgなのでそれなりに強力な量となっていますが、オピオイドの効果は個人差が多いので、眠気が出ていないうちは増量の余地はあるかもしれません。大事なのはどの薬剤をどのくらい使って、どの症状がどれほど改善したのか時系列で記録して主治医に薬剤調節を相談する事です。

-------------------------------------------------

◎   第146回宮崎がん共同勉強会

日時:   2022年5月29日日曜日 13時〜15時

がん治療を受けている患者さん同士で一緒にZOOMビデオ会議勉強してみませんか

 

場所: オンラインのみとなりました)。

 

13:00開場

 

13:00〜15:00 がん専門医レクチャーと質疑応答+少人数おしゃべり会(ZOOMブレイクアウトルーム活用)

 

今回のテーマ: 「効果的ながん治療が開発されるほど絶望する患者が増えるカラクリ」

 

ZOOM参加は事前申し込みが必要です。ZOOMでは参加者のプライバシーを保つための処置です。

 

ーー参加資格ーー

 

・がん患者本人とその身内

・がんに興味ある常識人

・医療関係者

・会の和を乱さず、配慮できるかた

 

当日13:00ごろよりZOOMからご参加可能です。(事情で開始が遅れることもあります8

 

内容はがん治療医・押川勝太郎のミニレクチャー20分+ZOOM参加者の自己紹介+近況報告(2分以内でZOOM参加者もです)+公開セカンドオピニオンとなります(時間制限あり)。

 

申込は以下のメルアドから申し込んで、下の方にあるZOOMリンクをタップして参加してください。

 

事前申込名と一致している人だけZOOMへの入室を許可します。

 

【申込方法】

↓ここからメールで申し込んでください↓

 

tomoko37tkg@gmail.com

 

竹上とも子さんという方が手伝ってくれます。

 

ただしこの方はボランティアで連絡係をしてくれるだけなので、質問は事務的なもののみでお願いします。

 

申込に際して必要記入事項は

 

1氏名(仮名で結構ですが当日ZOOM表示名と一致しないと入室許可が出せません)

2年齢

3性別

4がん種

5参加者種類(本人、家族など)

6居住地(都道府県)

7緊急時の電話番号

を記入してメールで送付してください。

折り返しメールが一両日中に届くと思いますが、来ない場合は迷惑メール扱いになっていないかチェックしてください。

 

【当日参加方法】当日のZOOM参加リンクは以下をタップしてZOOMでアクセスしてください。↓↓

 

https://us02web.zoom.us/j/8596022090

 

【ZOOMアプリの入手法や使い方は以下のリンク】

 

https://zoomy.info/zoom_perfect_manual/joining/with_smartphone/

 

を見てください。文章か動画で簡単に学べます。_

ZOOMからの参加費用は現時点で無料です。

当日は色々トラブルもあるでしょうが、ご容赦ください。

 

ーー参加約束事ーー

 

話された個人のことは、ここに置いて帰り、他の場所では話しません。他言は厳禁です。

健康食品や健康器具などの物品を勧めたり販売することはしません。

宗教団体への勧誘はしません。

他の人が受けている治療は、自分に合うとは限りません。医師に相談しましょう。

大切な時間です。参加された方が平等に話せるよう、お互いに気を配りましょう。

安易なアドバイスや励ましをされると、負担になることがあります。お互いに聴き上手になりましょう。

 

ーー個人情報取り決めーー

当日の会で収集した個人情報は外部へ漏らすことはしません。

ただし、個人を特定できない形でのFacebookライブ動画配信、YouTube動画チャンネル登録、学会発表などに使用します。

 

ーーーがん防災マニュアルの無料配布ーーー

皆さんの応援のおかげで大好評で、がん防災マニュアル冊子版が遂に10万部近く印刷・配布されようとしています。

この一冊28ページでで、がん予防、発病時の対応方法、家族の支え方や職場関係、経済的支援の受け方、情報の探し方から怪しいがん治療の見分け方等、がん治療人生のざっくりとした全体像が短時間でつかめます。今まで類書がなかった画期的な「一家に一冊」のPDFです。 

 

無料PDF版はずっとあったのですが、やはり気軽に手に取れる冊子版の良さは捨てがたいものがあります。

今回3冊の無料冊子+諸経費=280円で入手できます。

またもっとまとめて購入することも簡単にできるようになりました。

さらに今まで面倒だった支払い方法も

クレジットカード、アマゾンペイ、ドコモ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、銀行振込が利用できます(それぞれ別の手数料がかかることがあります)。

 

こちらから↓入手してください。

がん防災マニュアル無料PDF or 冊子版入手リンク

https://www.gh-ouendan.com/ganbousai

 

19時よりYouTubeがん相談飲み会をします

本日も19時よりYouTubeがん相談飲み会をします♪

 

◎がん相談飲み会(第111回)2022年6月26日(19時〜21時)

メインチャンネルでの前半配信はコチラから 

 

 

 

 

 

後半は

◎ がん相談飲み会Deep二次会(第111回)2022年6月26日(21時〜)

今回は「 患者をニセ医学に追いやる医師の言動」というテーマです。

ニセ医学がはびこる理由は詐欺師が多いだけではなく、標準治療を行う医師自体の問題も大きいことを議題としています。

参加者も医師のどんな言葉に失望したのか遠慮なく報告してください。

 

 

 

 

後半はこちらからお送ります。

本日も19時よりがん相談飲み会をおこないます!

本日も19時よりYouTubeがん相談飲み会をします♪

 

◎がん相談飲み会(第110回)2022年6月19日(19時〜21時)

メインチャンネルでの前半配信はコチラから 

 

 

 

 

 

後半は

◎ がん相談飲み会Deep二次会(第110回)2022年6月19日(21時〜)

今回は「 遂にがんサポーティブケア学会でがん相談飲み会を発表!」です。

学会発表がどんなものか実演してみます。またがん相談飲み会ライブがどれほどの質問や視聴数があったのかを報告します。

 

 

 

 

後半はこちらからお送ります。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>