なんで肩コリを使うのか?

『≪【肩コリ解消】を目指さない≫肩コリをゆるめる方法』序③

肩コリは特別な症状ではない

 

「からだ」の声を聴こう”という目的の為に

バロメーターとして肩コリを利用しよう


―ということなんですが、

 

なんで肩コリなんでしょうか?

 

肩コリでなくても

頭痛でも、腰痛でも

五十肩でも

便の調子でも

なんでも良いのではないか?

 

その通りです。

実はどんな症状を

バロメーターに使っても

かまいません。

 

肩コリの後ろにある「からだ」は共通

私達、鍼灸師の感覚から言えば

どんな症状にも後ろには

疲れた「からだ」・歪んだ「からだ」が

控えています。

 

そして、

「からだ」を探っていくと

大抵の場合、

症状の違いを越えて

共通の疲れ・歪みというものが

露わになってくることがほとんどなのです。

 

どこの症状がでるのか?

―ということは

ホンのちょっとしたボタンの掛け違いや

その人のちょっとした習慣や

クセの違いだったりするのです。

 

つまり、

 「からだ」の声を聴くためのダシは

肩コリである必要は全くないのです。

 

肩コリの利点

けれども、

肩コリには他の症状より

一歩抜きんでた特徴があります。

 

  • ごくごくありふれた症状であること
  • 上半身の広い範囲なので意識にのぼりやすい
  • 実際に自分でアプローチしてみて効果を感じやすい

 

といったことです。

 

特に“ゴクゴクありふれた症状”であるというは

自分の「からだ」感覚に引き寄せて

文章を読み込むことがしやすいということです。

 

書く方は専門用語や特殊性に

逃げ込んで煙に巻くことができないので

大変なのですが、

読む人にとっては

とてもメリットの大きいことだと思います。

 

そうやって得た自分自身の「からだ」感覚は

肩コリ以外の症状にも応用が効くようになります。

様々な症状の後ろに同じような

「からだ」の疲れ・歪みがあるからです。

 

そこに気付くことが出来れば

違う症状であっても

少しのアレンジや工夫で対応出来るように

なったりします。

 

つまり、

肩コリは

『「からだ」の声を聴こう!』という本筋へと

導いてくれる太い道筋にすることが出来るのです。

 

 

 

ポチ↓をよろしくお願いします。
兵庫県西宮市 ブログランキングへ

 

↓もっと詳しく知りたい方はご相談下さい

 

  「からだ」の声を聴こう!!
    東洋医学に基づいた
  やさしい施術を行います!
あなたに合わせた養生プランをねります!
みやざき鍼・灸~阪神 西宮 鍼灸院~