股関節骨盤矯正ダイエット

テーマ:
ダイエットの方で久しぶりに写真公開オッケーのクライアントが16回ダイエットを終了したので記事にさせていただきます
体重にとらわれてはいけないという典型例です。

・体重56.0kg→55.6kg

・体脂肪率29.9%→26.1%(3.8%減)

・内臓脂肪レベル4.0→2.5(3段階減)

・筋肉量37.00kg→38.65kg(1.65kg増)


初回セッション 1/25
16回目セッション 3/30

{2DD4A502-5DFC-4D88-99B5-D25A19806406}

まずは一枚目正面ですが、当ジムでは入会時とトレーニング実施後における姿勢の改善や変化なども実感していただく為にビフォーを宣伝用に大袈裟な猫背にしてもらったり不自然な撮影は致しません。
左がビフォー、右がアフターです。
ウェアの着用方法を操作したりのような細工はしていませんが、姿勢が改善されたことにより胸郭の位置が上がっています。
後ほどの画像で解説しますが、お若い方に多いスマホ症候群のような首の前傾傾向があったのですが、それが改善されたことにより自然に胸が張れるようになり、前傾していた背骨が正しいS字カーブを描くようになったという事です。
背が伸びたように写るのはその為です。

{EEE2D876-508E-428E-B45A-A1E632A83B38}

横からのカットです。
前に倒れていた首が起きて改善されています。
背骨が正しいS字カーブを描きバストアップされています。
それとともにヒップアップにも成功しました。
お腹と背中の繋がりを見るとウエストが確実にスリムになりました。
これはご本人も驚きでした。

{B7A74745-0AD3-4C16-A2BD-47A0F72F7686}

最後はバックショットです。
入会時は肩甲骨周りが太っているわけでもないのに、若干モチっとしていますが、トレーニング実施後は首のすぐ下の背骨のラインにS字カーブによる窪みが出来ており、背中の引き締まった逆三角形が形成され始めています。
正面画像が無理やりトップスの着用を細工していないのがバックショットでわかります。

{9731305E-BD75-4E5D-9D06-714F1AC7DD56}

最後に首周辺のアップです。
上記の画像の周辺を拡大したものです。
入会時は首が少し右に傾いていたのが改善されました。ちなみにコンディション系の施術での修正は一切掛けておりません。あくまでも、骨盤のポジションの修正及び股関節の柔軟性や可動域をフリーウェイトトレーニングを取り入れる事による改善です。
簡単に言うと、積み木の土台、建造物の基礎部分の修正と同じです。
首のポジション修正を土台の下半身から手直しをしたという感じです。
これは、クライアントご本人にも細かく説明せず体現していただいた事なので、記事を読まれてご本人もなお驚かれると思います。
アゴのラインも改善されスッキリしました。
それとほうれい線も薄くなりました。
股関節の動きに左右差と癖があるので、それを徹底的に修正するメニューを今回は多用しました。
今回のダイエットは炭水化物の完全カットはしないようにアドバイスしました。
炭水化物摂りながら綺麗に表面の薄い脂肪を削ぎ落とす感覚です。

無理なダイエットは筋肉も削ぎ落とし、よりリバウンドを促進します。
正しいダイエットを❗️

天満橋、谷町四丁目近くのパーソナルトレーニングジム



AD

炭水化物完全カットの必要なし

テーマ:
ほとんどのプライベートジムでは、炭水化物をほぼ完全にカットするのが王道のようになっています。
短期ダイエットには早道ですがリバウンド率も格段に上がります。

僕が最近自身も取り入れ、クライアントにも推奨しているのは以下のようなものです。
あー、そんな事知ってるよ。ってレベルのモノです。
しかし、ちょっとしたタイミングのコツなどを間違えると思うような成果に結びつきません。
いきなり極端な摂取カロリー制限は、後々の停滞とリバウンドに怯える事にもなりかねません。

細かくは個人単位の指導になるのですが、大まかに言うと。

僕の場合の米の摂取量として

ご飯は大盛りを選択。
一般の方は大盛りにはしない方が無難です。

{4478098A-6860-4A9C-841C-A5E368A2C1CD:01}

このご飯はお昼に半分だけ食べます。
おかずは極力揚げ物などは避けますが、普通に食べます。

{FFA0483F-18B2-4F61-8D5E-445D866A0FB0:01}


そして、お昼のおやつ時近辺の時間帯に血流制限を掛けるBFRトレーニングを5~10分程度行った後、残りの半分のご飯を食べます。

いずれも筋肉にカーボエネルギーがデリバリーし易い状況を作り出すのがコツです。

夕方以降はカーボはドリンクかデキストリン系かな。

{2E6A5DB2-641B-4D66-842A-17F1DC2F5E18:01}

{4111FF5D-EE13-4AC8-A681-AB69BAA8A89A:01}




AD

体脂肪率の罠

テーマ:
大幅なダイエットをする場合を除けば、うちにカウンセリングに来られるほとんどの女性が体脂肪率30%を越えた辺りです。

この体脂肪率という数字

30%という数字だけを見ると痩せないとって強迫観念が生まれだすラインのようです。

確かに、二の腕、お腹周り、ブラの横からはみ出したプニュッってした感じ、みなさんこういった自覚を持たれ相談にお見えになるんです。

しかしです

実は体脂肪量(体脂肪率ではなく量です)を見てみると標準レベル。
目を向ける事がほとんどない筋肉量を見てみると、かなりレベルが低いんです。

明らかに筋肉量が少ないゆえのの基礎代謝の異常とも言える低さ。

当たり前なんですが、体重に対して筋肉量が少な過ぎると体脂肪率は高くなります。
これ比率ですから至極簡単な事なんですが、チープな体脂肪計ではここまで判定されません。

ここで勘違いしてろくに食べもせず異常に体脂肪量を減らし過ぎると女性の場合、簡単にホルモンバランスを崩してしまいます。
それに、更に筋肉量を減らす原因にもなります。
これでは本末転倒。

筋肉を使う。

本格的なトレーニングは無理でも、筋肉を使うエクササイズを選択し身体を動かす努力は必要です。

運動せずに痩せる。

食べずに痩せる。

それもいいでしょう。
その人の価値観ですから。

しかし、将来更年期障害のリスクや若い方なら出産に備えた骨盤形成の不安、また数十年後には骨粗鬆症のリスクが格段に高くなる事をよく考えて下さい。

好きな物食べても太らない方も確かにいらっしゃいます。
しかし、そういう方を羨んだところで自分がそうなるもんでもなし。

本来、人間の細胞は自らが健康を維持する機能を持ち合わせてるもの。

邪魔をするのは生活環境や生活習慣と言っても過言ではないでしょう。

あらゆる選択で逃げの一手では健康も逃げていくのではないでしょうか?
AD