屋根を改修した後の雨仕舞は必須です。 | 飯田市で外壁塗装、屋根塗装のこと、室内の暑さ対策の事なら宮下板金工業

飯田市で外壁塗装、屋根塗装のこと、室内の暑さ対策の事なら宮下板金工業

当社は金属鋼板を使った製品で屋根、壁、雨といの工事を行っている板金屋ですが、従来の仕事は引き継いでいき、新たにお客様が希望する外壁の塗装や屋根の塗装も含めた外廻りの仕事は飯田市を中心に行っている会社が書くブログです。


テーマ:
当社のブログを検索し、毎回見に来て頂きまして
ありがとうございます。

 

1.当社からお客様へ


 

飯田市で屋根塗装や壁塗装も含めた建物の
屋根、壁、雨といの改修をします宮下板金工業が
当社の紹介や仕事の内容、お客様にとってお得な
情報を定期的発信していますブログになります。

 

 

2.ブログの内容、発信の目的


 

 

個人のお客様や企業様など、当社が専門的に
行っています事業の紹介、建物に使われています
材料の特性、選択や維持をする上での注意点や
施工などを紹介します。

 

また新築や既存の建物改修で、以前の建物にない
性能を持たす事が出来る最新の考え方を詳しく
紹介していくサイトになります。

 

 

3.本来の姿はこうでないと雨漏りは止まりません。


 

当社が運営しています雨漏り110番飯田店の
ブログでも紹介しました案件ですが
こちらでは少々細かく解説をしたいと思います。
書きましたブログはこちら↓

屋根の雨仕舞はこのままで良いのか?

 

 

まずはこちらの画像を再確認願います。
雨漏りが起きた屋根に同形状の屋根を
被せるカバー工法で葺いてあります。
雨漏りが起きている部分を上からは
覆い被す事は完了しました。しかし…

写真の部分をよく見てもらうと…

 

屋根改修、未施工、雨仕舞
被した屋根材料が下の屋根材より長ければ
問題はありませんが、短いとなると
どうなるでしょうか?

 

 

図面を見て下さい。

改修工法、水上部、参考図

 

仮にですが雨が降った場合に、図面の様な
状態ですと降った雨水を元々の屋根が
受けています。雨の量で大きく違いますが
この状態では屋根の完成はしておりません。

 

 

次の図面を見て下さい。

折板屋根、改修、水上雨仕舞参考図

 

本来はこのような状態が改修の終わりと
考えます。
雨漏り110番飯田店で書きましたように
お客様に対してこのような状態が
良いのかは施工を請け負う業者が
守りべき事だと思います。

 

お役様から仕事を請け負う体系の中で
どの部分が一番大きい責任を負うのか?
お客様→元請→一次下請→二次下請

いずれにしても我社が大事にしたい事は
今後も守って行きたいと思います。

 

 

最後までお読みになって頂き、
ありがとうございました。
次回も是非よろしくお願いします。

 

 

4.今期我が社の重点施策に関して


 

当社は本年より”遮熱”をテーマにして
お客様の建物の室内環境を変える事が
出来る素材や考え方を使う中で、
暮らしや企業活動を変えて行けるように
進めて行きます。

 

これから当社では建物を色々な角度で
見直して更に長持ちさせる施工方法を
見つけ、お届けできるようにしていく
事を目指していきます。

 

宮下板金工業 ロゴ

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行


 

住所 〒395-0821 
長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間  午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号 0265-23-0224
→不在の場合には携帯電話に転送されます。 
E-mail tsm@miyashitabankin.com




引用元:屋根を改修した後の雨仕舞は必須です。

飯田市で外壁塗装・屋根塗装のことなら宮下板金工業有限会社さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります