瓦屋根がずれている状態は? | 飯田市で外壁塗装、屋根塗装のこと、室内の暑さ対策の事なら宮下板金工業

飯田市で外壁塗装、屋根塗装のこと、室内の暑さ対策の事なら宮下板金工業

当社は金属鋼板を使った製品で屋根、壁、雨といの工事を行っている板金屋ですが、従来の仕事は引き継いでいき、新たにお客様が希望する外壁の塗装や屋根の塗装も含めた外廻りの仕事は飯田市を中心に行っている会社が書くブログです。


テーマ:

1.当社からお客様へ

飯田市で屋根塗装や外壁塗装も含めた建物の
屋根、壁、雨といの改修をします宮下板金工業が
当社の紹介や仕事の内容、お客様にとってお得な
情報を定期的発信していますブログになります。

 

2.ブログの内容、発信の目的

個人のお客様や企業様など、当社が専門的に
行っています事業の紹介、建物に使われています
材料の特性、選択や維持をする上での注意点や
施工などを紹介します。
また新築や既存の建物改修で、以前の建物にない
性能を持たす事が出来る最新の考え方を詳しく
紹介していくサイトになります。

 

3.瓦屋根がずれている理由を確認取ります。

写真をご覧ください。

 

宮下板金工業、和瓦、瓦ずれ
〇で示した部分ですが、通常考えられない事が
起きています。この状態が続けば雨漏りに
つながると考えます。

 

この地域の瓦の施工ですが、乾式工法と呼ばれる
防水紙の上に瓦桟(瓦を引っ掛けておく桟)を
取り付けた所に瓦を葺きな並べて行きます。
下の画像の様になっています。

 

三州瓦 和瓦 断面詳細図

引用データー
三州瓦CADデータ【愛知県陶器瓦工業組合】より

 

瓦を軒先の方から並べている訳ですから
途中でこのような現象が起きる事は
本来考えられません。しかし現状起きているのも
事実だと思います。
今回お客様には客観的な事実を伝えて現状を
確認する作業を行う様に伝えました。

 

原因がわかれば修理の規模が決まります。
大きく直すか小さくて済むか?
お客様には施工中の写真や瓦屋根の下の状態を
確認できるように写真等を撮っておくように
します。

 

また結果につきましては皆様に紹介したいと
思いますが、お客様の家が瓦屋根の場合には
少し気に掛けてもらいたい事でもあります。
また瓦屋根の急所に当たる部分については
後日書いてみたいと思います。

 

最後までお読みになって頂き、
ありがとうございました。
次回も是非よろしくお願いします。

 

4.今期我が社の重点施策に関して

当社は本年より”遮熱“をテーマにして
建物の室内環境を変える事が出来る素材や
考え方を使う中で、暮らしや企業活動を
変えて行けるように進めて行きます。

 

宮下板金工業 ロゴ

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行


 

住所 〒395-0821 
長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間  午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号 0265-23-0224
→不在の場合には携帯電話に転送されます。 
E-mail tsm@miyashitabankin.com

 

飯田市で外壁塗装・屋根塗装のことなら宮下板金へ




引用元:瓦屋根がずれている状態は?

飯田市で外壁塗装・屋根塗装のことなら宮下板金工業有限会社さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります