小屋裏の空気の流れは止めない事が重要② | 飯田市で外壁塗装、屋根塗装のこと、室内の暑さ対策の事なら宮下板金工業

飯田市で外壁塗装、屋根塗装のこと、室内の暑さ対策の事なら宮下板金工業

当社は金属鋼板を使った製品で屋根、壁、雨といの工事を行っている板金屋ですが、従来の仕事は引き継いでいき、新たにお客様が希望する外壁の塗装や屋根の塗装も含めた外廻りの仕事は飯田市を中心に行っている会社が書くブログです。


テーマ:
飯田市で屋根塗装や壁塗装も含めた建物の
屋根、壁、雨といの改修をします宮下板金工業が
当社の紹介や仕事の内容、お客様にとってお得な
情報を定期的発信していますブログになります。

 

ブログの内容については、個人のお客様
企業様など当社が専門的に行っています
事業の紹介、そこに関わります材料、施工などを
紹介すると共に新築や既存の建物の改修で
以前の建物似ない性能を持たす事が出来る
最新の考え方を詳しく紹介していくサイトに
なります。

 

前回のブログを読んでもらった方には続きに
なります。お読みになっていない方には…
下のタイトルから読んでもらえる様にして
あります。

 

小屋裏の空気の流れは止めない事が重要①

 

まずはこちらの写真から

片流れ屋根

 

軒先換気入口

 

片棟納め

 

屋根は片流れの屋根になります。
軒先には空気の入り口が確認できました。
しかし、屋根の水上部分には出口となる
部分がありません。
小屋裏の状態はどうなっているでしょうか?

このお宅は室内側の天井が斜め天井かも!?
確認が出来ないので想像でしかありません。
ただし、小屋裏が存在しなくても空気の
流れは必ず作らなくてはいけません。

 

暑さ、寒さばかりでなく結露などの湿気が
ある場所では腐れが起きて、シロアリ等の
害虫被害も起きるかもしれません。
その為には常に小屋裏は乾いた状態を
持たす必要があります。

 

現在ないお宅には後付けでも取り付ける
方法はあります。

取り付ける品物についてはまた機会を
設けましてお届けします。
お読みになって頂き、ありがとうございました。

 

当社は本年より”遮熱“をテーマにして
建物の室内環境を変える事が出来る素材や
考え方を使う中で、暮らしや企業活動を
変えて行けるように進めて行きます。

 

本業である屋根、壁、雨といの改修を含めた、
屋根塗装や外壁塗装も行う会社として
お客様の建物を外から守る事を目指して
今後も進めてまいります。

 

宮下板金工業 ロゴ

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行


 

電話番号 0265-23-0224
→不在の場合には携帯電話に転送されます。 
E-mail① tsm@miyashitabankin.com
E-mail② amamorishindanshi99710224@gmail.com

 

住所 〒395-0821 
長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間  午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆

 

お客様にはWEBサイトの他に
SNS(アメブロ、FB、twitter、
Google+)、Googleマップマイビジネス
からも当社に関する情報がご覧になる事が
出来ます。




引用元:小屋裏の空気の流れは止めない事が重要②

飯田市で外壁塗装・屋根塗装のことなら宮下板金工業有限会社さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります