飯田市で外壁塗装・屋根塗装のことなら宮下板金工業有限会社

当社は金属鋼板を使った製品で屋根、壁、雨といの工事を行っている板金屋ですが、従来の仕事は引き継いでいき、新たにお客様が希望する外壁の塗装や屋根の塗装も含めた外廻りの仕事は飯田市を中心に行っている会社が書くブログです。

建物は新築されてから経年変化により、数年経てば直して行かなければなりません。さて、建物すべてがお客様が思うような形で出来ていない事もあるのは実状です。ただしそんな中、世の中では製品や考えからの進歩でどんどん良くなってきています。

現在、ネットで情報が手に入るのも正直ありますが正しくないものもあります。正しいものとは?非常に難しいです。我々も常に勉強はしていますが、情報が遅れてしまうこともあります。ただしこれからできる限り応えて行く為に、自ら情報を発信できるようにしていきます。

今までは雨漏りについてのブログを中心にしてきましたが、これからは外回りのあらゆる事を経験から言葉や写真を用いて説明をさせてもらいます。
タイトルにもありますが、「板金屋から外回り総合工事業」を目指して頑張っていきます。

ちなみに外回り総合工事業はある方に教えてもらいました造語です!
NEW !
テーマ:
飯田市で屋根の塗装や壁の塗装も含めた
屋根、壁、雨といの改修をします宮下板金工業が
当社の紹介や仕事の内容、お客様にとってお得な
情報を発信していますブログになります。

 

ブログの内容については、当社が専門的に
行っています事業の紹介、そこに関わります
材料、施工などを紹介すると共に新築から
既存の建物の改修で建物の機能や性能を
変えていきます最新の考え方を詳しく紹介して
いくサイトになります。

 

ますはこちらの写真からご覧ください。

 

宮下板金工業、屋根、表面状態

 

遠目から撮影しました屋根ですが、屋根の
素材はスレート系で表面に塗装を施した
屋根材になります。カラーベスト、コロニアル
などの言い方で現在も販売されています。

 

さて、次の2枚の写真をご覧ください。

 

宮下板金工業、パミール、ニチハ

 

宮下板金工業、屋根材、表面状態、コロニアル

 

接写をした画像になりますが…
皆さんはどう感じますか?

 

正直言いますとこのような屋根が現在でも
自分が商売をしています地域にある事には
ある意味残念な部分もありますが…
それよりもこの製品を受け取られている
お客様、現実を知られていないお客様を
心配してしまいます。

 

当社もこのようにひどい状態は初めてです。
この製品自体は既に4例目になります。
その内1例はこの度お客様の理解のもとで
屋根を葺き替えます。

 
2例については一旦お客様に実情を話て
葺き替えを進めさせてもらっています。

今回は、まず塗装は不可となります!
塗装を進める業者がいましたら大変な
自体となるでしょう。

 
既にこの商品については問題となって
います。ただし、すべてでないので調査
して確認を取る必要があります。

 

もし心配でしたら当社へご一報ください。
調査してご説明します。
お読みになって頂き、ありがとうございました。
当社は本業である屋根、壁、雨といの改修を
含めた、屋根塗装や外壁塗装も行う会社として
お客様の建物を外から守る事を目指して
今後も進めてまいります。

 

宮下板金工業 ロゴ

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行


 

電話番号 0265-23-0224
E-mail  tsm@miyashitabankin.com
〒395-0821 
長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆

お客様にはWEBサイトの他に
SNS(アメブロ、FB、twitter、
Google+)、Googleマップマイビジネス
からも当社に関する情報がご覧になる事が
出来ます。

 




引用元:この屋根は今後どうしたら良いのか?
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
飯田市で屋根の塗装や壁の塗装も含めた
屋根、壁、雨といの改修をします宮下板金工業が
当社の紹介や仕事の内容、お客様にとってお得な
情報を発信していますブログになります。

 

住宅などの建物は時代によって変わってきて
いるのはお客様もお気づきだと思います。
お客様が手にされている建物は、正しい
知識や考え方で何世代も維持が出来ると
考えます。その為に必要な情報をあらゆる
角度で紹介と解説をしていくサイトになります。

 

これから3枚の写真を紹介しますが、それぞれに
興味を持った部分で注意をして行かなくては
いけない部分です。

 

まずは1枚目

宮下板金、屋根、軒の出、ない

 

屋根の軒の出がほぼない家で、雨掛かりが
高い場所まで掛かっている事。サッシにも
ある程度掛かっているのがわかると思います。
今、軒の出がない家が多くなってきています。
シンプルで良いと呼ばれる振れ込みには
なっていますが…雨漏りのリスクは高く
なっているのが最近の現状です。

 

次の1枚

宮下板金、立平葺、小口

 

同じ屋根の水上部分ではありますが、立平葺の
小口部分を拡大していますが、切込みや掴みが
多い屋根材で、小さなピンホールの穴は気に
掛かるところです。軒先の役物や屋根を
葺きつながる部分にはシーリングの充填は
必要です。他には水上部分をカバーする片棟の
納まりが良いかと。

 

最後の1枚

宮下板金、壁際、雨仕舞

 

壁際の雨仕舞ですが、出来るだけ広く曲げや
小口の納まりには注意したいと思います。
特に左官仕上がりの場合には水を吸いやすい事を
注意する事が大事だと思います。

ちょっと出先で見かけた屋根ですが、縦葺の
勾配が緩いのは大変懸念されます。
一般的には最低勾配は1.5寸勾配が最低と
我々の業界では認識されています。

 

お読みになって頂き、ありがとうございました。
当社は本業である屋根、壁、雨といの改修を
含めた、屋根塗装や外壁塗装も行う会社として
お客様の建物を外から守る事を目指して
今後も進めてまいります。

 

宮下板金工業 ロゴ

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行


電話番号 0265-23-0224
E-mail  tsm@miyashitabankin.com
〒395-0821 
長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆

お客様にはWEBサイトの他に
SNS(アメブロ、FB、twitter、
Google+)、Googleマップマイビジネス
からも当社に関する情報がご覧になる事が
出来ます。

 




引用元:軒の出と屋根水上部の小口処理
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
飯田市で屋根の塗装や壁の塗装も含めた
屋根、壁、雨といの改修をします宮下板金工業が
当社の紹介や仕事の内容、お客様にとってお得な
情報を発信していますブログになります。

 

ブログの内容については、当社が専門的に
行っています事業の紹介、そこに関わります
材料、施工などを紹介すると共に新築から
既存の建物の改修で建物の機能や性能を
変えていきます最新の考え方を詳しく紹介して
いくサイトになります。

 

ご自宅の仕事でお世話になりましたお客様の
依頼で所有されますテナントのお店で
シャッターの故障が発生をしたという事で
当社で対応させてもらいました。

 

現在、電動式のシャッターは築年数と同様で
既に30年近く経過したものでした。
途中大きな故障もなく、経年の変化で部材等に
不具合が起きてしまったようです。

さて修理については持ち主(お客様)の意向が
あります。特に費用面。費用面はこの先の
テナント料、建物の維持等があり、どのように
して行くかを考えなくてはいけません。

 

借主の方でも、故障を早く直したいという事
などがありますので、一番の費用面の事を
考えて、提案をさせてもらいました。

 

今回、電動から手動へ、一枚シャッターから
中間柱を入れた分割シャッター、内装に
関わらない既存のシャッターボックスを使った
改修工法を採用して行く様にしました。

 

宮下板金工業、シャッター、改修

 

宮下板金工業、シャッター改修、お客様

 

この事から持ち主と借主の意向を合わせる事が
出来て工事が実現、発注となりました。
工事は1日で完了が出来て店舗営業が
出来る様になりました。

 

本業の仕事ではありませんでしたが、当社の
貴重な実績となりました。

 

お読みになって頂き、ありがとうございました。
当社は本業である屋根、壁、雨といの改修を
含めた、屋根塗装や外壁塗装も行う会社として
お客様の建物を外から守る事を目指して
今後も進めてまいります。

 

宮下板金工業 ロゴ

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行


電話番号 0265-23-0224
E-mail  tsm@miyashitabankin.com
〒395-0821 
長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆

お客様にはWEBサイトの他に
SNS(アメブロ、FB、twitter、
Google+)、Googleマップマイビジネス
からも当社に関する情報がご覧になる事が
出来ます。

 




引用元:お客様の要望とご理解(持ち主と借主)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)